Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

Mac & iPad

MacBook Brickって何?

 もう既にMac系ブログでは話題になっていますが、このコンニャク型のアルミニュウムのブロックは、いったいなんでしょうかね? まさかMacBookのバッテリーではないでしょうし、外付け携帯用HDDケースでもなさそうですし、訳がわかりません。本当に煉瓦(Brick)のような何かをAppleが開発していたってことでしょうか……。もしもこれが、光学ドライブがないMac miniの後継機種だったら、さすがにド肝を抜かれますが(ただし製品のモックアップなら有り得そうですが)。モックアップだとすると……TabletMacですか?

【The MacBook Brick】COMPUTERWORLD Blogs

This is my latest thought on the MacBook Brick riddle. It is just a brick of aluminum.

 
 昔は、FireWireでアダプタなしで起動できる外付けHDDに、メインマシンのMacの内容を完全コピーして、会社とかで自分のデスクトップ環境を再現していました。そういう、Apple純正のFireWire起動の外付けHDDがあったら、面白いでしょうね。ただの外付けHDDではなく、それをMacに繋ぐとMac本体のデータを全部完全コピーしてバックアップにもなると。コピーに関しては様々な制約がありますが、Brickに関してはそこの制限を許容するということなら、けっこう需要があると思うんですけどね。

ただのHDDではなく、高速で高価なフラッシュメモリと低速だけど大容量のHDDを組み合わせた、ハイブリッド型だと面白いような。もしもこれがTabletMacのモックアップなら。やはり1.5倍iPod touchみたいな感じですかね。それにしてはちょっと厚みがありすぎますが、あくまでもモックアップということで。この武骨なアルミの筐体を引っ繰り返すと、そこには5インチから7インチのマルチタッチの液晶画面が……あったらいいなぁ。あって欲しいなぁ。この分厚さの分、バッテリー駆動時間が10時間とかなら、無理して購入しそうですが。

さぁて、いったい何でしょうかね。ネジの数も多いし、ただのペーパーウェイトでないことを祈ります。
  • 2008.10.05 Sunday
  • 10:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.05.26 Sunday
  • 10:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
気になる記になるさんによると

9 to 5 Macが、噂のAppleのコードネーム「Brick」についての続報を伝えており、それによると、「Brick」はMacBookのための新しい製造プロセス(製造行程)のコードネームだった模様。

新MacBookに採用されるアルミ素材は、航空機などに使用されているグレードの高い素材で、新しい製造プロセスとは、アルミニウムのブロックをウォータージェットとレーザーで加工しMacBookを作り上げる製造プロセスのことだそうです。

非常に楽しみなことになりそうですね。


ウォータジェットとレーザーでアルミニウムのブロックを加工することにより、継ぎ目が無くなったり、ネジが必要なくなったり、シェルが1つの金属のため、安い、強い、軽いといった特徴があるとのこと。

また、新MacBookは10月14日の発表を目標とされており、近日中にプレスに招待状が送られるだろう伝えています。
  • kaz
  • 2008/10/05 12:32 PM
ウォータージェットとレーザーで加工ってのが、イマイチ『継ぎ目がない』という部分と結びつかないんですが。これ、岡野工業の金属プレスの絞り技術ではないんですかね? 携帯電話のリチウムイオン電池やライターなどに使われている絞り技術ですが、あれで筐体を一体成形すれば、かなりのパーツ減になると思うんですけどね。ついでに、アルミではなくマグネシウムでの絞りで。

どっちにしろ、MacBookはアルミ筐体に、しかもかなり斬新というか現状とは違った形の筐体になりそうですね。再来週の火曜日、ここは継ぎ目のないシンプルな筐体を期待して待ちたいですね。
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback