Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

政治批評

日本企業の資産を現金化なら韓国に報復検討

 韓国のあまりの傍若無人な手法に、アメリカも中国の手法を見習うようになってきつつあります。指桑罵槐、という兵法が中国には古来よりあります。桑の木を指さして、槐の木を罵倒するという意味。本当に罵倒したいのは桑の木なのか槐の木なのか? 直接あしろこうしろと命令するのではなく、間接的なプレッシャーを相手に与えて、自発的に自主規制や忖度をさせる。命令によって強引に、行動をさせるとそこに反発や恨みが生じます。しかし、自主的に選択したかのような心持ちにさせる手法だと、相手には卑屈な奴隷根性が形成されます。

【「安倍政権、日本企業の資産を現金化なら同じ金額で韓国に報復検討」】中央日報日本語版
 

徴用裁判の原告側が韓国で差し押さえた日本企業の資産が現金化される場合、同じ金額の損害を韓国側に負わせる「報復措置」を日本政府が検討していると、朝日新聞が30日報じた。同紙が韓国の徴用判決1周年(30日)を迎えて報道した記事の内容だ。同紙は「現金化する場合、日本政府は国際司法裁判所(ICJ)への提訴と韓国政府への賠償請求も共に検討している」とし、このように伝えた。

「同じ金額の報復」は、過去の慰安婦関連妄言で批判を受けた橋下徹元大阪市長が最近、月刊誌『文藝春秋』特集対談で「現金化で日本企業に損害が生じれば、同じ金額で日本国内の韓国企業の資産を差し押さえることを提案する」と主張したのと似た脈絡だ。 
続きを読む >>
  • 2019.10.30 Wednesday
  • 22:00

政治批評

大村愛知県知事のダブスタ

 自分は愛知トリエンナーレの『表現の不自由展・その後』に対して、開催を取りやめるべきではないという立場を早くから表明しておりましたし、一度補助金を出すと決めたものを、遡及的に取り消しすることに対しても反対の立場です。だからこそ、詩人が開いた展覧会に対して、愛知県知事が法的手段まで言及して、開催を潰そうとする立場にも、反対します。もちろん、この団体の主張や、その展示内容の稚拙さに対しては、大いに批判するものですが。表現の自由を守るというのは、そういう批判とはまた別の問題です。

【大村知事「ダブルスタンダード」か? 愛知県施設での「ヘイト」催しには法的措置も検討】夕刊フジ
 

愛知県の大村秀章知事は29日の定例記者会見で、「在日特権を許さない市民の会」元会長が代表を務める政治団体が27日、県の施設で開いた催しの展示作品について「明確にヘイトに当たる。内容が分かった時点で中止を指示すべきだった」と述べ、法的措置も含め、対応を検討する考えを示した。

 催しは、14日に閉幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」に対抗するような内容だった。

 大村氏は「不自由展」で昭和天皇の写真をバーナーで焼き、足で踏み付けるような映像作品などの公開を認めた張本人。 

  • 2019.10.30 Wednesday
  • 20:00

政治批評

韓国の勝手な理論

 韓国の言い分は「身代金を払わねば、人質の解放を国民が容認できない」と言ってるようなもの。そりゃあ、誘拐事件なら人質の人命を優先して、犯人との交渉に応じることもあるかもしれませんが、人質さえ取り戻せたら、誘拐犯に対しては射殺を含む断固たる対応を取るのが、世界の常識。そもそもGSOMIAは軍事同盟を結ぶアメリカと韓国のメリットのために、直接軍事同盟を結んでいない日本が、三角同盟的な形で結んだもの。人質に交渉するのは勝手ですが、宗主国アメリカの不興を買うだけでしょうに。

【「日本の報復措置に変化なければGSOMIA復元は国民が容認できない」】ハンギョレ新聞日本語版 


 韓日葛藤の中で両国の首相会談が約1年ぶりに開かれたが、韓日間の立場の溝は埋まらなかった。11月23日に韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の正式終了を控えて、一角では“GSOMIA復元”主張が出ているが、「日本の報復措置(輸出規制)に変化がなければGSOMIAの復元を国民が容認しないだろう」と韓国政府高位当局者が明らかにした。

 韓日関係に精通した韓国政府高位当局者は25日、記者団と会い「GSOMIA終了期限まで1カ月を切ったが、日本の報復措置に変化がないならばGSOMIAを復元することは国民が容認しないだろう」とし「日本は報復措置を解くためには強制動員問題を解かなければならないと言っている。結局、3個のボタンがすべてそろってこそ(韓日関係を)解くことができる」と話した。さらに「韓日関係は、米国に解決してくれと言うのでなく、韓日間で解かなければならない」と付け加えた。 

  • 2019.10.27 Sunday
  • 20:00

政治批評

空母サン・パウロの購入を訴える韓国国民請願

 この国民請願という制度は、アメリカのホワイトハウスの真似らしいですが、現代の目安箱になっているかといえばそんなこともなく、特に韓国では衆愚政治の象徴になってしまっています。江戸時代の目安箱も、民草の声を聞くという部分では一緒ですが、目安箱はあくまでも公に益する意見──小石川療養所の設置などを求めるものであって、個人の恨み辛みやトラブルなどは扱っていませんでした。これも親文在寅勢力が、その軍事音痴ぶりを遺憾なく発揮して言い出したことのように思えます。戦略原子力潜水艦幻想の次は、空母幻想ですが?

【空母「遼寧」の二番煎じ?韓国、空母「サン・パウロ」購入を訴える国民請願が登場】航空万能論GF 

 韓国では空母の建造ノウハウを得るため、ブラジル海軍がスクラップとして売りに出している空母「サン・パウロ」の購入を訴える青瓦台国民請願まで登場した。
(中略)
韓国は、たった127万ドルで売りに出された空母「サン・パウロ」に目をつけ、これを購入し韓国型軽空母(実質的には強襲揚陸艦)の設計に活かそうと言う主張が出てきた。特に空母「サン・パウロ」購入には、搭載されている蒸気式カタパルトの設計やデーターの取得目的や、漢江(ソウルに流れる川)に固定配置して活用すれば土地価格が高騰しているソウルに、経済的な効果を生み出すことが出来ると言う。 

  • 2019.10.27 Sunday
  • 18:00

政治批評

日韓貿易戦争は日本の判定負け?

 韓国共に民主党のシンクタンクである民主研究院による、分析だそうです。なるほど、判定負けですか……。なら、韓国としては日本との関係改善を急ぐどころか、関係改善をする必要すらなく、日本が判定負けを繰り返して、最後は一本負けをするまで追い込めば良いでしょう。焦る必要はありません。義は韓国に有り、利も韓国にあるならば、後は極悪チョッパリが自滅するのを、WTOで先進国入りを宣言した韓国としては、高みの見物ですね。いやぁ〜、参ったなぁ〜、日本の判定負けか〜。

【韓国民主研究院「韓日の貿易葛藤100日…事実上日本の判定負け」】中央日報日本語版 

韓国共に民主党のシンクタンクである民主研究院は23日、韓日の貿易葛藤100日目を迎え、これまでの状況を点検し「事実上、日本の判定負け」と評価した。

チェ・ファンソク民主研究院研究委員はこの日の政策記者会見で「両国の貿易紛争の中間評価は事実上、韓国の判定勝ち」とし、「主要海外機関は韓国経済が深刻な水準の打撃は受けていないと評価した」と明らかにした。 

  • 2019.10.25 Friday
  • 18:00

政治批評

北朝鮮の変心

 これが韓国と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の反目なのか、それとも金正恩世襲三代目将軍様から文在寅大統領への指桑罵槐、シークレット・メッセージなのか? 関ヶ原の戦いでは、なかなか裏切りを実行しない小早川秀秋に対して、徳川家康は鉄砲を撃ち込んだわけですが。アレと同じで、隠れ主体思想派と疑われるほど北朝鮮にべったりなのに、制裁解除への動きが鈍い文在寅大統領への、もっとキリキリ働けという威嚇の可能性も、充分にあります。そうでなければ、北朝鮮の国内政治の延長線上かと。

【正恩氏、韓国が建設したホテル撤去指示「気分悪くなる」】朝日新聞 

 北朝鮮の朝鮮中央通信は23日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が景勝地の金剛山観光地区を視察し、南北協力事業の一環で韓国側が建設したホテルなどをすべて撤去するよう指示したと報じた。正恩氏が「国力が弱い時に他人に依存しようとした先任者たちの政策が間違っていた」と言及したとも伝えた。

 金剛山の観光開発は正恩氏の父、故金正日(キムジョンイル)総書記が韓国企業に1998年、開発許可を与えて進められた。北朝鮮の事情に詳しい韓国の専門家は、父の時代の政策を否定する異例の発言と分析している。 

  • 2019.10.24 Thursday
  • 20:00

政治批評

文在寅大統領から天皇陛下への親書の中身

 韓国のマスコミが何やら、首相が首相を安倍総理にいて私さえすれば日韓関係が改善するかのような報道を繰り返しており、打てませんでした不思議と言うか違和感を感じたのですが。ひょっとして韓国のマスコミは、この今上天皇陛下宛の親書の存在を知ってたのでしょうか? 現時点では親書の内容は分かりませんが、今上天皇陛下に政治的な発言や見解を求めるような内容であれば、これは大変な外交問題になります。昭和天皇の上皇陛下も今上天皇陛下も、立憲君主制に立った立場を堅持されてきたわけで。日本国に対する侮辱です。

【文大統領 天皇に親書=安倍首相にも伝達へ】聯合ニュース 

【ソウル聯合ニュース】韓国の国務総理室は22日、天皇が即位を国内外に宣言する「即位礼正殿の儀」に出席するため訪日した李洛淵(イ・ナクヨン)首相が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の親書を24日に安倍晋三首相に伝達すると発表した。文大統領は天皇にも外交ルートを通じ、親書を伝達したという。 

  • 2019.10.23 Wednesday
  • 22:00

政治批評

韓国と軽空母の末路

 軽空母を運用しようと思ったら、必要なのはF−35Bです。韓国の技術ではカタパルトは作れませんし、たぶんアメリカは技術提供してくれないでしょう。しかし韓国にとってはF−35Aを揃えるのがまずは急務。というか、主敵である北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)を相手にするならば、F−35Aはオーバースペック。F−15の改良型で十分なのですが、韓国の仮想敵国は日本ですから。日本が最新型のF−35Aを多数揃えるなら、それに対抗するために必要という発想。それに加えてF−35Bを揃えるのは、軍事費的に無理があります。

【【絶望の韓国軍】日韓関係の不和を意識!?韓国の国防予算、文政権で異様な増加 失敗続きの国産兵器…初の軽空母建造は上手くいくのか】ZAKZAKA 

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は8月14日、今後5年間の国防予算運営計画などを盛り込んだ「2020〜24年国防中期計画」を発表した。計画では、国防費の年平均増加率を7・5%としている。これは、過去10年間の国防予算の年平均増加率4・9%をはるかに上回る。李明博(イ・ミョンバク)政権当時の国防費増加率は年平均6・1%、朴槿恵(パク・クネ)政権当時は4・2%だった。
(中略)
 韓国国防部は7月、韓国初の軽空母(多目的大型輸送艦)を建造すると発表し、必要な核心技術開発予算として271億ウォン(約24億9057万円)を計上した。これは戦闘機の離着陸が可能な軽空母の甲板技術開発に投入される予算だ。そして、建造予定の軽空母には、垂直離着陸ができる最新鋭ステルス戦闘機F35Bを16機搭載する予定だ。

 軽空母の建造には、文大統領の強い意向が働いているとも言われている。何かと日本への対抗意識を燃やす文氏としては、海上自衛隊の全通甲板ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」型の空母化に対抗する気持ちがあるのは見え見えだ。  

  • 2019.10.23 Wednesday
  • 18:00

政治批評

韓国大学生の大使官邸侵入事件に米国務省激怒

 もしこれが中国大使館であったり、ロシア大使館であったら、韓国人の学生達は突入したでしょうか? 曲がりなりにも自由主義国として人権に配慮するアメリカの、大使館だからこそ卵ボーロ咳はしないであろうと思って、こんな無礼な真似をしたのであろうことは推測できます。それは、日本大使館の前で国際条約違反の水曜集会を何十年にもわたって行なってきたの、韓国政府が黙認してきた行為と同じ。殴り返してくる相手には何も言わず、殴り返してこないであろう人間に対してそういう真似をする人物を、日本では卑怯者と呼びます。

【米国務省「韓国大学生の大使官邸侵入に強い懸念」】中央日報日本語版 

18日に駐韓米国大使官邸の塀を乗り越える侵入事件が韓米関係にまた別の悪材料として登場した。ハリス駐韓米国大使は翌日「韓国警察に感謝する」とツイートしたが、米国務省報道官は19日、「強い懸念を表明する」として事実上韓国政府に抗議したためだ。奇しくも国務省は同日ハワイで22〜24日に開かれる2度目の在韓米軍防衛費分担金会議開催を知らせる報道資料を出した。異例にもトランプ大統領が望んでいるのは韓国の「より多くの寄与」と釘を刺した内容まで盛り込んだ。大使官邸侵入事件が防衛費分担交渉にも波紋を及ぼしかねないとの懸念が出ている。

米国務省報道官はこの日、韓国大学生進歩連合所属の20人が駐韓米国大使官邸に侵入したことと関連し、「韓国人約20人が駐韓米国大使官邸内に違法侵入し、官邸建物への強制進入も試みたという事実を確認する。これが14カ月ぶりの大使官邸不法侵入2度目の事例という点に注目し強く懸念する」と明らかにした。続けて「われわれは大韓民国にすべての外交公館に対する保護努力を強化することを促す」とした。「すべての外交公館に対する保護」を指摘したのは外国公館の保護義務を規定したウィーン条約を韓国政府に想起させたもので、強い抗議の意を意味すると評価される。

2015年3月にリッパート大使襲撃を体験した米国が今回の事案自体を敏感に考えているという観測も出ている。 

  • 2019.10.22 Tuesday
  • 21:00

政治批評

即位礼正殿の儀

 カレンダー上は5月1日から始まった令和元年ですが、儀式的にはこの即位礼正殿の儀で、完了。まだ新嘗祭はありますが、これで名実ともに今上天皇陛下による令和の御代が始まったということで。昭和の時代に生まれた人間としては、明治生まれの祖父をずいぶん昔の時代の人と認識しておりましたが、平成令和と元号が変わり、令和の子供達から見れば自分もそのうち、昭和のおじいちゃんと認識されるのでしょうね。という人間を基準とした元号は、世代を表す指標として残しておくべきだと自分は思います。

【天皇陛下が即位礼正殿の儀で述べた「おことば」】朝日新聞 

天皇陛下が22日、即位を公に宣言し、国内外の代表から祝福を受ける「即位礼正殿(せいでん)の儀」に臨んだ。おことばは次の通り。 

続きを読む >>
  • 2019.10.22 Tuesday
  • 18:00