Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

政治批評

ホリエモン東京都知事選出馬表明雑感

 これはある種の炎上商法と言うか、本人も当選する気はないでしょうね。NHKを国民から守る会の動きを見て、騒ぎになることが美味しいと思ったのでしょう。過去にも出馬騒ぎはやらかしていますし、どこまで本気かといえば多分本気ではないでしょう。こうやってホリエモンが出馬することによって、小池百合子都知事の方がまだマシと言う認識ができてしまい、小池都知事にとっては有利な状況が生まれるだけでしょう。小池都知事のスタッフとしては、やってくれたぞと小躍りしていることでしょうね。バカバカしい話です。

【小池都知事、堀江氏の都知事選出馬報道に「賑やかなこと」】livedoorニュース
 

東京都の小池都知事は20日午前、記者に「東京改造計画を構想しているホリエモンさんが出馬の準備をしているという報道があるが、ご所感は」と尋ねられ、「とくにございませんけれど、まあ賑やかなこと、という感じ」と笑顔で答えた。(ANNニュース) 

続きを読む >>
  • 2020.05.20 Wednesday
  • 20:00

政治批評

加藤厚労相がWHO総会で台湾に言及

 今回の新型コロナウイルスに伴う世界的な混乱の中で、WHOという本来ならば公正中立であるべき世界的な機関が、中国の言いなりになってしまっているという事実が、明らかになりました。聖蹟な立場の問題はあれ、病気感染症といった問題に対しては、全世界が一致して対応しなければどこか一箇所が蟻の一穴となって、全世界に被害をもたらす危険性があるわけです。にもかかわらず台湾のオブザーバー出席さえ拒否した愚行。これに対して日本の厚生労働大臣が公の場で避難するのは、とても大事なことではないでしょうか?

【加藤厚労相、WHO総会で台湾に言及 コロナ対策「参考にすべき」】産経新聞
 

 加藤勝信厚生労働相は19日、世界保健機関(WHO)の年次総会にビデオ会議で出席して演説した。加藤氏は新型コロナウイルス対策をめぐり「台湾のような公衆衛生上の成果をあげた地域を参考にすべきという指摘もある」と述べ、総会に招待されなかった台湾の名前を挙げつつ、WHOの対応や感染拡大ルートに関する「公平、独立かつ包括的な検証」が必要だと指摘した。

 加藤氏は「1人でも多くの命を救うためには、世界中のあらゆる情報、知見を総動員して対処することが重要だ」と述べ、台湾に言及。そのうえで「特定の地域が取り残されることによる地理的空白を生じさせないことが、各国と世界全体の感染拡大防止という目的にかなう」と強調した。 

  • 2020.05.19 Tuesday
  • 18:00

政治批評

金正恩体制での公開処刑の実態

 朝鮮総連とその背後にある朝鮮学校の人々は、相変わらず日本で授業料無償化しろなどとデモをしていますが。北朝鮮で政府に反対するデモなんかやろうものなら、公開処刑でしょうか。あるいは強制収容所で死ぬまで働かされるか。日本という国が言論の自由のある国で良かったです。今ではすっかり世襲独裁国家としての化けの皮が剥がれてしまいましたが、こんな国をかっては「地上の楽園」などと持ち上げて、新聞は帰国事業を煽りました。そうやって帰国した人々は、この世の地獄の中で亡くなっていたわけですが。

【韓国・文在寅大統領も目をそらせない…金正恩式「公開処刑」の実態】ZAKZAK
 

 韓国政府系の研究機関である統一研究院は11日、「北朝鮮人権白書2020」を公開。白書によると北朝鮮で恣意的かつ頻繁な死刑執行が続いており、こうした実態は国際人権規約(自由権規約)に抵触するという。

 白書は、脱北して韓国入りしてから日の浅い脱北者118人を対象にした面接調査と、北朝鮮の公式文書、北朝鮮が国連人権機関に提出した報告書などを基にまとめられた。昨年に行われた調査のため、証言の多くは2018年以前の事象に関するものだ。 

  • 2020.05.13 Wednesday
  • 20:00

政治批評

AppleがLED工場に360億円投資

 ミニLEDとmicroLEDとミクロLEDと、各媒体で表記に混乱が見られているのですが。Engadget日本語版が、ミニLEDは液晶ディスプレイのバックライトにLEDを用いた技術のことで、極小LEDを用いた高密度高細精な物がミクロLEDと、明確な定義をしています。紛らわしいので、自分はmicroLEDを今後も使う形にしますが。どちらも重要な技術なので、AppleとしてはLED生産のメーカーに360億円もの巨額投資をしたようです。いよいよ来年からmicroLEDの時代が来そうですね。

【14インチMacBook Proや新iPad miniへの布石か。アップルがミニLEDとミクロLED工場に360億円投資】Engadget Japanese
 

アップルは複数のミニLEDやミクロLED搭載製品を準備中とみられていますが、それを裏付ける新たな噂が報じられています。台湾の業界メディア経済日報によると、アップルは台湾の新竹サイエンスパーク(新竹化学工業園区/台湾のシリコンバレーと呼ばれる地域)に約100億台湾ドル(約360億円)を投資する予定とのことです。さらに台湾を拠点とするサプライヤーのEpistarおよびAU Optronicsと協力して新工場を建設し、ミニLEDとミクロLEDディスプレイを製造すると伝えられています。

ミニLEDとミクロLEDはどちらも新世代のディスプレイ技術ですが、名前は似ていても異なるものです。 

  • 2020.05.12 Tuesday
  • 21:00

政治批評

立憲民主党福山哲郎議員の無礼と朝日新聞

 これが野党第一党の幹事長なのですから、呆れ果てます。自分も医学には疎かったのですが、この尾身茂博士は感染症に関しては世界的に活躍された人物で、Wikipedia などの簡単な情報を見ただけでも、大変な実績だというのが分かります。なので、自分のTwitterのタイムラインを見ても思想の左右に関係なく、立憲民主党の福山哲郎議員に対する批判の声が溢れています。野党も左派マスコミも、PCR検査の数や感染者数に異常にこだわりますが、全く意味がないことなのにまだ理解してないようで。

【【詳報】感染者の実数「10倍、20倍か…」誰も知らず】朝日新聞
 

 11日午前に衆院、午後には参院で予算委員会の集中審議が行われ、安倍晋三首相らが答弁に立ちました。新型コロナウイルス感染拡大で緊急事態宣言が延長された中での新たな生活支援策や「出口戦略」のほか、検察庁法改正案をめぐっても論戦がかわされました。タイムラインで速報し、記者が解説します。 

  • 2020.05.12 Tuesday
  • 18:00

政治批評

文在寅大統領と安倍総理の温度差

 韓国には小国というコンプレックス、はっきり言えば僻み根性があります。別にこれは韓国に限らず、中国という東文化を代表する超大国の周辺国家には、普遍的にあるものです。日本はもちろん、ベトナムなどでも。日本という国号自体が、対中華のコンプレックスの表れですね。ただ日本やベトナムは、中国と戦争をして勝った経験があるため、そのコンプレックスは払拭された側面があります。しかし韓国の場合は、中国や日本、現在の事実上の創始国であるアメリカに対しても、拭い難いコンプレックスがあります。

【「防疫で世界を先導」と胸を張る文在寅、「反面教師に」と冷ややかな安倍晋三】デイリー新潮
 

 韓国の素晴らしい防疫体制に世界は学べ――との主張は正しいのだろうか。韓国観察者の鈴置高史氏が実態を解き明かす。

大邱を武漢と同列に扱う

鈴置:安倍晋三首相が「韓国の防疫の失敗を反面教師にしたい」との趣旨で発言しました。4月29日、参議院の予算委員会で白眞勲議員の「新型肺炎に関し、韓国とはどう協力するのか」との質問に対し、以下のように答弁したのです。 

  • 2020.05.11 Monday
  • 20:00

政治批評

検察庁法改正に抗議の裏に朝日新聞と福島瑞穂夫妻?

 朝日新聞が嬉々として報じていますが、どうやら400万人弱が参加したtwitterでモというのは誇張で、実際は捨てアカウントや連続トークを利用した工作で、実際は16万人ぐらいではないかという指摘さえ、出始めています。基本的に引用ツイートした人もいるでしょうから、実数はさらに低くなる可能性が高いです。そして今回のバカ騒ぎ、どうも一般人のつぶやきに火がついたというのではなく、広告代理店や社民党福島瑞穂党首夫妻の関与があるのではないかという疑惑が……。

【検察庁法改正に抗議、ツイッターで470万超 著名人も】朝日新聞
 

 国会で審議が始まった検察庁法改正案への抗議が、ネット上で急速に広がっている。政府の判断で検察幹部の定年を延長できる規定が「人事や捜査への政治介入を招く」と問題視され、ツイッター上では9日夜から10日朝にかけ「#(ハッシュタグ)検察庁法改正案に抗議します」という投稿が相次いだ。コロナ禍が続くなか成立を急ぐ姿勢にも反発が出て、リツイートも含め、その数は10日夜までに470万件を超えた。
(中略)
 8日夜に、ハッシュタグを含んだ最初のツイートを投稿したのは東京都内の会社員女性(35)。もともと政権に強い不満があったわけではないが、新型コロナウイルス騒ぎが見方を変えた。「みんなが困っているのに対応できていない。そういう政府の思うままになったら危ないと思った」

 街頭デモの強い口調には違和感があり、冷静に議論できるようにハッシュタグの言葉づかいを選んだという。「こんなに広がるとは思わなかった。政治家たちがこれでも無視して強行採決をしたら、本当に恐ろしい国になる」と話した。 

  • 2020.05.11 Monday
  • 18:00

政治批評

李容洙さんは偽慰安婦?

 挺対協と慰安婦の泥仕合が、いかにも韓国らしい展開を迎えています。金が絡むと、中国人や韓国人はかなり利己的になり、その文化に日本人は戸惑うのですが。九族皆殺しの族誅もある大陸文化と、大国に翻弄されて事大主義にならざるを得ない半島の文化と、村社会の島国の文化はやはり違うのです。尹美香代表のこの発言は、李容洙さんが慰安婦などではなく、偽物だと間接的に言っているわけです。もっとも慰安婦たちの証言のおかしさから、挺対協the 囲い込んだ慰安婦の多くが偽物であろうと歯石はとっくにされています。

【「共に市民党」公認漏れ団体が李容洙さんをけしかけたって?】朝鮮日報日本語版
 

 「共に市民党」の尹美香(ユン・ミヒャン)当選人は8日、フェイスブックに、慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんに関して「1992年に申告の電話をしていたとき、私が事務室で電話を受け、蚊の鳴くほどの声を震わせながら『私は被害者じゃなくて、私の友人がね…』と言っていたあのころのあの状況を、つい昨日のことのように覚えている」と書き込み、さらに「そしてほとんど30年を共に歩んできた」とつづった。2人は1992年に挺対協(挺身隊問題対策協議会。正義記憶連帯の前身組織)で出会い、「日本軍慰安婦問題解決」を目標に、共に活動してきた。しかし募金の用途などを巡って互いに違うことを言い、関係は最悪の方向へと進みつつある。

 韓国政界でも関連の攻防が続いた。市民党の禹希宗(ウ・ヒジョン)共同代表は、ラジオで「李さんの周囲にいるチェ氏という方によって(李さんの)記憶が少しゆがめられているようだ」と語った。禹共同代表が言及したチェ氏とは、慰安婦問題関連の活動を行ってきたチェ・ヨンサン氏を指していると解釈されている。チェ氏は「行こう平和人権党」の代表で、同党は市民党の比例代表公認から排除され、比例党連合を離脱した。市民党では、これに不満を抱いたチェ代表が今回の記者会見をけしかけたとみている。これについてチェ代表は「(李さんが)随分前から胸の内に収めておいたことをぶちまけただけ」と語った。 

  • 2020.05.10 Sunday
  • 20:00

政治批評

金正恩氏の動静報道の疑惑

 金正恩世襲三代目将軍様が姿を現し、死亡説の打ち消しに躍起になっていますが。いくら久しぶりの登場とはいえ、何か印象が違いませんか? 影武者感があると言うか、影武者そのものと言うか。そもそも、なんか耳の雰囲気が違う気がするんですけれどね。先代の金正日将軍様は、影武者は四人ほどいたという指摘があります。もっと多いという指摘もありますが、写真などの比較検証をすると代表的な影武者は四人だったようです。こちらも2008年に倒れたらしいのですが、発表は3年後でしたね。

【金正恩氏、3週間ぶりに動静報道 北朝鮮メディア】日経新聞
 

【ソウル=細川幸太郎】北朝鮮のラジオ放送局、朝鮮中央放送は2日、健康不安説が出ていた金正恩(キム・ジョンウン)委員長が1日の工場竣工式に参加したと報じた。同氏の動静が伝えられるのは4月11日の朝鮮労働党の政治局会議への出席以来3週間ぶり。米メディアなどが「重篤な状況にある」と報じてから消息に注目が集まっていた。

北朝鮮西部の平安南道で1日に開かれた農業肥料工場の竣工式に参加したと報じた。朝鮮中央通信の詳報によると、竣工式には金正恩氏のほか党や軍の幹部、建設者、労働者など多数が参加したという。金正恩氏自らテープカットに参加し、群衆に手を振ったと伝えている。 

  • 2020.05.02 Saturday
  • 18:00

政治批評

玉城デニー沖縄県知事が自衛隊に災害派遣要請

 こういうニュースをわざわざ報じるところが、産経新聞らしいといえば産経新聞らしいですが。日頃は米軍基地に対して、批判的な言動を繰り返している玉城デニー沖縄県知事ですが。こういう緊急事態では陸上自衛隊の力を借りる。別にそれ自体は人命優先ですから、何の批判もないのですが。県外の人間からしてみると、何やら腑に落ちない感じがしてしまいますよね。それとこれとは話が別だと、噛みついてくる人もいるでしょうけれど。いやですからそれは重々承知しています。でもモヤモヤが残りますよね、という話。

【沖縄知事が陸自に災害派遣要請 新型コロナ軽症者搬送】産経新聞
 

 沖縄県の玉城デニー知事は23日、新型コロナウイルスに感染した軽症患者を病院から軽症者向け宿泊施設に搬送するため、陸上自衛隊第15旅団(那覇市)に災害派遣を要請した。期間は23日から30日まで。玉城氏は23日の記者会見で「保健所や民間事業者による搬送手段の確保が困難となるため、要請することにした」と説明した。

 玉城氏はまた、新型コロナに感染して入院していた県中部の70代女性が22日に死亡したと発表した。県内での死者は4人目。県内では新たに2人の感染も確認され、感染者数は132人に上った。 

続きを読む >>
  • 2020.04.27 Monday
  • 20:00