Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

政治批評

立憲民主党議員の御乱行

 立憲民主党という政党は、第2の社民党になりそうな感じですね。かつては野党第一党だった日本社会党は、土井たか子と言う空理空論ばかりを言う声の大きいおばちゃんを党首に選び、福島瑞穂・辻元清美らを土井チルドレンとして登用し、どんどん転落していったのですが。消滅寸前のミニ政党と成り下がった社民党と同じく、立憲民主党もこのようなスキャンダルが続いて、解体していくのでしょう。産経新聞の調査ではありますが、政党支持率もガタ落ちでしたし。

【立憲・高井衆院議員 緊急事態宣言の中、歌舞伎町の性風俗店に】毎日新聞
 

 立憲民主党の高井崇志衆院議員(50)=比例中国=が今月9日、東京・歌舞伎町の性風俗店に入店していた。立憲関係者が14日、明らかにした。政府は7日、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を東京都などを対象に発令している。国民が外出自粛を強いられている折に、国会議員が「不要不急」の外出をしたと言え、批判を浴びそうだ。

 立憲関係者によると、高井氏本人から事実関係を確認したという。党幹部は「政府のコロナ対応を問題視している時に、野党全体のマイナスになる」と頭を抱えた。【小山由宇】 

続きを読む >>
  • 2020.04.14 Tuesday
  • 21:00

政治批評

次期戦闘機F-3の輸出議論

 こういうのを「取らぬ狸の皮算用」と呼ぶのでしょうね。共同開発といっても、日本がそこまで主導権を取れるはずもないのに。国産幻想を持つ、アホな議員たちが騒いでるだけでしょうけれど。ひとつ可能性があるとすれば、本体の設計は設計として、柔軟なカスタマイズができるようにしておいて、アメリカ仕様と日本仕様でそこそこ以上の差ができるようにしておけば、日本仕様を欲しがる国もあるかもしれません。領海と排他的経済水域が広く、島国だったりすると日本の需要と合致しそうですから。

【政府自民、次期戦闘機の輸出議論 憲法や武器輸出規制に抵触の恐れ】共同通信社
 

 政府と自民党が航空自衛隊F2戦闘機の後継となる次期戦闘機の海外輸出案を3月から議論し始めたことが11日、分かった。複数の関係者が明らかにした。総開発費が2兆円を超えると見込まれるため、生産数を増やしてコスト削減を図る狙いがある。だが、浮上した輸出案は、憲法の平和主義や武器輸出を規制する「防衛装備移転三原則」に抵触する恐れがあり、実現は見通せない。

 政府は次期戦闘機の「日本主導の開発」を掲げ、米軍や米軍事産業への過度な依存から脱却することを目指している。空自は最大でも100機程度の導入を想定。1機200億円以上になる可能性がありコスト削減は重要課題となる。 

  • 2020.04.13 Monday
  • 21:00

政治批評

加藤登紀子さん炎上雑感

 加藤登紀子さんを左派マスコミは「おときさん」と呼びます。日本社会党の土井たか子党首も、左派マスコミは「おたかさん」と呼んでいましたね。親しみを込めつつの、頭におをつけることで、敬意を表していたでしょう。とても気色悪いマスコミの仕草です。若い人は知らないでしょうが、元々はバリバリの極左。あ間違えました、今でも現役の筋金入りの左翼です。しかもこの人、東日本大震災の時にも放射能デマを拡散して、炎上したんですが。何も変わっていませんね。

【加藤登紀子炎上 現代人に完敗”70年代の化石”】令和電子瓦版
 

歌手の加藤登紀子さん(76)のツイッターが炎上している。その様子は、70年代そのままの加藤氏が21世紀の人々の合理性の前に完膚なきまでに叩き伏せられる様子を見るかのようである。

■ツイートに2000近いリプライで炎上

 加藤登紀子氏は4月10日午前8時49分に、チェンジオルグ(Change.org)の「日本国民への”マスク二枚配布”を中止し、休業補償対策と自宅待機指示を」というキャンペーンへのリンクを貼った上で、「お知らせありがとう!署名しましょう。…このマスク配布を止める署名活動が進んでいます。もう少しで15000人みたい。」などとツイートした。 

  • 2020.04.12 Sunday
  • 20:00

政治批評

WHOの中国傾斜

 どうもWHOは新型コロナウイルス蔓延の初期から、一貫して中国寄りの発言が見られました。その割には、何かにつけて日本の豊作にいちゃもんをつけてきたり。しかしこの事務局長の発言で、WHO内部にかなりの中国新派が入り込んでおり、中国に忖度していることが明確に見えてきましたね。これは国連にしてもそうで、中国の内部工作の凄まじさに呆然とします。台湾は中国の妨害によってWHO加入を阻止されているのですが、防疫の観点からは、明らかにおかしな話です。最低でもオブザーバーとしての加入は認めるべきです。

【WHO事務局長の発言は「でたらめだ」台湾が訂正と謝罪を要求】ライブドアニュース
 

 【台北共同】台湾外交部(外務省)の欧江安報道官は9日、台湾が自分への中傷を行ってきたと世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が発言したとして「ありもしないでたらめな主張だ」と指摘、テドロス氏に発言の訂正と謝罪を要求した。

 テドロス氏は8日の記者会見で「(自身への)人種差別を含む中傷は3カ月前に台湾から行われてきた」と述べ、外交部の関与を指摘した。報道官は「テドロス氏は台湾をWHOから排除するだけでなく、台湾を誹謗中傷した」と非難し、政治的偏見を排除して中立の立ち位置に戻るよう求めた。 

  • 2020.04.09 Thursday
  • 21:05

政治批評

今上天皇陛下の1億円の寄付先が決定

 日本の皇室は、実に慎ましい物だと思いますよ。世界屈指の経済大国の、世界で最も古い血統を誇る、かつては皇帝を名乗っても世界の国が承認し、今もその伝統が続いている一憂くない国の割に。そりゃあ、公的な車は安全対策もあって豪華ですが、皇居内で使われる個人所有の私用車は、中古とか買われますし。そういう意味では、即位の寄付が1億円というのは、Our emperor、peoples emperorという意味では、妥当な額と言うことで。政治的な意味をおぼてもいけませんから、寄付先も信頼と実績の組織に。

【陛下ご即位に伴う1億円、寄付先が決定】産経新聞
 

 宮内庁は6日、天皇陛下が即位されたことに伴う社会福祉事業への寄付について、政府が創設した「子供の未来応援基金」と、国やボランティア団体の調整役などを担うNPO法人(特定非営利活動法人)「全国災害ボランティア支援団体ネットワーク」に、それぞれ5千万円ずつ行うと発表した。寄付金は陛下の私的な「お手元金」から拠出され、それぞれ子供の貧困問題関連事業と、被災者支援関連事業に充てられるという。

 宮内庁の池田憲治次長は6日の定例会見で「天皇、皇后両陛下は、子供の貧困問題と、平成時に数多く発生した災害を契機に役割が高まっているボランティアによる被災者支援に対する国民の理解が深まることを願われている」と述べた。 

  • 2020.04.08 Wednesday
  • 20:00

政治批評

接待飲食・風俗業も休業補償へ

 かつてバブルが崩壊した時、公的資金注入に多くの国民が反対しました。もちろんマスコミもこぞって反対し、野党も自民党の政策をボロクソけらしました。なぜ銀行が好き勝手に、欲の皮を突っ張らせてやった不始末の、尻拭いを国民の税金でやらねばならないのだと。その気持ちは理解できますが、経済学的には間違いだったわけで。今回の給付金に関しても、やれ富裕層は外せたの、生活保護受給者は外せたの、外国人を外すだの、落語家や風俗嬢は仕方がないだの、感情論を声高に叫ぶ方々がいますが。そういうことではないのです。

【接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」】毎日新聞
 

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた一斉休校の影響で休職した保護者への間接的な助成制度から「接待を伴う飲食業」や「風俗業」が除外されていることについて、菅義偉官房長官は6日の衆院決算行政監視委員会第1分科会で「(助成金の支給)要領について見直したい」と述べた。無所属の寺田学氏への答弁。制度を巡って「特定の業種だけ支給しないのは差別だ」などと批判が出ていたことを受けて、助成対象に含める方向だ。

 寺田氏は「なぜ風俗で働く人が除外されるのか。公金を使う際には細心の注意が必要だが、働いている人はさまざまな事情がある」などと指摘。菅氏は「助成金の運用については厚生労働省が検討する。指摘を踏まえて検討していきたい」などと答弁した。 

  • 2020.04.06 Monday
  • 21:00

政治批評

文在寅大統領の洗脳選挙戦

 ちょっと見逃していましたが、鈴置高史さんの記事がアップされていました。韓国の総選挙は、かなりの不正選挙が行われそうな雰囲気で、崔碩栄氏ら韓国人で日本語が堪能な方たちが、ポツポツと危機感をツイートされています。たぶん、マスコミと教育界を押さえている文在寅政権の力で、共に民主党が勝利するでしょう。もちろん、そうなったらもう韓国は完全にレッドチーム入り。民族主義を前面に出し、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)にベッタリ度を高め、反米反日姿勢を強めるでしょうね。

【コロナ対策で「文在寅」の人気急上昇 選挙を控え「韓国すごいぞ!」と国民を“洗脳”】デイリー新潮
 

 世界中の国が新型ウイルスと闘う中、韓国では国民が2つに分かれ争う。韓国観察者の鈴置高史氏が「肺炎と政争」を読み解く。

4月の総選挙は左派が勝つ

鈴置:韓国の保守系メディアが相次ぎ「4月15日の総選挙では文在寅(ムン・ジェイン)大統領が率いる左派が勝つ可能性が高い」と危機感を表明しました。

 私が見た限り、いち早く唱えたのは在野保守の指導者、趙甲済(チョ・カプチェ)氏。総選挙1か月前の3月15日に、自身が主宰するサイトに「投票1か月前のやや冷静な形勢分析」を載せました。 

  • 2020.04.05 Sunday
  • 21:00

政治批評

台湾政府の人材登用

 台湾の総統制度は、大統領制度に近い所があります。日本の議院内閣制度の場合は、総選挙で選ばれた国会議員の投票によって、国会議員の中から内閣総理大臣が選ばれます。ところが台湾の総統の場合は、アメリカの大統領選挙と同じように総統選挙が繰り広げられます。以前は国民大会で選出されており、現在は人気4年の三選なし。そもそも相当という言葉は、プレジデントの中国語訳。そういう意味では大統領制に似てるのは当然といえば当然です。アメリカでも、大統領府のスタッフは能力主義で選びますから。

【台湾のコロナ対策が爆速である根本理由「閣僚に素人がいない」】プレジデント・オンライン
 

 新型コロナウイルスへの対応の速さで、台湾政府は世界的に評価を高めている。なぜそこまでスピーディなのか。台湾の政府系シンクタンクで長年顧問を勤めていた藤重太氏は、「日本は論功行賞などで素人でも大臣になってしまうが、台湾はその分野のプロでなければ大臣にはならない。この政治システムが最大の理由だ」と指摘する――。 

  • 2020.04.04 Saturday
  • 21:00

政治批評

F-2後継機はF-22+F-35にはならない?

 匿名情報ですし、あまり信憑性を感じていませんが。何度も書いていますが、F-2戦闘機の後継機はあくまでも昔の気分で言えば支援戦闘機。アメリカのハイローミックス戦略で言えば、ローの方ですから。F-15などの主力戦闘機の代替機としてはF-35がその役割を担うわけですし、どうにもこの議論ではその前提をすっ飛ばして、やたらと国産開発論に持って行こうとする人が多いような気がします。日本とアメリカでは戦闘機開発の歴史もノウハウも予算も注ぎ込まれている頭脳も、レベルが大人と子供異常に違いますから。国粋主義的な幻想を持つべきではないでしょう。

【空自F2後継機、防衛省がロッキードマーティン提案のF22とF35ベースのハイブリッド型を断る】Yahoo!ニュース
 

航空自衛隊のF2戦闘機の後継となる将来戦闘機「F3」について、防衛省が、米ロッキードマーティン社によるステルス戦闘機F22とF35をベースにした"ハイブリッド機"の提案を断っていたことがわかった。

防衛省の外局である防衛装備庁が筆者の取材に対し、「これまでの検討によって、『既存機の派生型の開発』というオプションは、我が国主導の開発の観点から、候補とはなり得ず、『新型機』を開発するという結論に至った」と明言した。

ただし、日本主導の新型機開発とはいえ、防衛省や国内航空産業の能力を踏まえれば独自開発は難しく、海外勢との共同開発に向かわざるを得ないのが現状だ。河野太郎防衛相も3月27日の記者会見で、米国と英国を共同開発のパートナーとして検討していることを明らかにし、年末の来年度予算編成までにF2後継機の開発生産の枠組みを決める方針を示した。 

  • 2020.04.04 Saturday
  • 20:00

政治批評

アメリカで国民皆保険制度導入への支持が急上昇

 世界の先進国でほぼ唯一国民皆保険制度がない国が、アメリカです。アメリカは言うまでもなくプロテスタントが主流の国ですから、勤勉と製品を尊ぶ保守派が多いのですが、それが行き過ぎると自分のことは自分でやれ、自助努力を強く求められすぎる社会に。その結果、虫歯やCTスキャンの治療で何十万何百万も取られる社会に。オバマ大統領時代に導入された保険制度も、事実上の骨抜きに。しかしさすがに、大多数の貧困層を放置すると、中産階級や富裕層の命も危ないと気づいたようです。

【コロナ危機でアメリカ版「国民皆保険」への支持が急上昇】Newsweek日本版
 

<従来からの無保険者だけでなく、雇用主を通じて医療保険に加入していたアメリカ人さえもロックダウンで失業、医療保険も失っている。最近の調査では、55%が皆保険を支持すると回答した>

アメリカで新型コロナウイルスの感染が急拡大するなか、11月の大統領選に向けて民主党の候補指名を争うバーニー・サンダース上院議員が提唱するアメリカ版「国民皆保険」(メディケア・フォー・オール)を支持する声が高まっている。新型コロナ感染の経済的負担を目の当たりにして、国民皆保険は社会主義だとして反対してきたアメリカ人も心を動かされ始めたようだ。

これは調査会社モーニングコンサルトとウェブメディアのポリティコが3月27日から29日にかけて実施した世論調査で明らかになったものだ。同調査では、回答者の55%がサンダースの提唱する国民皆保険制度を支持。過去最高だった2019年1月の56%と並ぶ高い支持率を記録した。 

続きを読む >>
  • 2020.04.03 Friday
  • 21:00