★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< iPhoneでAirPhones | main | なぜMacの顧客満足度が高いのか? >>
器用な表現者を育てるiLife?
0
     タイトルはともかく、CNETとしてはけっこう褒めている内容です。まぁ、器用という表現に、実力はないけれども小手先の技に長けた人間というニュアンスを感じるか、手先が器用でなんでもできる日本人の国際イメージに近い物を感じるかは人それぞれですが。ただ、自分がAppleのアプリに感じるのは、ちょっと違いますね。センスとかあっても技術が追いつかない人間の、その技術部分を埋めて才能をより発揮させてくれる存在、という気がしますね。なぜそう思うかは、説明しづらいんですが……。

    【ウェブ時代のMacの役割とは--器用な表現者を育てるiLife '09】CNET

     2009年1月に開催されたMacworld Expoで「iWork '09」とともに発表されたコンテンツ制作スイートと言うべき「iLife '09」。前回はiMovieの大きな編集方法の変更が主だったが、今回はなんだろう。そしてiLife '09から透けて見えるウェブ時代のMacの役割とは?
    (中略)
     現在ネットブックが予想以上のヒットを飛ばしている。確かにすべての作業がブラウザの中で完結してしまう世界では、軽くて電池が持ち、何より安価なネットブックは絶好の製品になる。しかしテキストやちょっとした写真のアップロード以上の作業をしようとすると、とたんにマシンパワーがなかったり、ストレージが小さいという障害が現れる。

     ネットブックが売れているからこそ、それらとMacの差異化がより明確になったのではないか、と思うのだ。ネットにつながったMacの役割とは、個人が簡単にコンテンツを量産して、ソーシャルな場にコンテンツ提供するということだ。それなら、出先はネットブック、家にはMac、という組み合わせでコンピュータを揃えるのも納得がいく組み合わせとなる。
     Apple純正のアプリではないですが、始めてPhotoshopとIllustratorを使った時の感動を、今でも覚えています。例えばちょっとしたロゴのデザインにしても、本来はレタリングの技術がないと難しいのですが、両ソフトはそれを簡単に乗り越えてしまう。例えば、チャップリンは『モダンタイムス』で『スマイル』という曲を作曲していますね。他にもいくつも作曲していますが、彼は音楽の教育を受けたわけではないですから、楽譜を書くことなどできません。だから、ハミングで歌った曲を録音して、それを作曲家に譜面起こししてもらっていたそうです。

    例えば、ヴァイオリンやピアノのプロの演奏者を目指そうと思ったら、1日10時間のレッスンを10年続けて、ようやくプロになれるかもしれないという感じで、でも実際は楽器メーカーの販売員とかになる音大生は多いわけです。もちろん、そういう人たちは譜面も読めるし、自分で作曲も可能でしょう。しかし、名曲として歌い継がれるような曲を作曲できるかと言えば、それは違う訳で。自分が好きな山本正之さんは駒澤大学卒ですが、音大での作曲家よりも耳に残るヒット作を、いっぱい出していますしね。


     音楽に充分な技術とかはイッパイあっても、ヒット作を生み出すに必要なモノってのは、けっきょくは「音楽の神様が降りてきた」とか「センス」と言った、曖昧なモノに帰着せざるを得ないわけで。Macのアプリがすごいのは、そのセンスがあっても技術という壁がある人間には福音ですからね。昔はライターの仕事も、文才とかなくても知識量で何とかなったんですが、ネットで簡単に情報を得られる時代は、情報を選別する技術と検索する技術が大事になるように。

    もちろん、素材を組み合わせて新しいモノを生み出す技術と、素材そのものを生み出す技術は別物なわけで。自分が原作者になったのも、絵を描く技術はそこそこ以上にあると思いますが、まったくオリジナルな素材を生み出す才能はないと自覚したからです。下手でも個性が際だたないとダメというのが自分の信念ですから、そういう意味では自分で自分をジャッジしたら、ダメ絵師と言うことになります。しょせん物まねではダメ。イヤ原作だって酷いと言われますが、傑作を書けるとは思っていませんが、傑作でなくても食える可能性を追求したまでです(笑)。

    それはともかく、NetBookの時代であり、Appleはそこに踏み込みませんがノートの時代でもありますね。でも、Appleはもうちょっとのめり込んだパソコンの使い方にターゲットを絞っているという見解は、概ね同意です。であるならば、NetBook的な物はiPhoneに任せて棲み分けるんでしょうね。
    【2009.02.22 Sunday 23:00】 author : 土岐正造
    | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.12.13 Wednesday 23:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/7840
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム