★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
八田與一像の頭部破壊
0
     これは酷い。リンク先の写真を見ますと、悪意を感じますね。八田技師はその社会的な貢献だけでなく、人柄も愛されて地元の方々から敬愛された偉人。映画では大沢たかおさんが演じておられましたが。台湾の情報を見ますと、どうやらこの事件の前に蒋介石の銅像が破壊されるという事件があり、その報復という見方もあるようです。外省人と内省人の対立はあるのでしょうが、親中派の馬前総統も八田氏の功績は認めるところ。こんなことをしても、憎しみが生まれるだけ。

    【台湾で「日台の絆の象徴」八田與一像の頭部切られる ダム建設指導の技師】産経新聞

    【台北=田中靖人】台湾南部・台南市の烏山頭ダムで16日早朝、日本統治時代に同ダムの建設を指導した日本人技師、八田與一の銅像の頭部が切られているのをダム関係者が発見、警察に通報した。複数の台湾メディアが伝えた。八田の功績は台湾の民主化以降、日台の絆の象徴とされており、ダムには日本人観光客も訪れる。

     台南市の警察当局によると、頭部は持ち去られたとみられる。台南市の頼清徳市長は、迅速な捜査と像の修復を指示した。

     八田は1920(大正9)年から10年かけて同ダムを完成させ、嘉南平原を台湾最大の穀倉地帯に変えた。同所では毎年5月8日の命日に慰霊祭が開かれている。八田の功績は李登輝総統時代に再評価が始まり、2007年には陳水扁総統が褒章を授与、馬英九総統も就任前の08年の慰霊祭に出席している。 
    続きを読む >>
    【2017.04.16 Sunday 23:02】 author : 土岐正造
    | 政治批評 | comments(1) | trackbacks(0) |
    落とし所
    0
       わざと失敗したのか? 対外的には核開発をひかえて六カ国協議に応じるという遠回しなメッセージとしておいて、国内的には米国の脅しに屈しない無敵の三代目将軍様の姿勢を見せた……と? 真意はわかりませんが、少なくとも25日に朝鮮人民軍創建85周年の式典に合わした動きがあるはずですから、そこで打ち上げ自体を理由をつけて延期(中止は体面上できない)してきたら、アメリカへのメッセージでしょう。逆に言えば、ここで時間稼ぎして24日ぐらいにいきなり南進という可能性もあるわけで。

      【北朝鮮がミサイル発射するも失敗 東部新浦付近から1発=韓国軍】聯合ニュース

      【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は16日午前、弾道ミサイル1発を発射したが失敗したようだ。韓国軍合同参謀本部はこの日、「北がきょう午前、(北東部)咸鏡南道・新浦付近から未詳のミサイルを発射したが、失敗したとみられる」と明らかにした。北朝鮮が発射したミサイルの種類はまだ確認されていない。

       北朝鮮は今月5日に同じ場所から弾道ミサイル1発を発射したが、約60キロ飛んだ時点で、欠陥により東海に墜落した。当時、韓米当局はミサイルを中長距離弾道ミサイル「北極星2」(米国側の呼称は「KN15」)系列と推定したが、米軍事当局の一部は中長距離弾道ミサイル「スカッドER」とした。

       情報当局の関係者は「この日、発射に失敗したミサイルは5日に新浦付近から発射したものと同系列だとの見方に重点を置いている。地上の発射施設から遠くまで飛ばせなかったとみられる」と伝えた。 
      続きを読む >>
      【2017.04.16 Sunday 20:00】 author : 土岐正造
      | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
      放火して焼け太り?
      0
         韓国人の中には、韓国を利用して悪辣に立ち回る日本というイメージが、強固にあるのでしょう。現実には、当時の世界的に見ても真っ当な手続きを踏んでなされた合併で、西洋列強の植民地支配とは比べ物にならないぐらいの平等な植民地経営だったわけですが、自分たちから合併を臨んだとなると被害者ポジションに置けないので、日本は悪辣で強欲であってほしいという願望の投影なのでしょう。現実的には、アメリカから秘密裏に通告されたであろうプランに沿って、泥縄的に動いているだけですが。韓国には放火して焼け太りしてるようにみえるのでしょう。

        【日本の二つの顔…朝鮮半島危機論に火つけ、武装強化名分づくり】ハンギョレ新聞日本語版

        「事態勃発の時は、米国に協力要請」 
        安倍、米軍の北朝鮮投入状況を念頭に置いた発言 
        官房長官も同じく「必要な準備、検討」 
        自民党、北朝鮮基地攻撃能力の要求も


         日本の政府とマスコミが、米国の航空母艦カールビンソン号の接近を契機に、朝鮮半島危機論を煽り立て“安保商売”に積極的に取り組んでいる。

         安倍晋三首相は12日、自民党の拉致問題対策本部を訪れ「さまざまな事態が起こった際には、拉致被害者の救出について米国の協力を要請している」と話した。朝鮮半島で軍事的衝突が起きれば、北朝鮮にいる日本人の救出に乗り出すという意味で、米軍が北朝鮮に投入される状況を念頭に置いた発言だ。

         菅義偉官房長官はこの日「朝鮮半島で在留邦人の保護や退避が必要になった場合を想定し、常日頃から必要な準備、検討を行い、いかなる事態にも対応できるよう万全な態勢を取っている」と話した。前日、日本外務省はホームページに、韓国への滞在・渡航を予定している、またはすでに滞在中の日本人に対して「最新の情報に注意してください」との警告メッセージを上げた。外務省は「現在韓国については直ちに邦人の皆様の安全に影響がある状況ではなく,危険情報は出ておりません」としながらも「北朝鮮は核実験や弾道ミサイル発射を繰り返している」ことから韓国に滞在したり行く予定がある人は最新情報に注目してほしい」と注意喚起した。 
        続きを読む >>
        【2017.04.14 Friday 20:00】 author : 土岐正造
        | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
        レッドチーム入り
        0
           自分が侵略したのだから、相手も侵略したがっているに違いない。心理学で言うところの投影ってやつなのでしょうが、日本では渡航の注意喚起や横須賀の米軍基地祭りの中止、安倍首相周辺の緊迫した動きに、かなり緊張感も高まっているのに呑気なものです。政府が誘導してるのか従北マスコミが煽っているのか、その両方なのか。日本人の大半にとっては、さして興味関心もない島であって、米韓相互防衛条約と日米安全保障条約がある以上、日本が単独で竹島奪回もないです。合意や国際条約を守らない国民には理解できないのでしょうけれど。

          【韓国人の26% 日本による独島侵略を警戒=政府系機関調査】朝鮮日報日本語版

          【釜山聯合ニュース】韓国人のおよそ4人に1人が韓国の領海を脅かす最大の要因は日本による独島侵略の試みと考えていることが分かった。

           政府系機関の韓国海洋水産開発院が13日に公開した海洋水産分野に関する認識調査(全国の成人1000人対象)の結果によると、25.7%が日本による独島侵略の試みを韓国の領海を脅かす最も大きい要因に選んだ。

           次いで外国漁船の違法操業(23.7%)、周辺国との海の境界未確定(19.3%)、海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線問題(12.5%)が多かった。 
          続きを読む >>
          【2017.04.13 Thursday 21:00】 author : 土岐正造
          | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
          歴史戦
          0
             韓国では徴用を『強制徴用』などと、白い白馬のような表現をします。だったら自国の徴兵制も強制徴兵とか表現すればいいのにと思うのですが。韓国では軍艦島こと端島で、アウシュビッツの如き強制労働が行われていたかのようなファンタジー映画が公開前から盛り上がっていますが、そんな事実はないことを、韓国人学者が丹念な資料研究から明らかにしています。李宋薫教授や朴裕河教授などに続く流れなのでしょうが、事実よりもそうあって欲しい妄想のほうが優先される優先される韓国では、弾圧を受けないか心配です。

            【韓国で染みついた「奴隷」イメージ 背景に複雑な賃金計算法 「『意図的な民族差別』事実と異なる」韓国人研究者が結論】産経新聞

             日本統治下で国内の炭鉱などに動員された朝鮮人たちは劣悪な環境で「奴隷」のように働かされた。給与もないか、あっても少額にすぎなかった−。こんな一方的な見方が韓国内では定着している。国際社会でもナチス・ドイツのユダヤ人強制労働と同列であったとのイメージは広がりつつある。

             果たしてこれが「真実」なのかと疑問に思い、終戦前の資料を基に調査を行った韓国人研究者がいる。日本統治が朝鮮半島の近代化に与えた影響を調査する落星台(ナクソンデ)経済研究所の研究員、李宇衍(イ・ウヨン)(50)だ。

             李は賃金支給の実態を無視した研究では、当時の実像をゆがめることになると考えた。炭鉱や金属鉱山で働いた朝鮮人労働者の賃金がどの程度支払われ、日本人労働者との賃金格差はどれくらいだったのか。李は炭鉱会社や業界団体の資料を中心に、朝鮮半島出身者の日本国内での労働状況を丹念に調べた。 
            続きを読む >>
            【2017.04.12 Wednesday 22:48】 author : 土岐正造
            | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
            北爆は4.26〜27か?
            0
               時系列を追いましょう。4日に長嶺駐韓大使帰任、5日に安倍首相とトランプ大統領の電話会談、7日にシリアにミサイル攻撃、7日と8日に米中首脳会談、そして8日に再びシリアにミサイル攻撃、9日に再びの安倍首相とトランプ大統領の電話会談、10日にアメリカの第一空母打撃群が半島に向けて北上。トランプ大統領が本気かどうかはともかく、少なくともブラフをカマしてるのか本気なのか、底意を見せないレベルには動いています。北朝鮮が遠回しにでも戦争回避のメッセージを出さないと、空爆は必至。

              【今、朝鮮半島では戦争小説でも表現できぬ恐ろしい事態が起きようとしている 邦人脱出計画の立案は間に合うか】産経新聞

               しゃべり過ぎる…

               「都民ファースト」を標榜する東京都の小池百合子知事でも、学校法人「森友学園」を一躍有名にした籠池泰典氏でもない。在韓米軍や韓国軍が、唖然とするほど「饒舌」なのだ。

               韓国軍関係者が地元メディアを通し、北朝鮮指導部「除去」を狙った、韓国軍隷下に入らない米軍特殊作戦部隊の動きをリークするかと思えば、在韓米軍が北の大量破壊兵器(WMD)施設破壊を狙った秘密訓練を明らかにする。過去の事例に照らせば、朝鮮労働党の金正恩委員長への「警告」と断言するところだが、日を追って現実味を増す朝鮮半島有事を考えると、もはや「警告」の時期は過ぎた。

               むしろ、机上に並ぶ数多の作戦計画を小出しにし、部隊移動はじめ、慌てて防衛態勢を変える北朝鮮・朝鮮人民軍の動きを釣り出しているのではないか。籠池氏は衆議院予算委員会の証人喚問で、「事実は小説よりも奇なりであります。私が申し上げていることが正しゅうございます」と強弁した。今、朝鮮半島では、戦争小説でも表現できぬほどの恐ろしい事態が起きようとしている。 
              続きを読む >>
              【2017.04.10 Monday 19:55】 author : 土岐正造
              | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
              空母打撃群が北上
              0
                 第一空母打撃群が、朝鮮半島に向けて北上ですか。トランプ大統領と習近平主席との米中首脳会談、始まる前にシリアにミサイルを撃ち込み、会談の最後にさらにシャイラト空軍基地に打ち込みと、「オバマ大統領と自分は違うよ」というメッセージを協力に出し、さらに。先に、強襲揚陸艦による打撃群も南シナ海に展開という情報も流れていて、中国が北朝鮮をきちんとコントロールしないのなら、叩く気満々なところを見せています。北朝鮮は、何らかのメッセージを発しないと、斬首作戦が実行されるでしょう。

                【米空母打撃群が朝鮮半島へ】SankeiBiz

                 【ワシントン=加納宏幸】米太平洋軍のハリス司令官は8日、寄港先のシンガポールからオーストラリアに向かっていた原子力空母カール・ビンソンを中心とする第1空母打撃群に対し、北上を命じた。米海軍第3艦隊(米カリフォルニア州サンディエゴ)が発表した。朝鮮半島周辺で活動し、核開発・ミサイル開発を続ける北朝鮮の挑発に備える狙いがある。

                 ミサイル駆逐艦2隻とミサイル巡洋艦1隻が含まれ、北朝鮮によるさらなる弾道ミサイル発射に対応する。海軍は「空母打撃群はオーストラリアへの寄港をとりやめ、西太平洋で第3艦隊の作戦統制下に置かれる」としている。

                 第1空母打撃群は1月に母港のサンディエゴを出港し、西太平洋に展開。南シナ海で活動し、海上自衛隊と東シナ海で共同訓練を実施。韓国や周辺海域での米韓両軍による定例の合同野外機動訓練にも参加し、オーストラリアへの訪問を予定していた。 
                続きを読む >>
                【2017.04.09 Sunday 21:00】 author : 土岐正造
                | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                大国は半島統一を望まない?
                0
                   マイケル・グリーン米戦略国際問題研究所上級副所長による、統一に対する分析と提言。統一に対して、日本が統一を敬遠というのは、ちょっと甘い分析ですが、それ以外の部分は概ね同意。日本の場合、韓国を半島における唯一の国家と認めて北朝鮮を承認していないため、朝鮮籍の在日という問題が生まれているわけで。これを解消するには北朝鮮を国家と認めるか、韓国による統一が望ましいわけで、半島に対しては統一後の中国傾斜を懸念しても、敬遠したり消極的や絶曲的に妨害することもなかったと思うのですが。

                  【【グローバルフォーカス】強大国は韓国統一を望まない?】中央日報日本語版

                  大韓民国には「強大国は南北統一に反対する」という認識が密かに広まっているようだ。歴史の本、政治談論、世論調査結果を詳しく見てみると、「強大国が韓国を分割し、分断状態の維持を望む」という考えを読み取ることができる。事実だろうか。

                  20年余り前、私は米外交協会(CFR)のために韓半島(朝鮮半島)の未来に対する大型タスクフォースを運営して日本や中国の官僚とともにこの問題について討論したことがある。ジョージ・W・ブッシュ大統領当時、国家安保会議(NSC)に約5年間勤務していた時も、この問題を検討した。各政府はなかなか韓国統一に対する本音を明らかにしない。私は米国・日本・中国側の人々と数百時間にわたって討論した結果、強大国の本音をある程度把握することになった。
                  (中略)
                  日本の立場は変化した。20年余り前、日本の官僚と学者は統一韓国が日本に背を向けると考えて統一を敬遠した。だが、今は北朝鮮の対日ミサイル・核兵器脅威のために多くの日本の官僚と学者は北朝鮮政権の終焉が北朝鮮の脅威と日本人拉致者問題を解決する唯一の方法だと結論を下したようだ。日本人戦略家が提示する主な統一条件は、統一韓国が米国と同盟関係を維持しなければならないということだ。

                  韓国の学者・言論人・政策決定者は強大国が統一に反対するという仮定に慎重に対処しなければならない。米国は統一に反対したことがない。日本の立場は変わった。中国が好む「自主的な統一」もまた、平壌(ピョンヤン)の漸増する挑発のために実験台に載せられた。

                  マイケル・グリーン/米戦略国際問題研究所(CSIS)上級副所長  
                  続きを読む >>
                  【2017.04.09 Sunday 19:00】 author : 土岐正造
                  | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  血の同盟
                  0
                     甘えという概念は日本だけでなく、韓国にもあるようで。北朝鮮や韓国を見ていると、小国意識のコンプレックスで自分を大きく見せたいという願望と、小国だから多少のことは見逃して欲しい・見逃すべきだという甘えを感じることが多々あります。で、中国は北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)を、アメリカは韓国を同盟国として切り離すことで中立化させて、統一を実現し、核武装を放棄させるという考えに傾いているようですが。中立化は絵に描いた餅で、韓国は間違いなく中国傾斜して取り込まれるでしょう。

                    【「米韓同盟」も「中朝」も賞味期限切れだ 「同盟国を捨てる機会」を見計る米中】日経ビジネスオンライン

                     米国と中国が仕切る「朝鮮半島の統一・中立化」は実現するのか。

                    統一による平和

                    ——前回は「米中が協力して朝鮮半島の統一を進めよう」との声が両国であがり始めた、という話でした。

                    鈴置
                    :中国の学者、華東師範大学の沈志華教授の主張を要約すれば「北朝鮮の核問題は小手先では解決しない。『統一』という大技を発動すべきだ。それこそが中国の利益になる」です。

                     米国にも「統一による非核化」を主張する学者が登場しました。カーネギー国際平和財団( the Carnegie Endowment for International Peace)のマイケル・スウェイン(Michael Swaine)シニアフェローです。 
                    続きを読む >>
                    【2017.04.08 Saturday 20:00】 author : 土岐正造
                    | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    エログロナンセンス
                    0
                       こういうときだけ、行動が素早いですね。筒井康隆氏は、自分もファンですし、その着想のぶっ飛んだ部分や文章の上手さ、面白いだけでなく毒を含んだ内容も魅力。そもそも、エログロナンセンスが大好きで作品には糞尿や差別も普通に登場する人ですし、断筆宣言も言論の自由との兼ね合いでの問題提起。「ファンだったけれど失望した、ファン辞めます」云々のリプライを飛ばしてる人は、『時をかける少女』ぐらいしか読んでいないのか、ファンのふりをして抗議してダメージを高めようと言う魂胆に見えてしまいます(主観)。

                      【慰安婦:筒井康隆氏の小説、韓国で販売中止に】朝鮮日報日本語版

                       旧日本軍慰安婦を象徴する少女像を性的に侮辱する衝撃的な妄言を発した日本の小説家・筒井康隆氏の小説『モナドの領域』が韓国国内で販売中止になった。同氏の『時をかける少女』は映画化されており、韓国でも有名な小説家だ。

                       この作品を韓国で販売している出版社は7日、「同氏の文学的成果とは別に、韓日関係や歴史に対する同氏の個人的観点にひどく失望した。作家としてだけでなく、一人の人間としての同氏の態度と資質に対し怒りと悲しみを感じる」として販売中止を発表した。
                      (中略)
                       筒井康隆氏は6日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「ツイッター」に「長嶺大使がまた韓国へ行く。慰安婦像を容認したことになってしまった。あの少女は可愛いから、皆で前まで行って射精し、ザーメンまみれにして来よう」と書き込んだ。

                       これは、釜山の日本総領事館前への少女像設置に反発して日本に一時帰国していた長嶺安政・駐韓日本大使が85日ぶりに韓国に帰任したことに対してつぶやいたものだ。 
                      続きを読む >>
                      【2017.04.08 Saturday 18:00】 author : 土岐正造
                      | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム