★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 愉快な韓国 | main | MacZoo '08 in AKiBAは8月26・27日 >>
DellがiPhone対抗機?
0
     iPhoneが売れたから、自分のところも……という発想なんでしょうけれども。DellらしいといえばDellらしいですが、最大の問題であるOS部分は、SymbianもあればAndroidもありますし、有料だけどWindows Mobile7という選択しもありますからね。ソフト部分をそういうメインストリームどころで押さえれば、後はお得意の大量生産とコストカットで、安さを武器に大きなシェアを獲得という感じですかね。成功する可能性は高そうですが、そこに使う面白さとかはあまり関係ない、道具として優秀な物にはなりそうですけれども。

    【デル、次世代スマートフォンを開発中か?】CNET

     それはそっけないコメントでしかなかったものの、Dell最高経営責任者(CEO)のMichael Dell氏は、ガジェット好きに再び火をつける発言を残した。

     GigaOmのOm Malik氏とのインタビューで、Dell氏は、スマートフォン業界に対する同社の計画を尋ねられた。最初にDell氏は「われわれは確かにスマートフォンカテゴリ全体に注目してはいるものの、すぐに何かの発表を期待できる状況ではない」という、漠然とした、お決まりの企業PRのような回答しか出さなかった。しかしながら、さらにMalik氏が、Dellは将来的に、携帯端末のOSとして、SymbianかAndroidのどちらに関心を持っているのかと尋ねたところ、Dell氏は、もう少し情報を漏らした。
     「明治維新は二流が成し遂げた」と言われます。なるほど、一流どころというのは池田や事件とか血気にはやって生き急いで、死んでしまうんですよね。それは、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の天下取りにしてもそうで。信長のビジョンは素晴らしかったけれども急進的過ぎて、天下統一事業を継承した秀吉も組織作りの部分で失敗して、最後は人間的には保守的で地道であまり面白みがない家康が、太平の制度を完成させたと。孔子の教えも、優秀だった子貢でも人格を愛された顔回でもなく、地味で律義な曽子だったわけですが。

    けっきょく、世の中の製品も似たような物かも知れません。Xeroxの研究所が提示したグラフィカル・ユーザー・インターフェイス(GUI)の可能性は、Appleが昇華させてその果実をMicrosoftが世界に普及させたわけですが。さて、そう考えるとスマートフォンとは、Newton信長が世に問い、Palm秀吉がその可能性を押し広げ、Windows Mobile家康が世に定着させた存在に、携帯電話機能がくっついてなんだかよくわからない存在になった物……といえるのかも知れませんね。だからこそ、ジョブズCEOはそれを再定義する必要があったのかも知れませんけれども。

    さてさて、再定義されたスマートフォン、iPhone信長が生まれて、これから秀吉や家康が生まれる可能性が高いのですが。ひょっとしてAndroid秀吉が天下を統一する可能性が無きにしもあらずですが。はたしてDell家康というべき存在になるのかならないのか? なる可能性はありますが、家康や曽子に魅力がないように、そのデバイスが魅力的かどうかは別問題。もちろん、完成度は確実に高いんでしょうけれどもね。
    【2008.07.29 Tuesday 21:00】 author : 土岐正造
    | 携帯電話・家電・カメラ | comments(0) | trackbacks(1) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.11.22 Wednesday 21:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/6432
      トラックバック
      Dellが狙うのはiTunesキラー?
       一昨日のエントリー【DellがiPhone対抗機?】で、Dellがスマートフォン市場に進出する可能性をお伝えしましたが、どうもそう簡単な話ではないようですね。一度は進出に失敗したMP3プレーヤー市場に再度挑戦しようといのならば、かなり本気というか勝算がないと難しい
      | 平成鸚鵡籠中記 | 2008/08/07 2:14 PM |
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム