Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

Apple

WWDC2009のまとめ

 直前になって、自宅の無線LANに接続できなくなるという、最悪の状況でした。仕方ないので、iPhoneで速報サイトを見ていました。開発者向けのイベントですから、それほど派手なハードの発表は期待していなかったですが、11インチMacBook Airも大型iPod touchもなし。iPhone 3GSの登場と、MacBook Airの価格改定、MacBook Proの刷新と。噂にあった、MacBookとMacBook Proの棲み分けに関しては、アルミボディで統合し、ポリカーボネイトをMacBookとする形でした。

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/09/007/index.html

 それでは、個々の内容について簡単にまとめます。

【MacBook ProとMacBook Air】
 Appleの高級機種路線を明確にするためか、廉価なMacBookはポリカーボネイト筐体のみの昔に戻り、13・15・17の3ラインナップに。だったらMacBookの方に11インチ版とか15インチ版とかを追加して欲しかったですね。でもMacBook Pro自体はSnow Leopard時代を睨んだ、かなりのレベルアップです。昔は、PowerBookはPower Macの代替となりうるマシンパワーということを標榜していたんですが、最近はだいぶ差がついていました。しかし、3GHz越えのCPUに8GBのRAM、バッテリー駆動時間のアップにSDカードスロットの追加に価格も下がっています。

バッテリーは内蔵型ということに統一されました。ここら辺は賛否が分かれるところでしょうけれども、どのみちバッテリーの予備を持って行くのなら、汎用性の高いサードパーティー製外付けバッテリーを持って行けばいいし。MacBook Airの値下げは、日本でも実売価格がずいぶん下がっていたので、事前の噂通りです。現在のレートを考えると日本での価格はもうちょっと安くても良いと思うのですが、1499ドルという価格はますますバリューは高くなったな、と。Adamo涙目(笑)。


【Snow Leopard】
 発売は9月頃、アップグレード価格が29ドルでファミリーパックの場合は49ドルと、Leopardユーザーとしてはありがたいです。でもサポートがIntel Macのみとなり、我が家のPowerPC搭載マシンはついに過去の遺物に。まぁ、非情なAppleらしいですけどね。奮いマシンを未だに使ってるユーザーの、買い換え需要を狙ってるんでしょう。まぁ、メインのiMacはSnow Leopard、Mac miniはLeopard、PowerBookG4はTigerと、我が家は三世代OSが同居ということで、宜しいのではないかと。


【iPhoneOS 3.0】
 3G通信での映画やテレビ番組の購入に対応のようですね。まぁ、これは日本ではそれほど需要がないので関係ないか。テザリングに関しては、ちょっとありがたいですね。SoftBankMobileには負荷アップで嫌でしょうけれども(未対応の可能性大)。ファイヤーウォール対応もありがたいですが、紛失したときにMobileMeユーザーならば『Find my iPhone』機能で発見したり、場合によってはリモートでデータ消去というのは、自分のような粗忽な人間にはありがたいです。


【iPhone 3G S】
 本日のメインエベンター。アプリの起動時間とか、サイトの表示時間とか、かなり高速になったようですね。まぁ、ここら辺の2倍とかいう数字は、実際に使ってみないと難しいんですが。事前の噂通り、300万画素のカメラを搭載して、オートフォーカス。個人的には高額ズーム機能書きになるのですが、特に言及はなかったようです。オートフォーカス&自動マクロ撮影機能はあるらしいので、性能的にはかなりアップしているでしょう。使い勝手はかなりアップしていますね。

デジタルコンパスやNike+のサポートも想定内。バッテリーがWeb閲覧なら9時間・動画再生なら10時間・音楽再生なら30時間に寿命アップとのことですが、これは事実なら素晴らしいですね。個人的には、音声認識機能が日本語でサポートされるかどうかが気になりますが、たぶん英語だけなんでしょうね。でも、視覚障害者用にVoiceOver機能とか、いろいろとバリアフリーに気を遣っているようですね。将来的にはそこら辺、もっと機能がアップすれば良いんですが。

そして、噂の4GB版はなかったですが、現行と同じ8GB版が99ドルと、予想で多かった149ドルよりも安い99ドル。カメラ機能とかスピードにそこまで重点を置かない人なら、購入して損はないのではないかと。日本ではいくらになるのかわかりませんが、さらなる価格値下がりで、ユーザーを拡大しそうですね。アメリカでは6月19日から、日本では6月26日から発売です。16GB版が実質0円キャンペーンなら、8GB版はキャッシュバック付けてくれるんでしょうかね。たぶん、8GB版が実質0円になって、新しい16GBと32GBは、現在よりもちょい高い価格で発売ってところでしょうか。
  • 2009.06.09 Tuesday
  • 06:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.09.17 Tuesday
  • 06:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
iPhoneは、Appleらしい、絶妙のマーケティングですね。噂されていた4GBは容量が少なすぎるので、元々ないと思っていました。安物だと思われて、中国でも売れないでしょうね。今回のラインアップなら、最近買ってしまった人も早まったとは思わないでしょうし、一年近く使った人には買い替えの誘惑が強くなる値段とパーフォーマンスですね。かく言う我が家も、私の16GB Whiteはそのままで、家内の8GB Blackを新しい3G Sの16GBに買い替えたくなってきましたね。今の8GBは娘にあげればいいし、そろそろ二台持ちはやめてiPhoneに一本化すれば、月々の料金もあまり変わらないし。早速こちらの販売店に聞きにいかなくっちゃ!
  • kiza
  • 2009/06/09 9:54 AM
SoftBankMobileが、2年契約の人でも1年たっているなら割安でアップグレード……なんてプランを用意してくれれば嬉しいんですが、まぁ無理っぽいですね(笑)。今のiPhoneには充分満足していますので、もう1年我慢して64GB版が登場するまで我慢します。うう、つらい……。

その頃には、カメラの機能ももうちょっと上がっているでしょうし、ひょっとしたらデザイン的にも大きく変わっているかもしれないし(モニターのサイズはいっしょでしょうけれども)。しかし、これで26日の日本発売までに駆け込み需要があるのか、それとも買い控えが起きるのか、ちょっと興味がありますね。下手したら、発売週は1・2・3位をiPhoneが独占したりして。行くか、100万台!?
詳細ありがとうございました。
MacBookファミリーですが、やはりFireWireは外せなかったのでしょうね。以前書きましたが中古Mac売り場にあったFW付きのMBが2.3日でキレイにはけてたこともあったし。
あとポリカーボネートの筐体は捨てがたかったのかも知れません。
ExpressCardスロットが17インチタイプにしかついてないということは、これはあまり重要なインターフェイスでないのでしょう。
SnowLeopard、いろんなアプリケーションやドライバなどが対応せえへんとなぁ。
まぁ、私らしろうとは土岐様始めとするヒトバシラーの方々にいろいろバグを出してもらってからでいいからゆっくりと(滝汗)

ところで、次期OSの10.7についてのアナウンスが、そのコードネームすらなかったですね。ということは10.7は結構時間を取るということに。

P.S. 遅ればせながら「世界の王朝興亡史」やっと購入しました、読んでる最中です。
  • がてう
  • 2009/06/09 10:45 PM
なんだかんだ言って、ポリ筐体は成形や着色で自由度が高いですし、いくら高級志向のApple製品とはいえ、入門機としての位置付けとしては外せないですし。

自分は、カードスロットってほとんど使わないんですよね。使う人には重宝なんでしょうけれども。そういう意味では、SDカードスロットのほうが、便利は良いでしょうし、それ以上にFireWire800を復活させてくれたことはありがたいですね。たぶん、次にMacを買うとしたら、MacBookですかね。できれば、15インチMacBookも出したら、大ヒット確実だとは思うんですが。

個人的には、Apple信者は人柱になるのを厭わない人が多いですね。それはたぶん、人柱になった人間へのリスペクトがあるからでしょうね。新型iPhoneは微妙ですが、Snow Leopardは人柱になる準備万端です。そのために、最初からHDDにパーテ切ってありますので。Snow Leopardは大進化と小進化が融合した形なので、10.7は逆に64bitの先にある物を見据えた方向性を考えないといけないので、かなりジックリ腰を据えた物になりそうな。

本のご購入、ありがとうございます。知り合いが続々と購入してくれていて、ありがたい限りです。重版がかかってくれると嬉しいのですが。
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback