★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
前倒しされたiPhoneX
0
     なるほど、ガッテンは行きますね。iPhoneXが2018年発売予定なら、今年はiPhone8で、来年にiPhone9が発売されてとなるはずが、10周年に間に合わせるために一年間前倒しして、名称も揃わなかったと? でも、もし来年の発売なら、今回搭載された顔認証機能とかワイヤレス充電とか、陳腐化したでしょうね。逆に、今年iPhoneXが発売されず、iPhone8のみの発売なら、もっとワイヤレス充電が喧伝されたでしょう。そう考えると、この先行発売は、悪くなかったかも。自分も、来年の動向を判断できますから。

    【衝撃の事実。iPhone Xは2018年に発売される予定だった】ギズモード・ジャパン

    やはり、無茶をしたスケジュールだっだんですね。

    今年の新型iPhoneはいろいろと異例づくし。モデル名が「7」から「8」や「X」にいきなり飛んだり、そのiPhone Xの発売時期が11月と遅かったり、かなりイレギュラーな印象です。そしてMashableが行なったApple幹部たちへのインタビューで、なんと「iPhone Xは2018年に発売される予定だった」との衝撃の発言が飛び出したのです。

    Appleでハードウェアエンジニアリング部門の上級副社長を務めるダン・リッキオ氏は、発売時期を1年も短縮できた理由について「多大なハードワークと才能、闘志、そして決断により、今年に発売することができた」と述べています。なにやら壮絶な…。でも、そうやってiPhone Xが私達の手元に届くと思うとなんだか嬉しくもありますね。 
    【2017.11.02 Thursday 22:03】 author : 土岐正造
    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
    iPhoneXとiPhone8の比率
    0
       iPhone6とiPhone6 Plusとの売上は、iPhone6 Plusが15%ぐらいと、思ったほど多くはなかったんですけれどね。それがiPhone7とiPhone7 Plusとの関係では、アメリカでは32%と40%になり逆転したのですが。今回のKDDI田中社長の発言を見るに、28%と42%ぐらいの比率になっていそうです。予約総数自体は変わらないそうですから、iPhone Plusシリーズを購入していた人たちが、流れたと考えるべきなんでしょう。大きいiPhoneは嫌いという人も、日本にはけっこういますから。そちらはiPhone8を購入したのでしょう。

      【「iPhone Xの品薄は年内に解消」KDDI田中社長、予約状況も明かす】iPhone Mania

      iPhone Xは、以前から品薄が噂されており、在庫不足が2018年初頭まで解消されないのではないか、などと予測されていますが、KDDIの田中孝司社長が、年内には入荷が安定する、との見通しを語りました。
      (中略)
      iPhone Xの予約数はiPhone8/8 Plusと合わせても昨年同等

      10月27日から3日間におけるiPhone Xの予約状況は、同期間のiPhone8/8 Plusの予約数の1.5倍であり、iPhone8/8 PlusとiPhone Xを合計すると昨年のiPhone7/7 Plusの予約数とほぼ同じだった、と明かしています。 
      続きを読む >>
      【2017.11.02 Thursday 12:00】 author : 土岐正造
      | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
      iPhoneXファースト・インプレッション
      0
         Appleから先にiPhoneXの実機を手渡され、数日間先行して使用していた人々のレビューが解禁されて、イロイロとiPhoneXについて見えてきたことがあります。もちろん、自分で実際に触ってみないと、わからないことは多いのですが……それはともかく。特に、ホームボタンの廃止によって、インターフェイスと使い勝手がどう変わるか、そこが大事ですね。物理的な操作をなくし、iPhoneを持ってる状態で片手で色々と操作できるようにする、というのがAppleの狙いに思えます。

        【海外でiPhone Xの先行レビューが解禁。初代iPhoneのレビュワーを含めた、彼らのファースインプレッションとは?】ギズモード・ジャパン

        先行レビュー第1陣が登場!

        初代iPhoneのリリースから10周年を迎えた年に生まれることとなった、記念すべき「iPhone X」。続々と出荷準備中の写真や動画が出回っておりますが、海外では、ついにiPhone Xの先行レビューが解禁されました。

        MacRumorsによると、まず最初にiPhone Xの先行レビューを許可されたのは、10年前に初代iPhoneを最初にレビューした人のうちの1人、スティーブン・レビー氏。特別に先週の火曜日にApple(アップル)よりiPhone Xを提供されていたようで、米Wiredにてその先行レビューを取り上げています。 
        続きを読む >>
        【2017.11.01 Wednesday 22:00】 author : 土岐正造
        | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
        2018年のiPhoneもTrueDepthカメラ
        0
           2年縛りが終わる来年、買い替え予定の身としては気になる情報です。iPhone8sになるのかiPhone9になるのか不明ですし、そもそもiPhoneXはiPhoneX-2になるのかiPhoneⅪになるのか、そこも不明ですが。いずれにしろAppleはFace ID推しは変わらないでしょうし、いずれにしろ今後は顔認証が主流になるのでしょう。その結果、Touch ID廃止に向かうのは正直、嫌なんですけどね。指先ひとつで認証ができるのは楽ですし、ホームボタンの文化は残してほしいインターフェイスですから。

          【「Face ID」に不足はなさそう。2018年の新型iPhoneにも同じカメラが採用か?】ギズモード・ジャパン

          これで、出荷量も増加しそう?

          まもなく発売される「iPhone X」の生産難の理由として指摘されていた、顔認証機能「Face ID」の部品。しかしありがたいことに海外報道によると、現時点では安定化しているらしいですよ。

          9to5Macが紹介しているKGI証券アナリストのミンチー・クオ氏のレポートによれば、Apple(アップル)はすでに供給問題の苦境を脱しているとのこと。Face IDではドットプロジェクターや赤外線カメラなどを組み合わせた「TrueDepthカメラ」が利用されていますが、そちらの生産が安定したようですね。 
          続きを読む >>
          【2017.10.31 Tuesday 12:00】 author : 土岐正造
          | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
          山積みiPhoneX
          0
             いよいよ、今週ですね。しかし、iPhoneXも初回の供給は200万台しかないってのも、考えてみたらすごいですね。日本の書籍で100万部ヒットというのはひとつのステータス。音楽の世界ではゴールドディスクと最初に呼ばれたのは120万枚を売り上げたグレン・ミラーの『チャタヌーガ・チュー・チュー』だそうですから、全世界でヒットするってのは、すごいことですね。しかも、本屋レコードに比較して、iPhoneXは遥かに高額ですから。そりゃAppleが小さな国の国家予算を超えますわ。

            【iPhone X、出荷ですよ〜。本体山積み画像が流出か】ギズモード・ジャパン

            これがあと数日で、手元に…。

            いよいよ11月3日(金)に発売日を迎える「iPhone X」。みなさん、無事予約はできましたか? 予約争奪戦ではオンラインストアにアクセスできたかどうかで明暗がわかれたようですが、そんなiPhone Xが出荷を控えて山積みとなっていると思わしき画像がTwitterに投稿されました。

            この画像を投稿したのは、著名リークアカウントのBenjamin Geskin。机の上に無造作に置かれたiPhone Xが、なんとも作業現場って感じでいいですね。これは中国の生産工場で撮影されたものなのか、それともすでに流通段階にあるものなのか、写真からうかがい知ることはできません。 
            続きを読む >>
            【2017.10.30 Monday 12:00】 author : 土岐正造
            | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
            Appleはぶっちぎり
            0
               珍走団の暴走万葉仮名(by 呉智英夫子)だと、仏血斬ですか。なんか、久しぶりのiPhone狂想曲でしたね。ここまでの騒ぎになったのは、iPhone4かiPhone5以来でしょうか? iPhoneXは前評判も高かったのですが、高すぎて発表されたらがっかりになるかと危惧したのですが。予想通りの高性能で、高額にも関わらず大人気。Appleとしても、予想を大きく上回る需要(iPhone8の需要を大きく食ってしまうほど)のようで、笑いが止まらないようです。問題は、その供給量ですが。

              【AppleいわくiPhone Xの需要は世界的に「ぶっちぎり」】GIGAZINE

              Appleの新型iPhone「iPhone X」は、11万円超えの高額な端末であるにもかかわらず、ティム・クックCEOいわく「バリュープライス」とのこと。そんなiPhone Xの予約が2017年10月27日(金)についにスタートしたのですが、世界各地での需要は想像以上のもので、Appleによればその勢いは「ぶっちぎり」であるそうです。

              Apple says demand for iPhone X is ‘off the charts’ as device sells out around the world | 9to5Mac
              https://9to5mac.com/2017/10/27/apple-says-demand-for-iphone-x-is-off-the-charts-as-device-sells-out-around-the-world/ 
              続きを読む >>
              【2017.10.29 Sunday 22:00】 author : 土岐正造
              | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
              ウォズアニック「iPhoneXは発売日に買わない初めてのiPhoneになる」
              0
                 なんですと? iPhoneXに何か重大な問題があるのですか? ……と、思ったら羊頭狗肉でした。別に評価が低いとか、重大な問題があるとか、不満があるとかの話ではなく。単純に奥さんが買うかもしれないという話で、本院はiPhone8に満足しちゃってるようです。気持ちはわからんでもないですけれどね。iPhone8の完成度は高く、そっちの出来に満足しているのなら、大画面しか選択肢がないiPhoneXを無理して購入するような製品ではないですし。もともと、256GBないのが不満とかで騒ぐ人ですし。

                【スティーブ・ウォズニアック、iPhone Xは「発売日に買わない初めてのiPhoneになる」】ギズモード・ジャパン

                ウォズ、意外とiPhone Xに乗り気じゃない?

                再来週にはとうとう販売が開始される「iPhone X」ですが、その革新性のためかテック業界の要人からも熱い注目を集めています。それはApple(アップル)共同創業者のウォズことスティーブ・ウォズニアックも同じ…かと思いきや、どうやら彼は発売日にはiPhone Xを購入しないようなんです。

                米メディアのCNBCのインタビューに対し、ウォズは「iPhone Xは発売日に購入しない初めてのiPhoneになるだろうね」と語っています。ふーむ、つまり発売日は様子見をして、その後に購入する可能性もある…と。これまで率先してApple製品を購入してきたウォズらしくない発言ですね。 
                【2017.10.25 Wednesday 23:21】 author : 土岐正造
                | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
                iPhone8 PlusはiPhoneXより上?
                0
                   先進性を取るか、完成度の高さや安定感を取るか……。ある意味で、iPhone8 Plusのユーザーって、iPhoneXのユーザーとかぶりますよね。大きさはさほど変わらないので、大きさにこだわらない・大きなが筐体は好きではないタイプはiPhone8を購入するでしょうけれど、iPhone6 PlusのユーザーはiPhone8 Plusではなく、iPhoneXに流れそうです。ところが、サム・バイフォード氏はiPhone8 Plusが優秀なスマートフォンと評価しているようで。縦横比やTouch IDの有無など、指摘は納得できますけれどね。

                  【「iPhone8 Plus」はある意味iPhone Xよりも魅力的?】iPhone Mania

                  iPhone8/8 Plusがあまり売れていないというのは周知の事実となりつつあります。来月発売のiPhone Xを待ち望むのか、値段の下がったiPhone7/7 Plusに流れるかのどちらかの選択肢になりそうですが、iPhone8 PlusはもしかするとiPhone Xよりも良いかもしれないという新説が登場しました。

                  ほぼすべてにおいて優秀なiPhone8 Plus?

                  iPhoneを毎年新調するという米メディアThe Vergeのサム・バイフォード氏は、iPhone Xを待たず、iPhone7/7 Plusにも流れずにiPhone8 Plusを買ったそうです。

                  ほぼすべてにおいてiPhone XよりもiPhone8 Plusが秀でていると思うからとの理由で購入を決断したバイフォード氏の考えをまとめます。 
                  続きを読む >>
                  【2017.10.24 Tuesday 12:00】 author : 土岐正造
                  | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
                  iPhoneXのノッチは2019年まで?
                  0
                     ノッチでーす……って、オバマ大統領の初当選のときは、よく見かけたんですけれどね。テレビを見なくなったので、芸能界の動向は知りませんが。あの切掛けをノッチって呼ぶんですね。勉強になりました。ただ、Apple製品の対称性の点でどうよという疑問はあります。ベゼルはそれで削れたでしょうけれど、ノッチの左右の部分は結局は映像とかに使えない部分になったわけで。このデザインを今後も踏襲するのか、それとも変えていくのか……と思っていたら、2019年まで存続という怪文書が出たようです。

                    【iPhone Xのノッチは2019年まで存続?怪しげな内部文書が登場】iPhone Mania

                    ベゼルレスデザインを採用した端末は少なくありませんが、それらとiPhone Xとの決定的な違いと言えば、「切り欠き(ノッチ)」部分でしょう。ディスプレイの上部にせり出すようにして、インカメラや顔認証を可能にするセンサーなどの集合体が「TrueDepthカメラ」として搭載されています。この独特な切り欠きデザインについて、2019年までは続くのではないか、とする観測が浮上しました。

                    2019年までは同じデザインが続くかも

                    切り欠きデザインが2019年まで続くのでは、という観測のきっかけは、Apple社内から流出したとされる資料の画像です。画像では、2017年までは液晶ディスプレイ(LCD)モデルとiPhone Xの両モデルが採用される一方、2018〜2019年は「Wider Display with notch design(広域ディスプレイとノッチデザイン)」モデルのみとなることが確認できます。 
                    続きを読む >>
                    【2017.10.23 Monday 22:00】 author : 土岐正造
                    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
                    廉価なiPhone Xが来年登場
                    0
                       iPhoneは何かっちゅうと廉価版を言いたがりますが……出るのか廉価版? もともと、iPhoneXは高級機種路線ですからね。高くても買う層を狙う機種。出るとしたら、iPhone8sかiPhone9の間違いでしょう。もしくは、iPhoneXのインターフェイスに近づいた、ホームボタンがなくなったiPhone8sかiPhone9でしょうね。いくらAppleでも、iPhone5cの失敗は繰り返さないと思うのですが。もしくは、量産効果でiPhoneXの値段が、来年は多少は下がる予定だとか? 100ドル安くなれば、それは廉価に思えますけども。

                      【来年は「廉価なiPhone X」が海外向けに登場する?】ギズモード・ジャパン

                      廉価版といえばiPhone 5c。懐かしい。

                      もうすぐ発売される「iPhone X」は日本価格が税別11万円を超える、かなりの高価格モデル。正直、購入をためらっている人もいることでしょう。しかし来年登場するiPhone Xの後継モデルには、海外向けに廉価なモデルが存在する…のかもしれませんよ?

                      中国語サイトのEconomic Dailyが匿名サプライチェーン筋からの情報として伝えるところによると、Apple(アップル)は現在「Lisbon」「Hangzhou」という2つのコードネームの端末を開発しています。この名前はポルトガルのリスボンと中国の杭州市がモデルとなっているようですが、この内のHangzhouがiPhone Xの廉価モデルに相当するようなのです。 
                      続きを読む >>
                      【2017.10.21 Saturday 12:00】 author : 土岐正造
                      | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム