Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.07.16 Thursday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポーツ・Hawks

Hawksネタ3題

なんか、話題が重なる時は重なりますね。大ネタ小ネタまとめて3つ。

●【小久保、ソフトバンクと正式契約 王監督が同席して会 「福岡に帰ってきたと実感」】西日本スポーツ

 巨人からフリーエージェント(FA)宣言し、4季ぶりの福岡ソフトバンク復帰を決めた小久保裕紀内野手(35)が17日、正式契約を結び、福岡市内のホテルで王貞治監督とともに入団会見、「福岡に帰ってきた実感がある。チームの力になって王監督を胴上げしたい」と抱負を語った。契約は4年12億円プラス出来高払い(金額は推定)。

●【ソフトB秋山“監督代行”、巨人に2連勝】日刊スポーツ九州

 秋山幸二総合コーチ(44)ソフトバンクが巨人に逆転勝ちした。ソフトバンクは13日に続き、巨人との練習試合で2連勝した。

●【ユニホーム窃盗のボールボーイ不起訴】スポニチ

 福岡地検は17日、プロ野球福岡ソフトバンクホークスの人気選手のユニホームを球場のロッカールームから盗んだとして窃盗容疑で逮捕された福岡市の同球団ボールボーイだった男性(22)を嫌疑不十分で不起訴とした。

 福岡地検は「ユニホームは使い終えて不用品箱にあったもので、窃盗罪に当たらない」と判断した。同地検によると、以前からほかのボールボーイも不用品箱のユニホームを持ち帰っていたという。
 まずは、小久保復帰。既定路線とはいえ、ようやくこれで松中一人が背負っていた部分が、小久保によって分散されるかな、と。小やはり小久保の持つ天性のリーダーシップというのは松中以上。小久保によって投手のリーダーである斉藤も含めて、一本芯が通ることでしょう。小久保は膝に不安を抱えているので、DHでの起用も増えるでしょうから、秋山総合コーチは早くも小久保と松中に複数ポジションの守備を課すようですね。若手起用の必要性もありますから、松中が左翼・一塁・DHとやれればベストですね。

一塁守備は意外に膝に負担がかかるらしいので、小久保はサードとDH起用ということで。来期のズレータ残留がどうなるか分かりませんが、小久保・松中・ズレータと続く打線は、松中・ズレータ・城島の打線と匹敵する迫力ではないでしょうか。あとは、6番に江川を抜擢して、20本以上の本塁打が出たら……優勝でしょう。新外国人には、あんまり期待していないもんで。江川と城所、明石と金子と言った若手が、ドンドン出てきて小久保がフル出場できなくてもなんとかなる体勢が出来たら良いんですけどねぇ……。

で、秋山監督代行。場合によっては、王監督の復帰が遅れたら秋山監督代行というのは了解済みですから。小久保や松中、斉藤と言った選手には現役時代いっしょにプレーした先輩であり、若手にとってはファームで鍛えられた監督ですし。そこら辺はあまり心配していません。九州の人間なら知っていますが、秋山監督の八代高校ってのは、熊本ではけっこうな進学校です。クマタカこと熊本高校と済々黌高校が有名ですが、“城南の雄”と称される八代高校は土岐の相棒の出身校。身体能力だけでなく、学力も高い秋山監督代行には期待したいです。

最後に、ボールBoyの窃盗事件。不起訴になりましたが……これが許されるのなら妙齢の独身女性が出したゴミを漁って持ち帰る行為もいいじゃんってならないんですかね? 野球ファンが自分の思い出として捨てたユニフォームを持ち帰るのは、ギリギリ“役得”の範囲内だと思うんですよ。古今亭志ん生師匠のファンのクリーニング屋が、志ん生師匠のコート欲しさに、クリーニングに出されたコートを持って夜逃げしたって話がありますけど。犯罪は犯罪なんですが、そこまで好きならしょうがないかって、思えるのといっしょで。でも、それをオークションで売買したらマズイでしょ。選手は廃棄することを前提として不要品箱に入れているわけですから。

まぁ、こういう使い道があるのなら、今後は不要品箱に廃棄せず、チャリティーオークションに出して収益金を寄付するとか、いろいろと使い道はありそうですけどね。
  • 2006.11.18 Saturday
  • 09:00

-

スポンサーサイト

  • 2020.07.16 Thursday
  • 09:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback