Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • 第7世代iPadが0.5インチ大きくなった理由
    土岐正造 (10/31)
  • AirPods Proが早くも2〜3週間待ち
    yama (10/31)
  • 日本シリーズ2019第4戦:ホークス4連勝日本一
    acura (10/27)
  • 故郷の考察 -中島みゆき『あぶな坂』より-2
    satou (10/15)
  • 故郷の考察 -中島みゆき『あぶな坂』より-2
    satou (10/13)
  • 故郷の考察 -中島みゆき『あぶな坂』より-2
    土岐正造 (10/13)
  • 2020年以降のMacBookはシザースイッチ式キーボード
    土岐正造 (10/12)
  • 2020年以降のMacBookはシザースイッチ式キーボード
    yama (10/12)
  • 故郷の考察 -中島みゆき『あぶな坂』より-2
    satou (10/11)
  • ラグビーW杯:日本がアイルランド破る大金星
    土岐正造 (09/30)

Recent Trackback

パソコン&ネット

HUAWEIがiPad Proっぽいタブレット開発中

 個人的には10インチ前後の、Android系タブレット購入を検討中です。理由は前にも書きましたが、アンドロイド系タブレットの音声入力アプリの充実と、認識精度の高さは充分に仕事で使えるレベルになったから。現在はHuaweiの MediaPad M5を愛用していますが、こちらは8.4インチ。アプリの状況によっては大型のタブレットの方が使い勝手がよさそうだなという状況があります。その場合購入の選択肢としては、処理能力の高いHuawei製か、ASUSのZenPadのどちらかになります。

【HuaweiがiPad Proに見間違えるほどそっくりなタブレットを開発中】GIGAZINE 

スマートフォン関連のニュースを取り扱う91mobilesが、「Marx」というコードネームで開発が進められていたHuawei製の最新タブレットのリーク画像を公開しました。スマートフォン関連のリーク情報を取り扱う@evleaksによると、画像がリークされたタブレットの名称は「MatePad Pro」となるようです。このMarxのデザインがあまりにもiPad Proと似ているとして、海外テクノロジーメディアのThe Vergeが報じています。 [Exclusive] Huawei MediaPad M7 renders show the first tablet with punch-hole display | 91mobiles.com
https://www.91mobiles.com/hub/huawei-mediapad-m7-marx-design-render-exclusive/ Huawei’s next tablet might look like an iPad Pro - The Verge
https://www.theverge.com/2019/10/31/20942588/huawei-next-tablet-apple-ipad-pro-matepad-pro-mediapad-m6  

続きを読む >>
  • 2019.11.04 Monday
  • 23:00

Mac & iPad

iPad版Photoshopリリース

  どうやら期待されたようなフル機能版のPhotoshopというわけではないようですが、それも将来的にはアップデートされる可能性は十分にありそうです。iPad Pro自体の処理能力は既に十分なレベルに達しており、ほとんどのノート型と遜色ないですから。来年登場が噂されるapple a14ならば、Corei5レベルのCPUの処理能力と変わらないでしょう。Adobeのアプリに関して言えば、サブスプリクションによる課金が問題ですが、プロのデザイナーや写真家ならば必要経費でしょう。

【ついに今日から配信開始。Adobe、iPad版Photoshopをリリース】ギズモード・ジャパン 

まさかの前日リリース。

初代リリースは1990年。それから今日まで29年の間に進化をつづけてきた写真編集、画像加工といえばの超一流・ド定番アプリケーションのPhotoshop。その超大型アプリのPhotoshopをiPad向けに、それも簡易版ではないフル機能でリリースするとAdobe(アドビ)が宣言したのが、去年2019年に行なわれた彼らのカンファレンスAdobe MAXの時期でした。

それから待つこと1年。今年のMAXも近づいてきたし、これはKeynoteで正式リリースを発表して大盛り上がり!……と思いきや、イベントを明日に控えた今日、すでにApp Storeでリリースされたようです。iPadから「Photoshop」と検索すればダウンロードできます。ここにリンク置いときますね。にしてもとうとつ! 

  • 2019.11.04 Monday
  • 22:00

自然科学・蘊蓄

近大がウナギの完全養殖に成功

 ウナギの完全養殖に関しては、封じる側が正しく理解していないせいか、どうにも情報が錯綜していたりいい加減だったり。完全養殖自体は既に成功していますし、近畿大学に関して言えばむしろうなぎの完全養殖研究に関しては国内トップレベル。問題は完全養殖に成功したか否かということではなく、シラスウナギのレベル2までどれぐらいの生存率で残せるか、という段階に入っています。一匹だけ完全養殖できても、商業ベースに乗らなければこの研究はあまり意味がありませんから。

【近大、ウナギ完全養殖に挑戦=人工ふ化成功、1000尾以上成長】時事通信社 

 マグロの次はウナギ。クロマグロの完全養殖に世界で初めて成功した近畿大学水産研究所が1日、絶滅が危惧されるニホンウナギの人工ふ化に成功したと発表した。飼育期間は最長50日に達し、体長約2センチまで成長したという。今後は完全養殖と量産を目指す。 

  • 2019.11.04 Monday
  • 21:00

雑記帳

R01.11.03の備忘録

 本日は五反田で講義。いつもの長丁場の講義ですが、受講生の自主ネームがなかなかに面白いので、楽しくやれています。毎期、人に恵まれています。
 SF作家の、眉村卓先生の訃報。小説より先に、NHK少年ドラマシリーズの『幕末未来人』や『ねらわれた学園』『なぞの転校生』などに親しんだ少年時代。高校ぐらいの頃はショートショートにハマりました。世間的には星新一先生が第一人者なんだろうけれど、個人的には眉村先生や阿刀田高先生のショートショートの方が好みでした。奥様に先立たれ、そのことを作品化され、映画にもなっていましたが。きっと天国で再会されたでしょう。合掌
  • 2019.11.04 Monday
  • 00:00

iPhone & Apple Watch

本気のiPhone 11 Proの超広角性能

 いやぁ、iPhone11 Proの広角レンズの表現力は、スゴいスゴいと賞賛されていて、自分も理解したつもりでいたんですが……この写真群は素晴らしいです。なんというか、こういう写真を撮ってみたいと思わせる何か、それが有るわけで。正直、ノッチデザインのiPhone11にはさほど食指が動かない自分ですが、これだったら来年のiPhoneには、心が動きますね。というか、カメラ好きの自分としては、こういう部分のレベルアップと、iOS版の全機能Photoshopの登場とセットで、考えてしまいますよね。

【ちょっと本気を出して「iPhone 11 Pro」の超広角とナイトショットの性能を引き出してみました(佐藤陽一)】Engadget Japanese 

世界的なiPhoneの写真コンテスト2019年度のiPhone Photography Awards(IPPAWARDS)の動物カテゴリーで入賞したiPhoneographerの佐藤陽一さん。Engadgetでは「Zenfone 6」や「Pixel 3」をレビューするなど少々浮気気味でしたが、今回は「iPhone 11 Pro」の超広角とナイトショットの性能を十分に引き出した作例をお届けします。 

  • 2019.11.03 Sunday
  • 23:00

スポーツ一般

ラグビーW杯2019は南アフリカ優勝

 自分は対してラグビーに詳しいわけでもない(全部のポジションをすらすら言えない)ですが、やっぱり体育の授業でやってて楽しい、見てても楽しい競技でしたね。サッカーワールドカップ、オリンピックに続く世界的なスポーツのビッグイベント、でも直前の盛り上がりはイマイチで、どうなるかと心配したのですが。日本代表の快進撃と、各チームのいい話・ホッコリするエピソードが次々に報道され、詳しくないタレントを使った軽佻浮薄な番組作りではない、丁寧で骨太な中継が、にわかファンを産み育てました。

【南ア融和で頂点、へたれ軍団が母国に灯した希望の光】日刊スポーツ 

<ラグビーワールドカップ(W杯):南アフリカ32−12イングランド>◇決勝◇2日◇神奈川・日産スタジアム

44日間にも及ぶ祭典は、南アフリカの優勝で幕を閉じた。世界ランキング3位だった南アフリカが同1位だったイングランドを32−12で下し、2007年以来、3大会ぶり3度目の優勝で、ニュージーランドの大会最多Vに並んだ。準々決勝で日本にも勝ち、勢いに乗った。旧黒人居住区の貧しい家庭で育ったフランカーのシヤ・コリシ主将(28)が優勝カップを掲げた。1990年代までアパルトヘイト(人種隔離)が続いた南アでラグビーは「融和」の象徴。最高のニュースを届けた。次回W杯は23年にフランスで開催される。 

  • 2019.11.03 Sunday
  • 22:00

政治批評

沖縄の無駄行政とヘリ導入

 なんかもう、首里城の火災をなんとか国に責任転嫁できないか、国から再建費用をむしり取れないかと、必死な感じがしてイヤですねぇ……。ヘリコプターでの消火活動とか、高い位置から撒いても、霧散してしまいますし、低い位置からだとヘリコプターのローターが引き起こす風で、かえって火災を悪化させるのではないか……と。大規模な森林火災は、大型の消火用の飛行機を使って、一気にばらまいていますし。しかし、日頃は自衛隊や米軍を目の敵にしておいて、今度は協力がなかったとか、なんだかなです。

【首里城火災 陸自ヘリ投入できず 沖縄県、独自機導入を模索中】産経新聞 

 10月31日に発生した那覇市の首里城火災は、通報から鎮火までに約11時間を要した。首里城は高台に位置し、消防車やホースが届きにくい位置にあることも鎮火を遅らせた要因とみられる。周辺住民からは陸上自衛隊のヘリコプターで上空から消火活動を行うよう求める声も上がったが、首里城火災のケースではヘリコプターの活用は難しいのが実情だ。
(中略)
 消火活動を心配そうに見守った住民からは「なぜ自衛隊のヘリコプターを使わないのか」と不満の声も上がった。平成23年の東京電力福島第1原発の際には、陸上自衛隊のCH47大型ヘリコプターが上空から海水を投下している。那覇市には陸自第15旅団が駐屯し、CH47も配備しているだけに、これを活用できなかったのかというわけだ。

 陸自ヘリが消火活動に参加するためには沖縄県が災害派遣要請を行う必要があるが、県防災危機管理課は要請を検討しなかったという。担当者は「ヘリでの消火活動は数トンの重さの水を落とすので、周辺への影響もある。都市部ではヘリによる消火活動はできない」と説明する。 

  • 2019.11.03 Sunday
  • 21:00

マスコミ批評

中央日報のこじつけ

 ただの国勢調査を、無理やり推量に推量を重ねないと、証拠として出せるモノがない。逆に言えば、半島における強制連行の証拠がない(東南アジアにおいては一部地域で末端組織の暴走としてあった)ということ。人口動態を正確に把握するのは、国家のいろんな計画立案の前提になるモノですから、調べるのは当然。李氏朝鮮時代は、人口の把握さえまともにできておらず、近代的な統計がありませんでしたから、朝鮮総督府としてはちゃんとした戸籍や人口を調べるのは、必要だったわけで。

【「10代女性23万人動員可能」…日本の強制動員を立証する朝鮮総督府の文書公開】中央日報日本語版 

京畿道(キョンギド)12〜19歳女性の中で動員可能な人材6017人、江原道(カンウォンド)4760人、忠北(チュンブク)3万9967人…。

日帝強占期の朝鮮総督府が強制動員のために全国の労働者を調査したという文書が公開された。日本は面ごとに5人の調査員を動員して調査した。
(中略)
男性は20〜45歳、女性は12〜19歳を調査した。ノ・ヨンジョン国家記録院学芸研究官は「確定した事実ではないが、男性と違って女性は12〜19歳に限って調べたのは軍慰安婦に関係があるのではないか用心深く推測している」と話した。 

  • 2019.11.03 Sunday
  • 19:01

雑記帳

R01.11.02の備忘録

 本日は、歯医者の治療からの、ケララバワンで南インド家庭料理をば。期間限定メニューのスペシャルセットが、メチャクチャ美味しかったです。特に、蟹のカリーが潰したジャガイモに最高! マライティーカも美味しゅうございました。
 そして、ラグビーワールドカップ決勝戦。南アフリカがイングランド撃破! 南アフリカを倒したオールブラックスを、前に出る防御で潰したサクソンズでしたが、スプリングボクスのフォワードには相性が悪かったのか? 三強が三竦み状況で、これはもう、組み合わせの運ですね。個人的には、日本に勝った南アフリカが世界一で、最強チームと闘えて、良かったかな、と。
 本日はカリー食ったついでに、ユナイテッドシネマ豊島園で『空の青さを知る人よ』のリピートと、ウィル・スミス主演の『ジェミニマン』と、Beatlesが存在しない世界を描いた『イエスタデイ』を鑑賞。『イエスタデイ』が思った以上に自分好みで、加えてBeatlesの名曲をたっぷり聞けて、満足。本当に、名曲ぞろですわ。
  • 2019.11.03 Sunday
  • 00:00

iPhone & Apple Watch

Apple Watch5の新機能おさらい

 自分自身はまだまだ、Apple Watchを購入する踏ん切りはつかないのですが。腕時計は何個もぶっ壊してきて、懲りましたから。でも、第五世代に達したApple Watchは、一気に魅力的な製品に進化したのも事実。評判も良いですし、レビューも上々。しっかり、Appleの事業の柱に浮上です。そのApple Watchの基本的な操作方法や機能を解説した記事ですが、MacFanなどの雑誌を発売しているマイナビの記事なので、丁寧で分かり易いですね。備忘録代わりに、紹介しておきます。

【Apple Watch基本の「き」Season 5 - 改めてチェックするSeries 5の新機能】マイナビ
 

昨年発売されたApple Watch Series 4は、従来よりディスプレイサイズが一回り大きくなり、より多彩で情報量の多い文字盤デザインが使えるようになりました。そして今年、Apple Watch Series 5は常時表示Retinaディスプレイを搭載し、時計としてさらに大きな進歩を遂げています。これまでのモデルと何が違うのか、Series 5の特徴をおさらいしてみましょう。 
続きを読む >>
  • 2019.11.02 Saturday
  • 23:00