Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

政治批評

韓国政府が大本営発表

 このニュース、現在は【韓国 日本製品への高関税 WTOが是正求めるも一切触れず】というタイトルに差し替えられていますが、当初は【WTO最終判断 韓国は「日本に勝訴」と発表】と打たれていました。いったいどこの国の国営放送だ……と思うような見出しでしたが、NHK にはかなり思想的に偏った人物が潜り込んでいるようで、あいちトリエンナーレで開催される予定であった『表現の不自由展・その後』についても、クローズアップ現代でかなり偏った紹介の仕方をしていたそうですから、さもありなんとは思います。
【韓国 日本製品への高関税 WTOが是正求めるも一切触れず】NHKニュース 

日本製の空気圧バルブに韓国政府が高い関税をかけていることについて、WTO=世界貿易機関の2審にあたる上級委員会は、WTO協定違反だとして韓国に是正を求める最終判断を示し、日本の主張が認められた形で事実上、日本の勝訴が確定しました。これについて韓国政府は、是正を求められたことには一切触れず、「大部分の実質的な争点で協定違反と立証されなかった」と主張しています。

韓国政府は、半導体や自動車部品などの生産ラインで使われる日本製の空気圧バルブが不当に安く販売されているとして4年前から最大でおよそ23%の関税をかけています。 

 このブログでは何度も、韓国の右派も左派も日本の国粋主義者に似ている、という指摘を繰り返してきました。その場しのぎの嘘がバレて、韓国の困った国風というのは、一部の韓国ウォッチャーには周知の事実なのですが。逆に言えば福島の海産物にまつわる輸入規制において、WTO における逆転勝訴がよほど韓国にとっては、成功体験として刻み込まれているのでしょう。そしてそれが、信仰のレベルに達しているのかもしれません。WTO ならば韓国は絶対に勝つ、と言う。コレに対する世耕大臣の怒りのツイート。


 韓国の行動の無茶苦茶さは、それまで興味関心もなかった一般層にさえも伝わり、左派系マスコミももう隠しておけないレベルにまでなってしまった様子。こうなってくると今まで隠されていたぶん、ごく普通の日本人の反発は止まらないでしょう。その結果、安倍内閣の支持率が49%しかないのに、韓国を信用できない国だと答える国民が74%に達したり、韓国に譲歩するぐらいならば解決を急がない方が良いと答える国民が67%という、草の根嫌韓時代に。そして、韓国最大の発行部数を誇る朝鮮日報は、こんな報道。

【日本製バルブ関税巡る通商紛争 韓国が大部分勝訴=WTO最終審】朝鮮日報日本語版 

【ジュネーブ聯合ニュース】日本製の「空気圧伝送用バルブ」に対する韓国の反ダンピング(不当廉売)課税は不公正だとして日本が世界貿易機関(WTO)に提訴していた問題で、韓国が実質的な争点で最終的に大部分勝訴した。

 WTOの二審に当たる上級委員会は10日に公開した報告書で、韓国の日本製空気圧バルブに対する追加関税の適用について、大半の実質的な争点でWTO協定違反が立証されなかったとの判断を示した。事実上の韓国勝訴とした一審に当たる紛争処理小委員会(パネル)の判断がおおむね維持された。 


文在寅政権が韓国のマスコミを抑えて、政権に不都合な報道をさせないようにしているのは周知の事実。そして疑惑のタマネギ男と呼ばれる草黒子を法務大臣に強行指名し、検察や警察を抑えて弾劾を起こさせないようにし、左派による千年王国を建築しようとする勢い。やっていることは自分たちがかつてあれほど批判した、軍事独裁政権と何が違うのか。朴正煕大統領や全斗煥大統領には国を豊かにするという目標がありましたが、文在寅大統領は国の経済をボロボロにして、北朝鮮と統一するのが目標のように見えます。

 一度地獄を経験しないと、韓国国民も左派やリベラルというものの正体が理解できないのでしょう。いやあんがい、北朝鮮と同様に、李氏朝鮮時代のような格差と圧政と搾取の政治体制の方が、半島の人々にはしっくりくるのかもしれません。自分が王侯貴族や両班になれるのであれば、良い社会ですから。
  • 2019.09.11 Wednesday
  • 21:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.10.24 Thursday
  • 21:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback