★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< iWork'08と.Mac | main | 自殺する容疑者 >>
新iMac・Mac mini・薄型キーボード・iLife'08・iWork'08・.Mac
0
    MacworldでもWWDCでもないのに、これだけの新製品の発表がまとめてあるのって、珍しいですね。まぁ、あんまりイベントで大きな発表を繰り返すと、過剰な期待をされてしまうので、時々こうやって抜き打ち的にやることはままあったのですが。しかし、これは多いですね。出るべくして出たといえばそれまでですし、予想の範囲内といえばそれまでですが。あ、でも.Macの容量アップはちょっと驚きました。これで、アップロードの時間が短縮されれば、いろいろと面白いことができそうですしね。

    【アップル、新iMacを発表--「iLife '08」や表計算機能を加えた「iWork」も登場】CNET

     Appleの最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏は米国時間8月7日、米カリフォルニア州クパチーノにある同社本社で新しいiMacを発表した。

     新しいiMacは20インチと24インチ。製品の材質にはアルミニウムとガラスが使用されている。また、新しいキーボードも発表された。新しいキーボードとiMacはともに、旧製品より薄型となっている。
    (中略)
    またAppleは、同社マルチメディアアプリケーションスイート「iLife」が新しくなったことも発表した。同製品のバージョンは、「iLife '07」をとばして、「iLife '08」となる。Jobs氏は、最新版について、「同製品発表以来最大の進化」と表現した。
     まず、新iMac。予想通りのアルミ筐体で、20インチと24インチのみに限定。噂のタッチスクリーン機能は無しです。17インチのiMacは、アメリカでは教育市場向けに需要があったと思ったのですが、ついに廃止ですか。まぁ、自分ももし買うとしたら24インチの広々とした画面のiMacですからね。iMacの位置づけ自体がコンシューマ向けというよりも、一体型で省スペースを求めて、そこそこの性能を求めるプロシューマムケになりつつあるということですかね。、画面の縁がブラックという部分も含めて、クールで高級な感じがしますね。24型2.8GHzモデル、30万円弱だし欲しいかも……。

    Mac mini。廃止されるんじゃないかといわれていたんですが、やはり省スペースのモニター分離型デスクトップということで、生き残りました。事前に今日太鼓が高筐体小型化の噂もあったのですが、さすがのそこまではなかったようです。しかし、Core 2 Duoを搭載して、性能的にはかなりのアップ。値段も手ごろですし、自分などはついフラフラと買ってしまいそうですね。正直、最近はクラシック環境を立ち上げることも滅多になくなりましたし、現在のPowerPC版Mac miniでも充分な処理速度があるので、Core 2 Duoなら申し分なし。2.0GHzモデルで10万円弱は魅力的

     薄型キーボード。いろんな噂系サイトで話題になった流出写真は、やはり本物でしたね。いったいどこから流出したんだろ? まぁ、Appleもキーボードはそこまで重視していないので、ガードが甘かったのか。Appleはこれから、MacBook以外はポリカーボネイトをなくして、アルミ筐体に移行するんですかね。まぁ、Mac OSX10.5(leopard)は、ファインダー自体がiTunesライクのメタル調になるので、そこに併せた改良なんでしょうけれども。薄型になったのは良いですが、押し心地とかはどうなのか。触るのが楽しみです。


     続いてソフト編です。iLife'08は、いろいろと細かいブラッシュアップはあったようですが、新しいソフトの追加とかはなかった模様です。ここまで遅れたのは、iWorkとの同時発売に拘ったからでしょうか。自分は動画はやらないので、iMovieとかの改良はあまり意味がないのですが、iPhotoが使いが手がよくなったのは歓迎ですね。いい加減、写真データが増える一方なもんで。iLife自体は完成度が高いソフトスイーツなので、あとはドロー系ソフトが加わればお腹いっぱいという感じですね。

    iWork'08。さすがにMicrosoftのOffice2008が発売される今回までは、Microsoftとの全面戦争を避けるためにExcel互換の表計算ソフトは入れてこないと思ったのですが……。強気ですね。表計算ソフトの名称は、以前噂になった物と同じ『Numbers '08』でした。Pages同様にテンプレートを各種用意しての操作が主となるようですが。ワープロソフトのPagesは、今回も縦書き対応は見送られたようですね。しょせん、アジア圏はマイナーな市場ということですか。物書きとしてはちょっと寂しいです。keynoteはナンバリングが変わってkeynote'08となったんですね。統一感があっていいですが。

    最後に.Mac。基本ストレージの容量が、いきなり10GBです。今までの10倍! これは驚きました。まぁ、Googleが無料で1GBを提供しているんですから、これぐらいはやってもらわないと。予想通り、iPhoneなどとのデータ共有機能を強化していますね。iPhone自体は最大8GBの容量がありますが、ちょっと音楽好きだとすぐにイッパイになる容量ですから。ビジネス用の書類は.Macに保存しておいて、Wi-Fi経由で取り出すという提案でしょうか。他にも写真やムービーをインターネット上で共有できる『.Mac Web Gallery』など、全体にウェブ機能が強化されていますね。

    さてさて、実際の購入はleopardが発表されてから検討ということになるんですが、いろいろと楽しそうな感じです。地味にMac miniを買うか、24インチiMacを買うか。これで選択肢が確実に広がりましたね。
    【2007.08.08 Wednesday 09:30】 author : 土岐正造
    | Mac & iPad | comments(4) | trackbacks(1) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.06.21 Thursday 09:30】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      重箱の隅つつきですみません。

      今日太鼓が高の噂

      筐体小型化の噂

      正解に辿り着くまで1分くらい考えました^^;
      | | 2007/08/08 11:57 AM |
      ご指摘ありがとうございますm(_ _)m

      ただでさえ見落としが多いブログなのに、egbridgeにインプットメソッドを変えたので、誤変換がけっこう……いやかなり多いです。まぁ、今まで数年がかりで鍛えてきたATOKに比較して、甘いのはしょうがないんですが、文脈を判断しての変換がまだまだです。懲りずにお付き合いいただければ幸いです。
      | 土岐正造 | 2007/08/08 2:02 PM |
      今日から旧世代になったiMacユーザーですが、今日、新iMacを見て
      きました。長文になってしまったのですが、コメントしたいと思います。

      感想は… 印象に残らない感じ。単なる旧iMacの色違いに感じました。
      これを手に入れたら、僕の生活にどんな変化が起きて、どんな素晴らしい
      ものになるのだろうかというワクワク感がないというか…。

      iLife,iWorkの同時発表は必須だったのかもしれません。

      旧世代を買っておいてよかったと思いました。と同時に、
      Appleのことが心配になってきてしまいました。

      世代を重ねるごとに魅力を増していくiPod、革命的なiPhoneと
      最近のAppleは神がかったところがあり、今回もかなり期待
      したのですが…。

      誰かが新iMacは女性ウケしなくなったと言ってたのを耳にしましたが、
      その通りだと思います。かわいらしさがなくなったと思います。

      Appleには他にはない洒落っ気というかテイストがあると思います。
      例えばジニーエフェクトや、アプリを開くときにドックの
      アイコンが跳ねる仕草とか。

      Appleのコンシューマー機のデザインは、中身は凄いが、
      外見はひょうひょうとしている、凄さを隠しているというか、
      感じさせない、という狙いがあったと思います。
      それが今回は、必要以上に凄さを誇示しているように感じられ、
      近寄りがたさがあります。

      iPod,iPhoneが呼び水になって、無党派層にユーザーになってもらえる
      チャンスなのに、自ら機会を逃したのではないかと思います。

      私は、もともとiPod nanoのデザインは、2Gよりも1Gの方が好きで、
      2Gがこれだけ世間で受け入れられていることが理解できないのですが、
      Appleのデザインのトレンドはこのようなものになっていくのでしょうか。
      次のiPodが心配になってきました。噂されるウルトラスリムのMacBookは
      現行のMacBookテイストであることを祈っています。


      キーボードは劇的に小さくなったという印象でした。見た目も美しい。
      タイピングに関しては、使い物にならないということは全然ありません
      でしが、長時間使っていくうちに、ストロークやキートップの形状で
      どういうフィーリングになるのか… これはオーナーになってみないと
      わからないと思いますが。
      良くも悪くも、最もモデルチェンジということを感じさせてくれました。

      マウスは私の予想から外れて変化なしでした。MightyMouseのホイールが
      汚れて動作しなくなってしまうことは、Appleも認識しているでしょうか
      らここは改善してくると思ったのですが… 最近、マウスの表面をタッチ
      するような特許も出てましたので、ホイールが無くなり、元々ホイールが
      あった辺りを指でなぞることでスクロール動作するようなマウスになると
      思っていました。

      全くの新規であるNumbersもほんの少し触ってきました。
      グラフのデフォルトの色使いはさすがアップル、というテイストでした。


      個人的には、今回の発表は期待はずれでした。
      Jobsは新iMacに対して、ベストな仕事をしたと思っているのでしょうか?


      いろいろネガティブなことをつらつらと書いてしまいましたが、
      これもAppleに期待するが故だと思います。

      Jobsが、来年に発表するMacは過去最高のものであると言っていた
      記憶があります。これに期待する限りです!
      | | 2007/08/09 1:14 AM |
      やはり、AppleとしてはiPhoneが社運をかけた大プロジェクトであったため、並行してiMacの全面改定とかはできなかったという感じなんですかね。iWorkに関しては、むしろ表計算ソフトを搭載してきたのは精いっぱいのガンバリなんですかね。

      薄型キーボードは、デザイン的には好きです。自分のパソコン用デスクは小さいので、マウスを動かすスペースがちょっと足りないので、テンキー無しバージョンとかけっこう魅力的かもしれません。全体的には機能のブラッシュアップという感じで、目新しさは表計算ソフトとキーボード、.Macの改良ぐらいですかね。

      やはり会社の体力的には、iPhoneとleopardと並行して更に何かをやるというのは厳しいのでしょう。去年からこっち、AppleTVも含めて新規の事業を立ち上げ続けてきましたからね。今年はハードとしては、このアルミ筐体チェンジが精いっぱいなのかと思ったりしています。

      マイティーマウスは、確かに目詰まりが酷いので、ここはクリックホイールなしでスクロールできるデザインをお願いしたいところです。
      | 土岐正造 | 2007/08/09 9:22 AM |
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/4503
      トラックバック
      iMovie'08の問題点
      今日、夕方に友達とあった帰りにチャリで新宿へ!チャリで新宿は疲れますね。。人ごみをさけるは大変でした(笑) って話がそれましたが、新宿に行ったのは、新しいiMacとiLife'08に搭載されているiPhoto '08とiMovie'08の使い
      | KEN3NET+2.0 | 2007/08/11 2:22 AM |
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム