Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • 第7世代iPadが0.5インチ大きくなった理由
    土岐正造 (10/31)
  • AirPods Proが早くも2〜3週間待ち
    yama (10/31)
  • 日本シリーズ2019第4戦:ホークス4連勝日本一
    acura (10/27)
  • 故郷の考察 -中島みゆき『あぶな坂』より-2
    satou (10/15)
  • 故郷の考察 -中島みゆき『あぶな坂』より-2
    satou (10/13)
  • 故郷の考察 -中島みゆき『あぶな坂』より-2
    土岐正造 (10/13)
  • 2020年以降のMacBookはシザースイッチ式キーボード
    土岐正造 (10/12)
  • 2020年以降のMacBookはシザースイッチ式キーボード
    yama (10/12)
  • 故郷の考察 -中島みゆき『あぶな坂』より-2
    satou (10/11)
  • ラグビーW杯:日本がアイルランド破る大金星
    土岐正造 (09/30)

Recent Trackback

Mac & iPad

2020年以降のMacBookはシザースイッチ式キーボード

 そろそろ、16インチと噂される新型の MacBook Pro が、発売されそうです。新しい MacBook Pro は大不評だったキーボードが一新され、シザーズ型と呼ばれるキーボードの構造になるようです。MacBook から採用されたバタフライ型のキーボードと、ついに決別するようです。キーボードというインターフェースは好みが大きく分かれ、使い勝手にも影響を与えます。そこら辺を考えると、シザーズ画太郎キーボードが良好ならば、自分も真面目に購入を検討するかもです。

【MacBook、2020年以降は新型キーボードに】ASCII 

 アップルは2020年以降に発売するMacBookも、キーボードを現行のバタフライからシザースイッチ式に変更する。アップル関連の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏がその予測を10月9日に発表した。

 シザースイッチをベースにした新しいキーボードは、今月発表されるとみられている16インチMacBook Proに搭載されるとのうわさだ。 

 キーボードに関して言えば、初代 iBook の頃からずっと、自分は純正キーボードにほとんど不満は持っていません。PowerBook G3や G4、MacBook ProにMacBook Air と購入していますが、デスクトップ用のアルミキーボードも含めてとても使いやすいです。それだけにバタフライ型キーボードの数々の不具合が、驚きですらありました。MacBook Pro Mid2012が名器だったせいもあって、MacBook Pro の新規購入はずっと考えていなかったのですが。13インチをフルスペックで購入しようか思案中です。

 もっとも今はLG製の17インチWindowsノート購入に、だいぶ気持ちは写っていますが。Mac での InDesign CS 6の挙動不審がある以上、安定した Windows 10環境の方が良いだろうというのは動きませんから。とりあえず新型 MacBook Pro の発表を楽しみに待ちましょう。
  • 2019.10.11 Friday
  • 22:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.11.12 Tuesday
  • 22:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
先日一瞬安くなってたのでAmazonでLG17インチ買ってみましたがちゃっちいですね。まぁ14万だったのでしょうがないのかなぁ。

去年買ったAir13みたいな所有欲を満たしてはくれない感じです。
でも他のノートにない魅力としてはメモリ増設可、SSD追加可能、大きなディスプレイは十分魅力です。
これがMacbookPro17なら倍の30万でも良いのになぁと感じます。
でも17インチで1.35kgはアルミ筐体じゃ難しいでしょうね。
パソコンとタブレットばかりが増えて悩みが深いです(笑)
  • yama
  • 2019/10/12 12:06 AM
うわ、購入されたんですね。
17インチにしてはコンパクトですし、いろいろと思うところもありまして、InDesignCS6用にと狙っています。狙い目としては、来年の新型型落ちのタイミングでしょうけれど、14万円なら年内も検討ですかねぇ。
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback