Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

iPhone & Apple Watch

iPhone用音声対応和英・英和・国語辞書アプリ(無料)

 おお、これは便利そうだしかも無料だしと思ってさっそくApp Storeにアクセスしたら、残念ながら現在はオフラインになっていて、ダウンロードできません。いったい何が問題でオフラインになったのか。ただのバグ発見でダウンロードを中止したのか、それともApple側の半段でダウンロードを差し止めたのか。前者なら良いのですが、後者なら残念ですね。iPhoneアプリも、六法全書が無料とか、無料でいろいろ出てくるので、有料版の辞書とか発売している会社としては、差別化が難しいですね。

【音声対応、しかもフリーなiPhone用和英/英和/国語辞書アプリが登場】マイコミジャーナル

Beijing Kingsoft Softwareが、iPhone向けの音声対応辞書アプリ「Kingsoft Dictionary Basic (JPN)」をリリースした(25日12時現在はオフライン)。対応デバイスはiPhoneとiPod touch、動作環境はiPhone OS 2.1以降。App Storeから無償ダウンロードできる。

Kingsoft Dictionary Basic (JPN) は、オフィススイートやセキュリティソフトを手がける中国・キングソフトが開発したiPhone向け辞書アプリ。今回リリースされた日本語版には、ポケットコンプリヘンシブ和英 / 英和辞典と、EDICT、旺文社国語辞典の4種の辞書データを同梱、20万を超える語句をカバーしている。語句検索には英数字のほか、カタカナ / ひらがなを利用できる。
 辞書系に関しては、『マイクロソフトエンカルタ総合大百科』とか、iPhoneに対応してくれないかなと思います。幸い、自分のiPhoneは音楽は最小限にしているので、まだまだ半分近くの空き容量がありますから。大容量の辞書系アプリもどんと濃いです。iPhoneも将来的に32GBとか64GBとかになると、映像データとかたっぷり入った百科事典とかさえも、iPhoneの中に仕込んで使うという形で持ち運ぶようになるのではないですかね。実際、大辞林とか重宝させてもらっていますしね。エンカルタのようにリンクがスムーズだと、読んでて楽しいですし。

自分などは、辞書の最大の欠点は目的の場所に辿り着くのがものすごく大変という点だと思うんですが、電子辞書はその点が便利ですからね。もし自分が中学生時代に電子辞書があったら、もうちょっと英語好きになったかもしれませんね。英語嫌いのかなりの部分で、辞書を引くのが嫌いだったという部分がありますから。iPhoneのような機器だと、発音とか動物の鳴き声だとか、様々なデータを網羅できますしね。そうなると、電子辞書の在り方もまた変わってくる可能性が高いですけどね。
  • 2009.03.25 Wednesday
  • 22:00

-

スポンサーサイト

  • 2020.05.26 Tuesday
  • 22:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback