Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

政治批評

在韓米軍撤退を目論む文在寅政権

 この文正仁氏、肩書きこそ大統領統一・外交・安保特別補佐官ですが、文在寅大統領の外交方針のメンター、つまり実質的に方針を決めている人物と噂されています。もちろんその方針は、日本のリベラル諸氏が国際政治を分かっていないのと同じで、机上の空論なのでしょうけれど。中央日報のこの記事を読む限りでは、文正仁氏大統領統一・外交・安保特別補佐官、在韓米軍撤退を最終目標においているのが薄々感じられます。彼もまた文在寅大統領と同じで、北朝鮮との統一のことしか頭にないタイプの人物なのでしょう。

【文正仁氏「在韓米軍5000人減らしても支障ない…防衛費交渉が楽に」】中央日報日本語版
 

文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一・外交・安保特別補佐官が25日、「(在韓米軍を)5000−6000人縮小するとしても韓米同盟の基本的な枠組みや対北軍事的抑止力に大きな変化が生じるとは見ていない」と述べた。

文補佐官はこの日晩、JTBCの番組「JTBCニュースルーム」に出演し、韓米防衛費分担金交渉をめぐり一部で提起された「在韓米軍縮小説」についてこのように明らかにし、「その場合、韓国政府も楽な姿勢で米国と交渉できるのではないかと思う」と話した。

文補佐官は「現在、在韓米軍が2万7000人だが、これを2万2000人以下に減らすには米国議会の事前承認を受けなければいけない」とし「トランプ大統領が使える縮小兵力数は5000人前後」と説明した。
(中略)
文補佐官は韓国政府の韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了猶予決定を米国政府が「再延長」と表現したことについて「我田引水式の解釈」とし「我々は終了を猶予するという立場であり、むしろ終了に傍点を打ったが、米国はこれをひっくり返して韓国が再延長したと言った」と指摘した。 

続きを読む >>
  • 2019.11.28 Thursday
  • 20:00

政治批評

習近平主席の文在寅政権転覆計画?

 何やら、物騒な話になってきました。GSOMIA破棄の取りやめの前に、中国と防衛協定を結んで、レッドチーム入りを目論んでるように見える韓国と文在寅大統領ですが、北朝鮮の動きとはかみ合っていませんし、むしろ反目している感じ。もちろん、ZAKZAK(夕刊フジ)の記事ですから、鵜呑みにする気はサラサラないですが、統一高麗連邦を夢想する文在寅大統領と、世襲独裁国家をこのまま続けたい金正恩三代目将軍様との思惑に、ズレがありますね。これは、トランプ大統領もそうですが。

【GSOMIA完敗で韓国・文大統領“断末魔” 習近平主席は激怒!「文政権転覆計画」か…日本国内の“親韓派”は猛烈な「安倍潰し」へ】ZAKZAK 


 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の、断末魔が続いている。日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を当分維持すると発表したが、韓国国内で「日本側が泣きついてきた」「謝罪した」などと大ウソを発信し、「(日本側が)意図的に歪曲(わいきょく)して発表した」などとイチャモンを付けてきたのだ。日本側は否定した。日米両国の対韓不信が続いているだけでなく、レッドチームの中国や北朝鮮も激怒しており、「文政権転覆工作」が動き出しかねないという。韓国国内での「反文政権」勢力の不穏な動きと、12月下旬で調整されている日韓首脳会談に向けた日本国内での「安倍晋三政権潰し」の動きとは。ジャーナリストの加賀孝英氏による最新リポート。
(中略)
 米情報当局関係者がこういう。

 「文氏は事実を隠そうと必死だ。GSOMIA破棄は、文氏の選挙公約であり、韓国の50%以上の国民が支持していた。事実を知れば、彼らが憤激して『反文デモ』に合流する。文政権は即日崩壊する。退役軍人・予備役らで結成された『決死隊』は『救国のため、年末までに文政権を倒す』と動いている。ドナルド・トランプ米大統領は、文氏が大嫌いだ。『あいつはウソつきだ』と言っている。米国は文氏を助けない」 

  • 2019.11.27 Wednesday
  • 22:56

政治批評

韓国が懲りずに慰謝料3000億ウォン法案

 日本円だと約286円。相変わらず懲りないですね。自発的にと言っていますが、これで寄付金が集まらなければ「日本人は反省していない」とか、雛の口実に使うのはわかりきっています。そして次から次へと似たような訴訟を起こして、慰謝料を求める。草加で事故処理中のためそのうち寄付金が集まらなくなると、またまた「日本人を反省していない」と批判の口実に使う。やり口が見え透いてるんですよ。民間企業だから・個人の善意だからと、甘言に惑わされてはいけません。韓国の目的はお金だけではなく、永遠に道徳的に日本を批判する口実が欲しいのです。

【1500人に慰謝料280億円 元徴用工問題の韓国議長案】時事通信社 

 【ソウル時事】韓国の聯合ニュースは26日、元徴用工問題の解決を図るため、文喜相・国会議長がまとめた法案の詳細を伝えた。日韓両国の政府や両国企業が創設する基金を通じ、元徴用工ら1500人に慰謝料などとして計約3000億ウォン(約277億円)を支給する内容という。日本企業は基金に「自発的に寄付」する仕組みだ。

 文議長の関係者が同日、元徴用工らが参加した懇談会で提示した。文議長は今後、関係者らの意見を聴取した上で法案に反映する考えで、内容が変更される可能性もある。年内にも発議する方針とされるが、早期の立法化は厳しいとの見方もあり、来年に持ち越されそうだ。 

  • 2019.11.27 Wednesday
  • 22:23

政治批評

韓国がクリアすべき3条件

 韓国がいつもの泥試合に持ち込もうとしていますが、韓国の保守系新聞の一つである中央日報が、珍しく冷静客観に状況を報じています。日本の毎日新聞の報道の引用という逃げ道は取っていますが、韓国がホワイト国に復帰するために必要な日本側の条件を、淡々と報じていてちょっと意外な気がします。そもそも日本の輸出管理強化(規制ではない)は、韓国に輸出されたフッ化水素をはじめとする戦略物質の、人が不明であるということに端を発しています。韓国がすべきはGSOMIAを外交カードにすることではなく、横流し先を明らかにすること。

【日本「韓国、3つの条件クリアしなければホワイト国復帰ない…数年かかる」】中央日報日本語版
 

日本の輸出規制問題を議論する韓日両国の課長級協議、局長級の政策対話が、それぞれ12月上旬と下旬に開かれる方向で検討されていると、毎日新聞が26日報じた。
(中略)
これに関連し日本経済産業省の関係者は25日、自民党の関連会合に出席し、「ホワイト国復帰のためには▼両政策対話が開かれていないなど信頼関係が損なわれている▼通常兵器に関する輸出管理の不備▼輸出審査体制、人員の脆弱性−−が解消されなければいけない」という3つの条件を挙げた。さらに「3つがクリアされない限り、ホワイト国に戻すことはない」と述べた。

同紙は特に「(両国間)対話を繰り返す必要があり、グループA(ホワイト国)復帰のためには数年かかるだろう」という日本政府関係者の話も伝えた。 

  • 2019.11.26 Tuesday
  • 21:39

政治批評

韓国の暴走が止まらない

 韓国がGSOMIAについて、ゴールポストを動かす音をし始めていますが、その内容がかなり無茶苦茶なものになっています。もちろん文在寅大統領自身からの発言はまだ少ないのですが、周辺から発表内容を覆すようなものが続出しています。おそらくは、文在寅大統領の鉄板支持層と呼ばれる有権者や団体から、かなりの反発があって慌てて言い訳を始めたのでしょう。しかしその内容といえば、発表のタイミングが日本が7分間遅かっただの、日本のマスコミのリークが早かったなの、いちゃもんのようなものから、いつでもGSOMIAは破棄できると、アメリカに怒らせれそうなものまで多彩。

【韓国、日本が歪曲と抗議 GSOMIA維持の発表】共同通信 

 【釜山共同】韓国大統領府の鄭義溶国家安保室長は24日、南部・釜山で記者会見し、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)維持を巡る合意内容について、日本側が意図的に歪曲して発表したとして遺憾の意を表明した。日本側に外交ルートで抗議し、謝罪を受けたと説明した。合意自体は守る姿勢を示した。

 鄭氏は、日本の経済産業省が22日、韓国が輸出管理の問題点を改善する意欲を示したと説明した点を挙げ「完全に事実と異なる」と指摘。実際には韓国の輸出管理制度の運用を確認し、日本の輸出規制強化の撤回を協議するとの線で合意していたと主張した。 
  • 2019.11.25 Monday
  • 22:00

政治批評

懲りずにGSOMIAゴールポストを動かそうとする韓国

 GSOMIAに関しては、正式名称が『軍事情報に関する包括的保全協定』ですから、条約の一種。日米韓の取り決めは、1年ごとに更新・破棄するなら更新の3か月前に通告というもの。故に、破棄通告を取り消したなら、自動的に更新。康京和外交部長官(日本の外務大臣に相当)が、「いつでも終了させられるという権利を留保している」って勝手に発言していますが、そんな規定はどこにもないです。こうやって、約束を平気で反故にする信用ならない国という評価を、強化していくんですねぇ……。

【韓国外相「我々はGSOMIAをいつでも終了させられる」】読売新聞 

 【ソウル=岡部雄二郎】韓国の康京和カンギョンファ外相は22日、名古屋市で開幕した主要20か国・地域(G20)外相会合に出席するため、日本に到着した。23日に茂木外相と会談し、日韓間の最大の懸案となっている韓国人元徴用工問題などを巡り議論する見通しだ。

 康氏は22日、当面維持することが決まった日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、「我々は(GSOMIAを)いつでも終了させられるという権利を留保している」と述べた。日本側が対韓輸出管理厳格化措置を撤回しなければ、GSOMIAの破棄を辞さない考えを示唆したものだ。来日に先立ち、ソウル近郊で記者団に語った。 

  • 2019.11.23 Saturday
  • 21:00

政治批評

土壇場で日和った韓国:GSOMIA破棄を当面回避

 韓国がGSOMIAの破棄を、当面凍結すると言う回りくどい言い回しで、白旗あげてきました。全面降伏の白旗だとメンツが保てないし、文在寅大統領を支持する鉄板層からも反発が起こるので、いろいろと言い訳めいたことを言っていますし、カードとしてはまだ消滅させてないというポーズを国民に対してとっていますが、ほぼ無意味でしょう。また、韓国側が自動的に優遇措置の見直しが年末には解除されるかのような報道をしていますが、日本側は韓国の出方を見た上で指定の記者会見を開いています。

【韓国大統領府、「GSOMIA破棄を当面回避」と発表】読売新聞 


 【ソウル=建石剛】韓国大統領府の金有根キムユグン国家安保室第1次長は22日夕、大統領府で記者会見し、8月22日に破棄を決定した日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、当面破棄を回避すると発表した。23日午前0時に迫っていた失効は、ぎりぎりのタイミングで回避された。 

  • 2019.11.22 Friday
  • 21:00

政治批評

韓国の厚顔無恥

  北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は今だに、ラングーン事件や大韓航空機爆破テロ事件については、自国の犯罪だと頑なに認めていません。大韓航空機爆破事件では、実行犯の金賢姫元死刑囚の幼い頃の写真が、共産党系の出版物で偶然に発見されており、北朝鮮による犯行は疑いないところ。こういう部分に関しては、北朝鮮も韓国も同じ民族なのだなあ……と、思ってしまいます。韓国海軍による火器管制レーダー照射事件に関しても、非を認めて謝罪する気などさらさらないでしょう。それどころか、こんな発言をしてしまう国です。

【韓国国防相「軍用機遭遇では国際法順守を」 海自哨戒機など念頭か】聯合ニュース 

【バンコク聯合ニュース】韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は18日、タイ・バンコクで開催中の東南アジア諸国連合(ASEAN)拡大国防相会議(ADMMプラス)で空中や海上での衝突防止問題を最初に取り上げ、「洋上で不慮の遭遇をした場合の行動基準(CUES)」や「空中における軍用機同士の遭遇に係るガイドライン(GAME)」などの国際法や関連規定を徹底して順守すれば、領域内の平和秩序がさらに安定的に定着すると述べた。
(中略)
 鄭長官がこれらの問題を最初に取り上げたのは、日本の海上自衛隊の哨戒機が韓国の艦艇に低高度の威嚇飛行をした問題や、中国やロシアの軍用機が韓国防空識別圏(KADIZ)に侵入した問題などを念頭に置いたものと受け止められる。 

  • 2019.11.20 Wednesday
  • 22:00

政治批評

文在寅大統領が茹でカエル戦術から反転攻勢

 日本経済新聞からデイリー新潮に移っての、鈴置高史さんによる韓国ウォッチ。今回の記事も読み応えがあって、興味深い内容なのですが。韓国では映画が、国策として力を入れてるせいもあるのでしょうが、政府のプロパガンダとして密接な関係を持っていることがしばしばあります。反日感情を煽るような映画が多数制作され、また荻上チキ氏などが自身のラジオ番組などで絶賛していたタクシードライバーという映画も、荻上氏は一切触れていませんが、光州事件のみならず、朴正煕暗殺未遂事件でもその影がちらつく、北朝鮮との関係が疑われる人物だったりします。

【文在寅がGSOMIAで米国に“宣戦布告” 「茹でガエル」戦術から一気に米韓同盟消滅?】デイリー新潮 

 米韓同盟がいよいよ壊れ始めた。韓国の大統領が米国の国防長官に面と向かって、日韓GSOMIA(軍事情報包括保護協定)の維持を拒否したからだ。この協定こそは韓国が海洋勢力側に属する証しである。韓国観察者の鈴置高史氏が報告する。

ついに米国に宣戦布告
鈴置: 11月16日、ソウルで開かれた保守派の集会で、韓国キリスト教総連合会会長のチョン・グァンフン牧師が「ついに文在寅(ムン・ジェイン)が米国に宣戦布告した」と演説、政権打倒を呼び掛けました。 

  • 2019.11.18 Monday
  • 21:00

政治批評

韓国のフッ化水素国産化成功の欺瞞

 日本のマスコミは、韓国がフッ化水素の国産化に成功したというニュースの報道には熱心ですが、科学オンチが多くてその内実についての報道はお粗末。研究室レベルで高純度のフッ化水素生成は、日本の大学院でも普通にできるレベルなのに、大々的に報じる。高純度と言っても、99.9999999の高純度とと99.999999999999%の高純度を、等しく高純度と報じてしまう。実際は、日本産のフッ化水素でないと、製品の品質が保てないようです。そろそろ、韓国企業の在庫も厳しくなるタイミングですが。

【アップルも迷惑している、韓国産フッ化水素! 生産計画に遅れが】グローバルニュースアジア 

2019年11月16日、一時、国産化に成功したと伝えられていた韓国産フッ化水素、純度が低く使用に耐えられるものでは無かったと韓国メディアが報じた。

 フッ化水素は、半導体の回路形成やディスプレーの洗浄工程などに使用されており、韓国では技術力の低さから生産することは、難しかった。

 当初から、国産化成功には、懐疑的な見方が多かった。この失敗で大量の不良品がLGやサムスンで発生。アップル社のスマートフォンの生産計画にも支障が出ている。フッ化水素の不良で、LGディスプレイはiPhone11 Pro Max用のOLED(有機発光ダイオード)パネルを、100万枚以上廃棄したと伝えられている。 

続きを読む >>
  • 2019.11.17 Sunday
  • 21:13