★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
ラオスでダム決壊
0
     日本でも水害が続いているだけに、痛ましい事故です。他の情報を見ると、どうやら人災の可能性も……。いくら水量がすごくても、ダムが決壊するとか、事前の調査や見積もりが甘すぎます。地形的に、どれぐらいの水量がくるかは見極めは出来るはずですし、東南アジアの比較的平坦な地形的に、そう難しい地形ではないと思います。貯水量を超える前に放水するのは難しいのは日本も同じですが、ここら辺の情報も、オイオイ出てくるでしょう。一人でも多くの方が助かると良いのですが。

    【ラオスでダム決壊、数百人不明…大雨で貯水限界】読売新聞


     【ハノイ=田中洋一郎】ラオス国営通信は24日、ラオス南部アッタプー県で23日夜、建設中の水力発電所のダムが決壊し、濁流にのまれて数百人が行方不明になったと報じた。建設に参加しているタイの電力会社は、大雨で貯水量が限界を超えたのが決壊の原因とみている。

     国営通信によると、複数の村が鉄砲水による被害を受け、約6600人が家を失った。すでに数人の死亡が確認されたという。ダムはメコン川の支流に建設中だった。韓国やタイの企業が参画する共同企業体が建設を手掛けていた。 
    続きを読む >>
    【2018.07.25 Wednesday 21:00】 author : 土岐正造
    | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
    横浜病院連続殺人事件の闇
    0
       殺した理由が、自分の担当勤務時に死ぬと、遺族への説明が面倒だったので、先に殺してしまおうという、実に短絡的な犯行です。でも、自分の担当勤務時間に被らないように、タイミングを計る周到さはあるわけで。しかも、現時点ではまだ容疑ですが、不審死した患者は20人以上。何やら、知的障害者を大量に殺害した元職員の、相模原障害者施設殺傷事件を思い出します。どうせ死ぬなら自分に不利益が来ないようにという発想が、この人たちは生きていても意味は無いから善意で殺してあげようという発想。

      【元看護師の女を逮捕 任意聴取には「別の患者にも入れた」】産経新聞


       横浜市神奈川区の大口病院(現・横浜はじめ病院)で平成28年9月、点滴を受けた男性入院患者2人が中毒死した連続殺人事件で、うち死亡した男性患者1人の点滴袋に異物を混入し殺害したとして、神奈川県警は7日、殺人容疑で当時病院で勤務していた看護師の久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)を逮捕した。久保木容疑者は2人を含む4人の点滴への薬品混入を認めていることが判明。病院内で入院患者が相次いで中毒死するという特異な事件は、発覚から約1年10カ月を経て急展開を迎えた。

       調べによると、久保木容疑者は入院していた西川惣蔵(そうぞう)さん=当時(88)=の点滴袋に、医療器具の殺菌などに使う消毒液「ヂアミトール」を混入し、殺害したとしている。

       久保木容疑者はこれまでの県警神奈川署捜査本部による任意聴取に関与を否定していたが、一転、先月末に西川さんら2人の殺害について認めたほか、「別の患者にも(消毒液を)入れた」と供述。事件前に死亡した男女2人からも、ヂアミトールに含まれる界面活性剤の成分が検出されていた。 
      続きを読む >>
      【2018.07.09 Monday 21:00】 author : 土岐正造
      | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
      松本智津夫死刑囚の死刑執行
      0
         速報が入ったばかりですが、どうやら他の弟子の死刑囚も同時に死刑執行されているようですね。また改めて、情報が出そろってから書きますが。オウム真理教の関係者で死刑囚は13人。最高裁で死刑が確定したモノは、まとめて執行ということなのでしょう。地下鉄サリン事件が1995年、坂本弁護士一家殺害事件が平成元年の1989年ですから、本当に長い時間が掛かりましたが、平成という時代が終わる前に、ケジメを付けたということでしょう。未だに信仰を維持している信者は、空中浮遊で死刑を逃れられなかった教祖に、何を思う?

        【麻原死刑囚の死刑執行 オウム事件で初】産経新聞


         松本・地下鉄両サリン事件などで計29人の犠牲者を出した一連のオウム真理教事件をめぐり、死刑が確定していた教祖の麻原彰晃(しょうこう)死刑囚(63)=本名・松本智津夫(ちづお)=の死刑が執行されたことが6日、関係者への取材で分かった。教団が起こした事件の死刑囚は計13人おり、執行は初めて。

         確定判決によると、麻原死刑囚は(1)平成元年11月、教団に反対の立場を取っていた坂本堤弁護士=当時(33)=ら家族3人を横浜市の自宅で殺害(坂本弁護士一家殺害事件)(2)6年6月、長野県松本市でサリンを散布し7人を殺害(松本サリン事件)(3)7年3月、東京都心を走る3路線5方面の地下鉄でサリンをまき12人を殺害(地下鉄サリン事件)−などの凶悪事件を次々に起こした。

         麻原死刑囚はこの3事件を首謀。このほかの事件を含め13の事件で計26人を殺害、1人を死亡させた。松本サリン事件と地下鉄サリン事件では、後に被害者が1人ずつ死亡。一連の事件での死者は29人に上っている。 
        続きを読む >>
        【2018.07.06 Friday 09:00】 author : 土岐正造
        | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
        MOMO2号機、墜落
        0
           ホリエモンロケットの名称で報じられていますが、出資者ですからね。これ、半径600メートルは立ち入り禁止のようですが、こういう落ち方をすると怖いですね。観衆の上に墜落して炎上したら大惨事に。ウチの地元には内之浦のロケットセンターがありますが、小学生の頃に打ち上げを観に行きましたが、かなり遠い位置でないと見学できませんでした(打ち上げのロケット雲自体は小学校の校庭から見えたりしました)。世間的には垂直落下式とか笑いのネタになってるんですが、自分は動画を見て怖かったです。

          【ホリエモンロケット2号機が炎上、打ち上げ直後に落下】朝日新聞


           元ライブドア社長で実業家の堀江貴文さんが出資する宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズ(IST)の小型ロケット「MOMO」2号機が30日朝、北海道大樹町から打ち上げ直後に落下、炎上した。けが人などは確認されていないという。

           MOMO2号機は、全長10メートル、重さ1150キロ。同社によると、午前5時30分に同町の海岸近くに設けられた射場から打ち上げ直後、機体が地面に落下、炎上した。破片が飛び散る可能性もあるとして、社員らは射場から約600メートルの指令所から避難したという。同社は状況を確認し、説明する予定。

           同社は小型衛星の打ち上げロケットの開発を目指すベンチャー企業で、前身の会社は2003年に設立された。MOMOは、市販の電子部品を使うなど、低コスト化を図り、民間企業が独自開発したロケットとして、国内初の宇宙空間(高度100キロ)到達を目指していた。 
          続きを読む >>
          【2018.06.30 Saturday 20:00】 author : 土岐正造
          | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
          強気の北朝鮮の本音
          0
             北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は時間稼ぎに成功した、日本は蚊帳の外でしてやられたと言い募る人がいます。中国や韓国はなんやかんやと理由を付けて、経済制裁破りに走ろうとする雰囲気が見えます。ですが、そこで北朝鮮が時間稼ぎに成功したと思えるのは、オバマ政権での話。現実的には、トランプ政権への攻撃の口実を与えるだけで、アメリカは空爆や斬首作戦のオプションを、放棄していません。たぶんこのまま行けば、年内にも北朝鮮は決断を迫られるでしょう。

            【「拉致問題」で強気の北朝鮮、実は窮地に追い込まれていた 日本は焦る必要まったくナシ】現代ビジネス


            拉致解決なくして経済支援なし

            核とミサイルをめぐる米国と北朝鮮の交渉が進む中、日本人拉致問題はどうなるのか。北朝鮮の国営メディアは相変わらず、日本批判を繰り返している。だが、私は逆に、北朝鮮が追い込まれつつある、とみる。

            北朝鮮の国営メディア、朝鮮中央通信は6月25日、日本について「日本は平和と安全に関する野心を正さなければ、日本が無視されるという結末が避けられないということに気付くだろう」と指摘した。

            これに先立って、同じく国営メディアの平壌放送は15日、拉致問題に触れて「日本はすでに解決された拉致問題を引き続き持ち出し、自らの利益を得ようと画策した」と報じた。表向きは「拉致問題は解決済み」というのが、北朝鮮の公式スタンスである。

            だが、はたして本当にそうか。 
            続きを読む >>
            【2018.06.29 Friday 21:00】 author : 土岐正造
            | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
            ASIMO撤退報道は誤報
            0
               ホンダがASIMOから撤退し、研究開発チームも解散と聞いて、ガッカリしたんですが。ああ、ホンダもSONYと同じ轍を踏むのか……と。SONYのAIBOと違って、ASIMOは特定の目的や利益を追求するのではなく、そういう研究を通して得られた知見を、他の製品に応用するという、目先の利益ばかり追う経団連の社長たちに聞かせてやりたくなるような、ホンダらしい技術追求の製品でしたから。でも、どうやらコレはNHKの誤報のようです。そもそも、ヒューマノイド開発チームは解散していないし、規模縮小もしていないと。

              【「ASIMO開発終了」報道 ホンダ「ヒューマノイドロボの開発は続ける」】ITmedia


               本田技研工業(ホンダ)が2足歩行ロボット「ASIMO」の開発を終了したと、NHKニュースが6月28日付で報じた。同社広報部はこの報道について「ASIMOという名称になるかは分からないが、ヒューマノイドロボの開発は続ける」とコメントした。

               NHKは28日、「ホンダがASIMOの開発をすでに取りやめており、研究開発チームも解散した。より実用的なロボット技術の開発に力を入れる方針で、転倒防止機能をもつバイクや、介護を支援する装着型のロボットの開発を進める」などと伝えた。

               ホンダの広報部はこの報道について「ASIMOという名称になるかは分からないが、ヒューマノイドロボの開発は続ける。『ASIMO開発チーム』という名のチームはもともとなく、ヒューマノイドロボット開発チームがASIMOを開発していた。ヒューマノイドロボ開発チームは解散しておらず、規模縮小もしていない」とコメントした。 
              続きを読む >>
              【2018.06.29 Friday 18:00】 author : 土岐正造
              | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
              新幹線で通り魔
              0
                 コレはもう、新幹線で手荷物検査とか難しいですし(可能だという人もいますが、本数やら運行状況を見ていたら先ずムリ)。犯人について、情報がさっそく上がっていますが、どうもコミュニケーション障害っぽい感じですね。親元を飛び出し、身を寄せていた伯父の家も飛び出して、自殺を仄めかす発言をしていたようです。津山三十人殺しの昔からある、自暴自棄になった人間の、巻き込み殺人ですね。池田附属小学校での児童殺傷事件や、秋葉原の無差別殺人事件とも、構造はいっしょです。

                【刺され男性死亡 22歳男を逮捕「誰でも」】毎日新聞


                 9日午後9時50分ごろ、神奈川県内を走行中の東京発新大阪行きの東海道新幹線「のぞみ265号」(16両編成)内の男性乗客から「包丁を持った男がいる。1人がけがをしている」との110番があった。新幹線は緊急に小田原駅で停車し、駆けつけた県警小田原署の署員が、切りつけたとみられる男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。3人が刺されて小田原市内の病院に運ばれ、男性1人が首の右側を切られて死亡し、20代とみられる女性2人が頭や肩に重傷を負った。

                「むしゃくしゃしていた」

                 男は自称・愛知県岡崎市蓑川町、無職、小島一朗容疑者(22)で、小田原署の調べに「むしゃくしゃしていた。誰でもよかった」と容疑を認めているという。 
                続きを読む >>
                【2018.06.10 Sunday 18:00】 author : 土岐正造
                | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
                ラノベ出荷停止の雑感
                0
                   朝日新聞らしいですね。声優への殺人予告があった点を、会員登録せずに読める部分には置いていませんね。読めない部分に書いてあるのかもしれませんが、バカバカしいので登録してまで読みません。ここら辺の問題は、深く掘っていけば太宰治とか檀一雄とか、私生活に問題がある作家の作品も出荷停止にするのかという話ですし、現役作家でも左派から見たら石原慎太郎氏や百田尚樹氏はどうなんだということになります。また、殺人犯の手記や著書は過去にも大量に出版されています。

                  【アニメ化決定のラノベ、出荷停止 原作者が差別ツイート】朝日新聞


                   アニメ化が決まっていたライトノベル「二度目の人生を異世界で」の原作者が、中国や韓国に対する差別的な発言をしたとして、出版元のホビージャパンは6日、これまでに刊行された計18巻を出荷停止にすることを決めた。アニメの公式サイトも、放送及び制作の中止を発表した。

                   5月下旬のアニメ化発表後、過去に原作者の「まいん」氏がツイッターに、「中国人が道徳心って言葉を知ってたなんて」「日本の最大の不幸は、隣に姦国という世界最悪の動物が住んでいること」などと投稿したとネット上で指摘された。ホビージャパンはこれらが事実と認め「作品の内容とは切り分けるべき事項ではありますが、著者が過去に発信したツイートは不適切な内容だった」とのコメントを6日に発表した。投稿はすでに削除されている。

                   まいん氏は5日、ツイッターに「事実関係を正確に把握せず、深い考えもなく行った発言ではありますが、行きすぎた内容であったことを深く反省しており、不快に思われた皆さまのお許しを頂けるとは思っておりませんが、心より謝罪させて頂きたい」などと投稿した。ホビージャパンの担当者は朝日新聞の取材に「差別を助長する意図はなかったが、表現的に無視ができない内容だった。多くの人の心情を害したと認識している」と述べた。 
                  続きを読む >>
                  【2018.06.07 Thursday 20:00】 author : 土岐正造
                  | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  振り込め詐欺撃退器の効果
                  0
                     コレは大きいですね。どこまでの機能があるのかわかりませんが、例えば登録してある友人知人からの電話番号には反応しないけれど、知らない番号からには通告すると、振り込め詐欺犯グループには痛手。声が録音されて、テレビやラジオでこの声に聞き覚えがないかと周知させれば、警戒もするでしょうし、犯人グループの声によく似た知人に気付く人間もいるでしょう。高齢者の家庭用に、最初からこういう機能を内蔵した電話とか、需要がありそうな。日本人のお人好しな部分につけ込んだこういう詐欺は、本当に不愉快です。

                    【詐欺撃退機器で「不審電話なくなった」9割超に】読売新聞


                     オレオレ詐欺などの特殊詐欺被害を未然に防ぐため、栃木県警が2015年5月に高齢者に貸し出しを始めた「特殊詐欺撃退機器」を利用する世帯で、特殊詐欺被害が一件もなかったことが、県警の調査でわかった。

                     9割を超える人が「不審な電話を受けなくなった」と回答しており、県警は「特殊詐欺被害の防止に一定の効果があった」としている。

                     撃退機器は、固定電話機に取り付けると、呼び出し音が始まる前に「振り込め詐欺など犯罪被害防止のため会話を自動録音します」と発信者に警告が流れる仕組み。詐欺犯は声や話し方の特徴が記録されて捜査されるのを嫌うため、自ら電話を切ってしまうという。 
                    続きを読む >>
                    【2018.05.30 Wednesday 23:00】 author : 土岐正造
                    | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    最新型機『HondaJet Elite』を世界初公開
                    0
                       三菱リージョナルジェットが停滞する中、ホンダジェットは好調です。でも、エンジンは共同開発としてアメリカでの認可を早め、ある意味で実よりも名を取った部分もあるのですが。でも、おかげで小型機の分野というニッチではトップに立ち、景気の良い話が聞こえてきます。ホンダも、さらに改良を加えて、燃費や静音などに工夫を加えています。これが、バイクで一世を風靡したカブのような存在になれるなら、将来的にはより大型のジェット機が製造できて、三菱に対抗できるでしょう。

                      【新型「ホンダジェット」発表、その名も「Elite(エリート)」 ホンダ】乗りものニュース

                      航続距離、客室静粛性、離着率時の安定性などが向上

                       ホンダの航空機事業子会社であるHACI(ホンダエアクラフトカンパニー)は、スイス・ジュネーブ時間2018年5月27日(日)、小型ビジネスジェット機「HondaJet」の最新型としてアップグレードした「HondaJet Elite(エリート)」を世界初公開しました。

                       5月28日(月)から31日(木)まで開催の欧州最大のビジネス航空ショー「EBACE2018(2018 European Business Aviation Convention & Exhibition)」に先行して開かれた発表会で公開しました。

                      「HondaJet Elite」は、主翼上面のエンジン配置形態や自然層流翼型、自然層流ノーズ、一体成型複合材胴体などの技術を従来の「HondaJet」から継承。さらに複数の最新技術と装備が加えられています。 
                      続きを読む >>
                      【2018.05.29 Tuesday 20:00】 author : 土岐正造
                      | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム