Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

Mac & iPad

第7世代iPadが0.5インチ大きくなった理由

 また Apple の迷走が始まった、と思ったのですが。スティーブジョブズが存命の頃から、iPad のネーミングやディスプレイサイズに関しては、その意図がよく分からないことが多々ありましたから。恋歌の設定の第7世代 iPad がわずかにサイズアップしたのも、明確な理由など無いと思っていました。あるにしても外部からは窺い知れないような理由。9.7インチが10.5インチになり11インチになるように、迷走してるように見えます。ところが今回のサイズアップに関しては、ちゃんとした理由があったようです。

【第7世代iPadの画面がちょっとだけ拡大した本当の理由(松村太郎)】Engadget Japanese 

Appleのスペシャルイベント「By innovation only.」は、iPhoneがメインディッシュでしたが、Apple Watch、Apple Arcade、Apple TV+と、様々な新要素が華を添えました。そうした中で若干影薄く登場したのがiPad(第7世代)です。

さまざまなバリエーションが用意されるiPadの中で販売の大きな部分を占める、つまり最も人気があるのがこの無印のiPadです。2017年に需給バランスの解消を目指し、初代iPad Airのボディを用いて登場しました。その後、2018年にはApple Pencilをサポート、米国では329ドル、日本でも3万円台という低価格を実現しました。 

 実際の理由は上記リンク先をお読みいただくとして。そういう理由があるにしても、Apple の迷走ぶりは、何か別の意図もあるのかなと思ったりします。これだけサイズがバラバラで異なると、カバーやケースの流用が難しくなります。つまりサードパーティのメーカーにとっては新製品が発表されサイズが微妙に変わるたびに、新たな需要を喚起している側面はあるでしょう。それで Apple にどれほどのマージンが入ってくるかは不明ですが、正直売り場面積で探してる時に混乱するほうが大きいんですけどね。
  • 2019.09.16 Monday
  • 23:00

-

スポンサーサイト

  • 2020.04.06 Monday
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
エントリの趣旨とは外れますが、さて小生は第三世代以来iPadを愛用してますが選ぶのに重要な要素に大きさと重量があります。
具体的にその判断の仕方を書きますが、

・iPad mini:軽い(300.5g)、でも7.9インチは店で手にとって思うにやはり小さい。
・iPad6:9.7インチはOK、でも469gはちと重いかも。
・iPad Air3:456gは行ける?でも10.5インチは大きいと感じた。
・iPad Air2, iPad Pro9.7インチ:9.7インチ、437g、自分の中でもこれがベスト。
・iPad7:10.2インチはまだ手に取ってないのでわからない、483gは重いな。

上記のようにまだ手にしてないので大きさ10.2インチの感触はわかりませんが、もしこれが行けるならば10.2インチで重量が445gくらいのiPad Airが出たらなぁ、て思います。
  • ポケット保持
  • 2019/09/21 9:37 PM
コメントを見落としていて、返信が遅れましたm(_ _)m
そう、重さのことを忘れいました。今の10.5インチiPad Proは、重い外付けのキーボード一体型のカバーを付けてるので、失念していましたが。
iPad Airは軽さが画期的だったんですよねぇ。
iPad miniの軽さは言うまでもなし。もうちょっと軽い機種が出ると、折りたたみ液晶なら尚更、需要が高まりそうですね。
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback