Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

Mac & iPad

MacBookの操作性を取り入れ新型iPad Proは究極形態へ

 新型iPad Proは、ある部分でMacBook Airを超えているようで。本田雅一氏による先行レビューですが、グラフィック性能がやはり結構なレベルに達しているため、単純に比較はできないにしてもベンチマークスコアでは明らかにMacBook Airを上回っているようで。実際のレンダリング性能なども速いとなれば、もう乙型ではなくタブレット型で十分と考える人も増えそうですね。またこれだけのグラフィック性能があるのならば、CLIP STUDIO PAINTなどのお絵かきアプリでも十分な処理能力を見せるでしょう。

【新型iPad Pro (2020) 先行試用。MacBookの操作性を取り入れ究極形態へ(本田雅一)】Engadget Japanese
 

約1年半ぶりにモデルチェンジとなったiPad Pro。ここ数日、ひと足先に実機での評価テストを行いました。新旧モデルを比較すると、デュアルカメラと光距離センサ「LiDAR」の装備がやはり大きな違いです。

しかし、"変わっているようで変わっていない"ところと、"変わっていないようで変わっている"ところなど、使っているうちに感じる部分があったので、MacBook Airのレビューと同様に"新旧を比較しながら購入時に注目すべき点"を中心に話を進めていき、最後にMacBook Proで仕事をしているジャーナリストの僕が、iPad Proでひと通り仕事がこなせそうか? という視点でも、"私見"を中心に書き進めていきたいと思います。 

 さすがにMacBook Proは、全体のバランスや底力の点ではiPad Proよりも一枚も二枚も上ですが。そもそも、MacBook Proが必要な作業限られていますから。Photoshopレベルですら、よほど重いフィルターを使わない限りは、問題なさそうです。と言うか、多少の性能終わり引いても、新型iPad Proの薄さや軽さ、バッテリー持続時間、静粛性などなど、メリットはかなり多くあるでしょう。自分ぐらいの使い方ならば、iPad Proでほとんどの作業は完結しそうです。

 ひとつ難点があるとしたら、それは画面の大きさ。12.9インチもあるのならば、ある程度過不足ないとは思いますが。自分のように老眼が出始めていたり、近眼だったりすると、作業領域の広さはイコール作業の心地よさに直結します。なので、13インチのMacBook Proと新型iPad Proを両方購入し、サイドカー機能で拡張して使うというのが、とても現実的な使い方になるでしょう。予算が許せば、という保留は着きますが。iPad Proはもう補助的な存在でもないですが、補助的にも使えるという。

 今年の秋に発売されるという噂の新型iPad Proを見てから購入という人もいそうですが、これはこれで魅力的なマシンですから。実物を早く触ってみたいですね。
  • 2020.03.24 Tuesday
  • 22:00

-

スポンサーサイト

  • 2020.07.16 Thursday
  • 22:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment