★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
iOS11で消えるアプリ確認方法
0
     アップデートされていないアプリとか、こうやって確認できるんですね。最近、アプリによっては起動した時、アップデートされていない警告が出るので、これは32bitのアプリだろうなとは思っていましたが。あんがい、ゲーム系のアプリで気に入ってるものがいくつか、64bit対応していないのがわかったので。まぁ、こればっかりは開発元の意識次第ですしね。無料アプリとか、なかなか手が回らないでしょうし。

    【iOS 11から使えなくなるかもしれない「32bitアプリ」を調べよう:iPhone Tips】Engadget Japanese

    iOS 10.3のリリースにより、将来使えなくなる可能性のあるアプリが一覧できます。現在利用中のアプリがその一覧に入っていたら、運営元がアップデートを行うかを調べたり、代わりのアプリを見つけたりして対策を練りましょう。ここでは、「設定」の「情報」から、動作しなくなるかもしれないアプリを確認する方法を紹介します。 
    【2017.04.17 Monday 12:46】 author : 土岐正造
    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
    次期iPhoneの試作品設計図がリーク?
    0
       ベゼルが小さくなるとは言われてきましたが、実際に並べて見せられると、実感がわきますね。iPhone7ほどの筐体でiPhone7 Plusレベルのディスプレイというのは、かなり有望な進化。5.8インチで今年新たに加わると言われているiPhone Editionは、曲面ディスプレイになると言われていますが、いっそのことサイドのベゼルは失くしちゃって、もうひと回り小さくするのはありかもと思ったりします。さらに言えば、iPhone7 Plus並みの筐体で6.3インチぐらいのディスプレイを備えたiPhoneもありではないでしょうか?

      【「iPhone 8」の試作品設計図がリーク、極小ベゼルになった次期iPhoneの予想レンダリング画像も】GIGAZINE

      iPhone登場から10周年となる2017年にリリースされることとなる次期iPhoneの最新リーク情報がWeibo経由でインターネット上で拡散されています。これによると次のiPhoneではベゼルが極小になり、他の部分の細かいサイズ変更も行われるようで、新しく判明した特徴を盛り込んだ次世代iPhoneのレンダリング画像も公開されており、次のiPhoneがどんな見た目になるのかがイメージしやすくなっています。

      Purported iPhone 8 schematics show ‘bezel-less’ front, rear Touch ID, supposed dimensions | 9to5Mac
      https://9to5mac.com/2017/04/13/purported-iphone-8-schematics-show-bezel-less-front-rear-touch-id-same-thinness-as-iphone-7/

      「Foxconnから次世代iPhoneの図面を入手した」という投稿が中国最大のSNSであるWeibo上にアップされました。この図面によると、次世代iPhoneになると目されるiPhone 8のディスプレイは、上下左右のベゼルが従来のものよりも狭くなり、同じ端末サイズで大画面化が図られる模様。この図面に記されているようなベゼルの極小化が次期iPhoneで行われる、とKGI証券のアナリストであるミンチー・クオ氏は予測しています。 
      続きを読む >>
      【2017.04.14 Friday 22:00】 author : 土岐正造
      | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
      Apple Watchで糖尿病治療革命
      0
         世界は人口爆発だ飢餓だと言っていますが、同時に先進国では肥満とそれに伴う成人病が大きな問題になるわけで。Apple Watchはスティーブ・ジョブズの晩年にはもう企画が立ち上がっていたようですから、闘病生活にあったジョブズが健康についてのガジェットに興味を持ち、心血を注ぐのは必然だったのでしょう。ジョブズ自体は、癌のせいで晩年はガリガリに痩せていましたが。自分も糖尿病の家系のくせに太っていますし、Apple Watchで血糖値の測定ができるなら、そのためだけに購入しても良いかもです。

        【Apple Watchで糖尿病治療に革新をもたらすため、Apple内では秘密の研究チームが動いている】GIGAZINE

        近年、Appleは健康面に焦点を当てており、その結果としてApple Watchやヘルスケアアプリなどをリリースしてきました。そんなAppleが、成人の有病率が8.5%にも及ぶ現代病の代表格である「糖尿病」の治療に役立つツールを開発するために、秘密の研究チームを立ち上げていることがCNBCの報道で明らかになりました。

        Apple secretly working on glucose monitoring for diabetes
        http://www.cnbc.com/2017/04/12/apple-working-on-glucose-sensors-diabetes-treatment.html

        Report: Apple has secret team working on ‘breakthrough’ diabetes treatment w/ Apple Watch | 9to5Mac
        https://9to5mac.com/2017/04/12/apple-watch-diabetes-treatment/

        Appleの内部事情に精通しているという3人の情報提供者によると、Appleの創設者のひとりであるスティーブ・ジョブズ氏は血糖値を監視して糖尿病の症状を改善するためのセンサーを開発することを計画していたそうで、Appleはその夢を実現させるために小さな医学技術者チームを雇用しているそうです。しかし、皮膚を穿刺(せんし)することなく血中のグルコース濃度を正確に測定するのは非常に困難なことで、これまで多くのヘルスケア関連企業が試行錯誤を繰り返してきました。 
        続きを読む >>
        【2017.04.14 Friday 18:00】 author : 土岐正造
        | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
        次期iPhoneは3GBのRAMに高速充電対応?
        0
           なぜに3GBかはわかりませんが、ひょっとしてGPUのほうは独立したRAMだからとか? iPhoneに必要な機能って、防水機能や高速充電機能、長時間駆動する省エネルギー機能であって、実は処理能力とか解像度とか、ほぼ充分なようなきがするんですけれどね。紙並みの解像度ということなら、350ppiから360ppiで印刷クオリティーですし、実際は300ppiもあれば充分ですからね。ひょっとして、他にも隠し玉があるかもしれませんが、今年のiPhoneは第三の機種登場自体がインパクトではあります。

          【「iPhone8/7s/7s Plus」、3モデルともメモリは3GB、高速充電対応?】iPhone Mania

          今年発売の「iPhone8」、「iPhone7s」、「iPhone7s Plus」の3モデルとも、メモリ容量が3GBになり、高速充電に対応するとの予測が発表されています。

          メモリは3モデルとも3GB

          今秋のiPhoneは、5.8インチのOLED(有機EL)ディスプレイを搭載した「iPhone8」と、現行モデルの性能向上版となる4.7インチの「iPhone7s」、5.5インチの「iPhone7s Plus」の3モデルが発売されると見込まれています。 
          続きを読む >>
          【2017.04.13 Thursday 22:00】 author : 土岐正造
          | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
          Galaxy S8対iPhone7 Plus
          0
             ほとんどのアプリの動作で、キビキビとした操作感を生み出すのはシングルコアでの処理能力です。GeekBench4のテストで、シングルコアのスコアはiPhone7 Plusが3478でGalaxy S8が1846ですから、1.88倍も高速。それに対して、マルチコアではGalaxy S8は5929で、iPhone7 Plusは5917と、1.002倍というほとんど誤差の範囲。発売されたばかりのSamsungのフラッグシップモデルで、4つの高速なコアと4つの効率的に動作するコアを組み合わせたオクタコアのマシンで、ソレはマズイのでは?

            【Galaxy S8対iPhone7 Plusのスピード対決!】iPhone Mania

            先日発売されたばかりのSamsungのフラッグシップモデルGalaxy S8と、昨秋発売されたAppleのiPhone7 Plusとのスピード対決動画が公開されています。

            Galaxy S8対iPhone7 Plusのスピード勝負

            先日YouTuberのEverythingAppleProによる、Galaxy S8とiPhone7 Plusとのカメラ性能を比較検証した動画をご紹介しました。同YouTuberが同じくGalaxy S8とiPhone7 Plusで、同一のアプリを順番に開いていくスピードテストの実験動画も公開していますので、ご紹介します。 
            続きを読む >>
            【2017.04.12 Wednesday 22:00】 author : 土岐正造
            | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
            iPhoneの飛び出すバンパー
            0
               まだのこアイデア、Appleはあきらめてなかったんですね……。自分はiPhoneを落とさないよう、頑丈なケースに入れていますので、こんな飛びだすバンパーはそもそも不用です。多少不格好でも、四隅はもちろん液晶面もがっちり保護して欲しいです。ジョナサン・アイヴはケースに入れずにiPhoneを使ってもらいたいのでしょうが、ハッキリ言ってそのためには剛性不足ですし、こういうギミックで対応できるかと言えば、疑問。こういうギミック自体は否定しませんが、ケースを使用させなくするようでは本末転倒です。

              【落下するとiPhoneからバンパーが飛び出す技術、今もAppleは前向き?】iPhone Mania

              iPhoneの耐久性はモデルが新しくなるたびに増しているとはいえ、角からコンクリートの地面に落下すると、まず間違いなく画面にヒビが入ります。しかし、そんな悩みから解放される日は近いのかも知れません。落下の際に衝撃吸収バンパーがiPhoneから飛び出る仕掛けを、Appleが現在も開発していることが明らかとなりました。

              2015年にも同様の特許を取得していた!

              落下の際にiPhoneから衝撃吸収バンパーが飛び出し、端末の損傷や故障を防ぐという特許は、2015年にも登場し大きな注目を集めました。あれから2年弱が経ち、実装こそされていないものの、2017年になってもAppleは「飛び出るバンパー」に前向きな姿勢を示しているようです。 
              続きを読む >>
              【2017.04.08 Saturday 22:00】 author : 土岐正造
              | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
              iPhone Editionの意外な姿
              0
                 iPhone8ではなくiPhone Edition(仮称)という呼び名のほうが正解だと、自分は思っています。今年登場するのはiPhone7とiPhone7 Plusであって、10周年記念機種になるか新カテゴリーになるかは解りませんが、特別機種はiPhone8ではなくiPhone Editionと。しかし、背面カメラの縦配置は、盲点でした。もともと、二眼レフカメラとか、上下にレンズを配置するのが一般的ですから、充分あり得ること。将来的にiPhoneはレンズの数をもっと増やしていくという予想もありますから、カメラレンズの配置はその都度換わっていくでしょう。

                【iPhone Editionの詳細が流出?デュアルカメラは「縦」に、指紋認証は背面か】iPhone Mania

                2017年にリリースが計画されているiPhone8シリーズは、3モデルあると言われています。なかでも「iPhone登場10周年」を記念して作られるモデルiPhone Edition(仮称)は、これまでのiPhoneとは大きく異なるデザインを採用するとみられており、ユーザーの期待を集めています。そんななか、新たにこのプレミアムモデルに関する新情報が浮上しています。

                デュアルカメラを縦(垂直)に設置!

                ニュースサイトiDrop Newsが、iPhone8の生産を請け負うFoxconnの関係者から入手した情報によると、すでにiPhone Editionのプロトタイプは最終版とも呼ぶべき段階に来ているそうです。驚くべきはそのデザインで、デュアルカメラが横ではなく縦に設置されています。通常プロトタイプは外部が想像したコンセプトイメージからさほどかけ離れていませんが、今回に限って言えば、誰も予想し得なかったのではないでしょうか。 
                続きを読む >>
                【2017.03.30 Thursday 22:00】 author : 土岐正造
                | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
                iPhoneは2018年からUSB-C採用?
                0
                   今年ではなく来年というのが、信憑性がありますね。自分は、今年はiPhone7sで再来年にiPhone8が登場して、10周年記念iPhoneはiPhone Editionの名称で登場しすると思いますが、コネクタの刷新は再来年のデザイン大幅チェンジのタイミングに合わせてくるだろうと思うので。これまでも、iPhone5からLightningコネクタを採用でしたしね。規格争いで優れた規格であったFireWireが淘汰された歴史を知る身としては、USB・電源コネクタ・HDMI・Thunderbolt3を統合するUSB-Cは大歓迎です。

                  【Apple Watchはセルラー対応、iPhoneはUSB-Cポート装備に?】iPhone Mania

                  半導体アナリストがAppleサプライヤーから得た情報をもとに、次期Apple Watchはセルラー対応となり、iPhoneにはUSB-Cポートが搭載されるとの予想を打ち出しています。

                  半導体アナリストが予測

                  Susquehanna Financial Groupの半導体アナリストであるクリストファー・ローランド氏が、このほどアジアのサプライヤーを訪問した際に得た情報をもとに、次期Apple WatchとiPhoneについて予測しています。

                  同氏はBroadcomやQualcommといったAppleサプライヤーを含む、半導体を専門とするアナリストです。 
                  続きを読む >>
                  【2017.03.28 Tuesday 22:00】 author : 土岐正造
                  | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
                  Appleと中国の訴訟解決
                  0
                     中国のこういう手法は、日中国交回復で土壇場で「迷惑」という文言にイチャモンを付けて、日本側の譲歩を引き出したときもそうで、毛沢東主席の時代から基本的な部分は変わっていないです。iPhoneに対する知的財産権侵害も、政治的な仕掛けだというのがミエミエ。でも、こういう動きはアメリカによる、対北朝鮮強硬姿勢や、空母の動きに対するある種のデタントなのかもしれませんが。今頃iPhone6というのは、何やらマヌケなタイミングですが、今後の動きに注目でしょう。

                    【Appleがパクリだと訴えられた中国訴訟が解決、やっとiPhone 6の販売再開へ】GIGAZINE

                    Appleが中国のスマートフォンメーカーに「デザインが酷似している」として知的財産権侵害を申し立てられ、中国の知財当局にiPhone 6の販売停止命令を下されました。しかし、この知財紛争は最終的に、「iPhone 6にデザインの類似は認められず、知的財産権は侵害されていない」という判断が下され、晴れてiPhone 6の北京での販売が再開されることになりました。しかし、終わり良ければすべてよし、とはとうてい言えず、この件は中国市場での販売リスクをまざまざと見せつけた形になりそうです。

                    Chinese Court Overturns iPhone 6 Patent Ruling in Apple's Favor - Mac Rumors
                    https://www.macrumors.com/2017/03/25/beijing-iphone-patent-ruling-apple-wins/

                    2016年6月に中国の佰利公司が販売するスマートフォン「100C」とiPhone 6のデザインが酷似しているとして、AppleがiPhone 6シリーズの販売差止命令を受け、中国の首都・北京でiPhone 6シリーズの販売にストップをかけられた事件については、以下の記事で説明しています。 
                    続きを読む >>
                    【2017.03.27 Monday 22:00】 author : 土岐正造
                    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
                    Apple謹製iPhone用気密ケース?
                    0
                       これは、iPhone用のケースなのか、それともiPhone用に見せかけた別の特許なのか? iPhoneの特許は製品情報を類推され内容の偽装することがありますから、それこそApple Watch用のケースの可能性もありそうです。新型のApple Watchが完全防水機能を獲得し、バッテリー駆動時間もアップした場合、旧機種を愛用するユーザーのためのブースターみたいな存在とか? それとも、もっと別の製品の偽装特許かもしれませんし。Appleがダイビング用とか、限定的な用途でこういう特許を出すとも思えないので。

                      【ダイビング用?Apple、気密性の高いケースの特許を申請!ユーザーに警告も】iPhone Mania

                      Appleが、密閉型のiPhoneケースの特許を申請していたことがわかりました。ダイビングなどの水中でもiPhoneが操作可能になると考えられます。密閉状態が確保できていないとユーザーに警告する機能もあります。

                      気密性が確保できていないとユーザーに警告するケース

                      Appleによる、iPhone用の密閉型ケースの特許申請が、米国特許商標庁が現地時間3月23日に公開した資料から明らかになりました。

                      ケース内にはプロセッサとメモリ、小型バッテリーが内蔵されており、iPhoneとは独立した処理が可能であることを示しています。 
                      続きを読む >>
                      【2017.03.27 Monday 12:00】 author : 土岐正造
                      | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム