★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
Apple Watchで血糖値コントロール
0
     国民皆保険制度がなく、オバマケアも骨抜きにされて医療費がバカ高いアメリカでは、健康であることに人々は意を砕く訳で。Apple Watchがお洒落で便利なだけの製品であっても限界がありますが、底に健康維持という切実な問題が絡むと、実利の面でも重要になるわけで。そうなると、個人的には血糖値だけでなく心拍数の変化と乳酸値の変化とかもリアルタイムに測定できると、スポーツの世界とかでの応用が利くなぁとか、そっちの方に意識が行きますが。突然の心肺停止とかで緊急信号とか出せるようになると、更に良し。

    【アップルのティム・クックCEO、Apple Watchで血糖値を測定していた姿が目撃される】Engadget Japanese

    アップルのティム・クックCEOが、アップル本社にてApple Watchに血糖値を測定する装置を着用していたことが、海外ニュースサイトCNBCの報道で明らかになりました。先日もApple Watchの次期バージョンで血糖値モニター機能が導入される可能性が報じられましたが、いよいよ現実味を帯びてきたかたちです。

    CNBCの情報筋によれば、クック氏はApple Watchに血糖値測定装置のプロトタイプを取り付けていたとのこと。これに先立つこと6年前、アップルは糖尿病治療のための非侵襲的(体を傷つけない)かつ継続的センサーの開発チームを組織したと報じられていました。Apple Watch登場のはるか以前から、アップルがこの分野に関心を抱いていたことがうかがえます。 
    【2017.05.20 Saturday 23:00】 author : 土岐正造
    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
    日本では強いiPhone
    0
       自分は、単純に通話する送致としては、折りたたみタイプのガラケーのほうが、実は好きだったりします。ストレートタイプは、液晶を割りそうで。でも、自分がiPhoneを購入した頃は、大きすぎると否定的な声が多かったですね。3.5インチのiPhone 3Gですら。スマートフォンの出荷台数が3013.6万台で、Appleが52.7%を占めるということは、単純計算で1588万1672台ですか。他国ではAndroidのほうが優勢なのに、日本では圧倒的にiPhoneですねぇ。AirDropとか、自分もiPhoneであるメリットが大きいですからね。

      【国内出荷、スマホが初の3,000万台超え!iPhoneの出荷台数は過去最高!】iPhone Mania

      2016年、国内のスマートフォン出荷台数は、初めて3,000万台の大台を突破しました。メーカー別シェアではAppleがトップで、iPhoneの出荷台数は過去更新を記録した、とIT関連調査会社のMM総研が発表しました。

      スマホの出荷台数、初の3,000万台超え!

      2016年度通期(2016年4月〜2017年3月)の国内携帯電話端末の出荷台数は3,648.6万台で、前年比0.3%のマイナスでした。これは、5年連続での減少となります。

      そのうち、iPhoneなどのスマートフォンが、前年比3.3%の伸びとなる3,013.6万台で、全体の82.6%(前年比2.9ポイント増)をスマートフォンが占めています。なお、スマートフォン出荷台数が3,000万台を超えるのは初めてのことです。 
      続きを読む >>
      【2017.05.20 Saturday 21:00】 author : 土岐正造
      | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
      次期iPhoneへ顔認証機能の3Dカメラ搭載
      0
         ここで言うiPhone8が、iPhone7sのことなのかプレミアムiPhoneのことなのか、それはわかりませんが。プレミアムiPhoneはベゼルが狭くなってホームボタンがなくなり、結果的に全画面でTouch IDを目指したが上手くいかず、顔認証機能を採用という噂があります。ただ、iPhone7sだとデザインは基本的に変わりませんから、Touch IDに加えての顔認証機能に思えるのですが。個人的にはTouch IDは良い機能ですし、顔認証機能と併せてのダブル認証はアップルペイなどの浸透に合わせて、必要でしょうし。

        【iPhone 8、やっぱり「顔認識カメラ」搭載に? 3Dカメラモジュールの発注を確認】ギズモード・ジャパン

        顔パスでロック解除、いけるかな?

        次期iPhone(通称:iPhone 8)で気になる「顔認証機能」の搭載の噂。Androidスマートフォンでは、4月に発売されたGalaxy S8などで見かけるこの機能ですが、どうやら今年のiPhoneにもやってきそうな雰囲気ですよ?

        9to5Macが紹介するKorea Economic Dailyの報道によると、やはりiPhone 8は顔認証機能のために3Dカメラモジュールを搭載するようです。このモジュールはLG Innotekが製造し、すでに2,697億ウォン(約272億円)規模の発注も行なわれているんだとか。 
        続きを読む >>
        【2017.05.16 Tuesday 22:32】 author : 土岐正造
        | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
        iPhone7のカメラ術
        0
           動画を見ているだけで、撮影のコツと手順がわかる、非常に良質の動画です。こういうのは、さすがAppleですね。シンプルなインターフェイスに、ハイレベルの性能が詰め込まれていますから。簡単なステップで、出来の良い写真が撮れる。ユーザーとして言えるのは、iPhone6 Plusのカメラも素晴らしかったのですが、iPhone7 Plusのカメラはワンランク上の表現ができます。コンデジの最高機種から、初期のデジタル一眼レフカメラ(200万画素)並みの撮影ができるようになった印象でしょうか。

          【アップルが「iPhone 7 撮影テク集」ページを公開。動画で数十秒ずつ、全16種類の撮影方法をレクチャー】Engadget Japanese

          アップルが、せっかく高性能なカメラを備えるiPhone 7を持っているのにいつまでたっても小洒落た写真が取れないユーザーのために、数ステップで印象的な写真がとれるようになる数十秒の動画16本を一挙に公開しました。これを見れば、あなたも広告にあるような美麗写真を撮影できるかもしれません。

          アップルが紹介するのは16種類のシチュエーションでうまく写真を撮る方法。下の動画リストにはそのうち最初の5種類をまとめました。

           
          続きを読む >>
          【2017.05.13 Saturday 12:00】 author : 土岐正造
          | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
          iPhone7sはA10チップを搭載?
          0
             Appleの独自設計CPUであるAppleAシリーズですが、iPadとの絡みもあって難しいですね。例えば、iPad Proの新型が登場すると、そちらはApple A10Xが搭載されるでしょうし、A11は本来は来年のiPhoneに搭載されるべきCPUですし。GPU強化版のA10XをiPhone7sに搭載することはないでしょうから、ここらへんの棲み分けは順当なところ。プレミアムiPhoneにA11が搭載された場合、iPad ProにはA11Xが採用される可能性もありそうですが、プレミアムiPhoneの価格設定が高くなるなら、iPhone7sはA10で価格を抑えるのはあり。

            【次期3モデルのうちiPhone7sシリーズはiPhone7同様にA10チップを搭載?】iPhone Mania

            2017年秋にリリース予定とされるiPhone3モデルのうち、マイナーアップデートに留まる2モデルは、iPhone7と同様のA10チップ搭載するのでは、という観測が浮上しています。

            iPhone7s/7s Plusは廉価版という位置づけ?

            現段階で次期iPhoneの正式名称は分かっていませんが、「iPhone登場10周年」を記念したプレミアムモデルのiPhone8、2016年に登場したiPhone7/7 PlusのマイナーアップデートとなるiPhone7s/7s Plusという位置づけになるのではないか、とみられています。 
            続きを読む >>
            【2017.05.09 Tuesday 22:31】 author : 土岐正造
            | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
            次期iPhoneは全面ディスプレイではない
            0
               ベゼルはやはり残しておいたほうがいいでしょうし、そもそも携帯電話でもあるiPhoneは、受話器としてのスピーカーとマイクが必要ですから。そのためのスペースはやはり残しておきたいでしょう。それは、サブカメラにしてもそう。ホームボタンは、感圧タッチ方式で事実上の廃止をしても良いのでしょうけれども、モールドラインとして位置だけは残して置く感じでしょう。後は、Touch IDをどうするかの問題だけで、どこでもTouch IDとなるのが、ベストではないでしょうか。

              【iPhone8は上下にベゼル、AirPodsを同梱するなどの新情報】iPhone Mania

              有機EL(OELD)搭載のiPhone8は上下にベゼルがある、同時に発表されるiPhone7sは背面がガラスになる、iPhone8にはAirPodsが同梱されるなど、JPMorganが新たな予測を発表しました。

              全面ディスプレイではなく上下にベゼルあり?

              JPMorganが、OLED搭載のiPhone8は全面がディスプレイで覆われるのではなく、上下にベゼルがあるデザインとなるとの予測を明らかにしました。またiPhone8のみ完全ワイヤレスのAirPodsを同梱するとも述べています。

              さらに現行のiPhone7/7 Plusの性能向上版になるとされるiPhone7s/7s Plusは、背面がガラス製になり、ワイヤレス充電に対応するとのことです。 
              続きを読む >>
              【2017.05.07 Sunday 22:20】 author : 土岐正造
              | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
              プレミアムiPhoneはWWDCで発表か?
              0
                 JP Morganの予想となると、ちょっと無視できないですね。今までの各種Apple製品の予想で、実績が違いますから。内部リークを受けてるんじゃないかってぐらい、的中するので。プレミアムiPhoneがiPhone7sとは別の機種として、インパクトを出すのならたしかに世界中の耳目が集まるWWDCでの発表はありだと思うのですが、それだとiPhone7sとiPhone7s Plusの発表のインパクトが、ちょっと落ちそうですけれどね。逆に、iPhone7sを先に発売してからプレミアムiPhoneの発売が、ベストでしょうけれど。

                【「iPhone8」は6月のWWDCで発表!?JP Morganが驚きの予測】iPhone Mania

                iPhone10周年の記念モデル「iPhone8」が、6月のWWDC 2017で発表される、との予測をJP Morganが発表しました。

                来月のWWDCで「iPhone8」を発表!?

                JP Morganのアナリストは、Appleの業績見通しについて記したレポートで、iOS11やmacOS 10.13の公開が確実視される6月のWWDC 2017で「iPhone8」が発表される可能性が高い、と予測しています。

                このレポートどおりなら、ちょうど1ヶ月後に「iPhone8」が発表されることになります。発売前の製品を数ヶ月も前に予告する、極めて異例の発表スケジュールとなります。 
                【2017.05.05 Friday 23:09】 author : 土岐正造
                | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
                バッテリーが4年間持続するiPadキーボードケース
                0
                   Bluetoothキーボードのバッテリーが4年間とか聞くと、思いっきり嘘くさいのですが、それが信頼と実績のLogitechですから、俄然興味がわきます。充電式リチウムイオン電池ではなく、交換可能なコイン型電池ってのが、ちょっと驚き。最近は本体と一体型で、バッテリー交換式は衰退気味だったので。今後、こういうタイプのバッテリー長期持続型が見直されたりして。気になるお値段も99.99ドルと、リーズナブル。別に1年でバッテリーを交換となっても、充分に意味がありますね。

                  【Logitech、バッテリーが4年持続するiPadキーボードケースを発表!】iPhone Mania

                  Logitechは様々なiPadアクセサリーを販売していることで有名ですが、今回はバッテリーが4年間持続する、9.7インチiPad用のキーボード付ケース「新Slim Folio」を発表しました。

                  Slim Folioは1日2時間の使用で4年間使い続けられる

                  Slim Folioにはどこでもすぐに使えるように、通常の充電式リチウムイオン電池ではなく、交換可能なコイン型電池が使われています。

                  またケースとタブレットは低消費電力のBluetooth 4.0で接続され、キーボードのON/OFFはケース開閉時に自動で行われるので、バッテリーセーブにつながります。Slim Folioは1日2時間の使用で、4年間電池を替えることなく使い続けることができます。 
                  続きを読む >>
                  【2017.05.04 Thursday 12:00】 author : 土岐正造
                  | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
                  iPhone8待ちの悪影響
                  0
                     かのスティーブ・ジョブズですらPowerMacG5の発表の時、来年はIBMが開発したPowerPCはもっと速くなると言ってしまったため、買い控えを起こしてしまった苦い経験があります。AppleはプレミアムiPhoneどころか、iPhone7sについてすら言及していないのに、アナリストが大騒ぎしすぎです。ココらへんは、このブログでも繰り返し疑問を呈してきましたが。あまり事前に煽りすぎると、その製品が実際に素晴らしくても、期待値が高すぎてガッカリということも多く、事実近年のAppleは製品発表直後に株価下落を繰り返しています。

                    【Appleのティム・クックCEO、「iPhone8」待ちの影響を語る!】iPhone Mania

                    Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、現地時間5月2日の四半期決算発表の中で、「iPhone8」の噂がiPhoneの買い控えを起こしている可能性について言及しました。

                    iPhone販売停滞の背景に「iPhone8」の噂

                    このほど発表された、Appleの2017年度第2四半期決算では、主力製品iPhoneの販売台数は5,076万台と、前年同期比で1%減となりました。

                    市場調査会社451 researchが発表した、消費者のiPhoneに対する購買意欲が過去9年間で最も低くなっている、との調査結果について問われたクックCEOは、以下のように語り、今年の発売が噂される「iPhone8」を待つ消費者心理が影響している可能性を示唆しています。 
                    続きを読む >>
                    【2017.05.03 Wednesday 22:00】 author : 土岐正造
                    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
                    アメリカでiPhone製造は無理
                    0
                       トランプ大統領は、アメリカに雇用を取り戻すと息巻き、日本のTOYOTAやフィクサコンもそこに協力する動きはありますが。実際に中国の工場で働いて得た、非常に的確な指摘です。人件費が安いから雇用してるだけで、ロボットの法が安価になるなら、人間は雇用しないと。賃金が月額3000元(約4万9000円)では、アメリカ人の給料としては、田舎の州でも厳しいでしょう。4倍ぐらいにしないと。そうなると、iPhoneのお値段も高等。けっきょく、絵に描いた餅以上のものにはならないのでしょう。

                      【iPhone製造工場に潜入した学生が「なぜアメリカにiPhone製造を呼び戻せないか」を語る】GIGAZINE

                      iPhoneを製造する中国の工場に身分を隠して潜入し、6週間にわたって期間工としてiPhone製造作業を行ったニューヨーク大学の学生が、「iPhoneの製造現場をアメリカに取り戻すのは不可能」「無理にアメリカに取り戻せば、状況はさらに悪化する」と述べ、その理由を実体験に基いて明らかにしています。

                      iPhone factory observer: why Trump can't bring manufacturing jobs back
                      http://www.cnbc.com/2017/04/30/iphone-factory-observer-why-trump-cant-bring-manufacturing-jobs-back.html

                      アメリカのドナルド・トランプ大統領は、中間層に向けて「失われた雇用をアメリカに取り戻す」と公約し見事に大統領の座を射止めました。そして、iPhoneなどの端末を製造するAppleにアメリカでの雇用創出のために、製造拠点をアメリカ国内に移管するよう強力に促しています。 
                      続きを読む >>
                      【2017.05.02 Tuesday 22:00】 author : 土岐正造
                      | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム