Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

Mac & iPad

新型iPad Proに先に3Dマッピング機能搭載?

 iPad Proの場合は、USB Type CコネクターをiPhoneよりも先に採用しましたし、意外とAppleとしては、新機能搭載に躊躇がない存在なのかもしれません。元々、存在的にはコンシューマ用ノートをカバーするようなポジションでしたが、Apple Aシリーズの高性能化に伴い、MacBook Air ぐらいの処理能力を獲得しています。極端な話 iPad Pro で動画の素材を撮影し、iPad Pro のアプリだけで編集し、iPad Pro からアップしたり納品したり。これ一台で作業が完結する存在。

【新型iPad Pro、目玉は3Dマッピング機能か】ASCII 

 アップルは3Dセンサー機能が使えるTOFカメラレンズを搭載した新型iPad Proを、2020年第1四半期に発売する。アップル関連の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏がその予測を10月9日に発表した。

 TOFカメラとは、光の反射時間(飛行時間)を計算することで三次元情報を計測できるカメラレンズのこと。これにより正確な3Dマップの計測が可能になるという。 

 自分自身は iPad のカメラを使用することは、ほとんどないんですけれどね。これは初代 iPad を購入した時、そもそもカメラが搭載されていなかったというのが大きいのですが。撮影自体はどうしても iPhone の方が小回りが利いて便利ですし、自分は iPad mini ではなく9.7 in の初代 iPad Air 初代 iPad Air、10.5インチの iPad Pro といった具合に、大型で重い iPad を愛用してきましたから。ただ広い画面は使い慣れると撮影自体視認性が高く、便利だそうです。

 この新機能が具体的にどんな形で iPad の世界を広げるか、そこはいまひとつわかりませんが。将来的に iPad Pro が折りたたみ液晶ディスプレイを搭載し、大画面のタブレット型としても、片面を仮想キーボードにしたノート型としても、その役割はノート型パソコンとはまた違った汎用性を獲得するでしょう。タブレット型大好きな自分としては、ノート型はノート型として優れた面が多々あるので生き残るとは思いますが、タブレット型も独立したジャンルとして生き残ってほしいと切に願います。
  • 2019.10.10 Thursday
  • 23:00

-

スポンサーサイト

  • 2020.05.26 Tuesday
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback