Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

Apple

AppleのSiri開発責任者がMSのAI部門へ移籍

 AppleとMicrosoftの仁義なき戦い……というのは昔からですが。人材の引き抜きというのは、AppleとGoogleの間で繰り広げられてきたイメージが強いです。AppleとMicrosoftは長らく、Microsoft側が圧倒的に有利だったため、Appleから人材を引き抜くイメージが弱いんですよね。iPhone以降の快進撃で、Appleのほうが金銭的には有利になりましたが、OSの開発部門はジョブズがNeXT社から連れてきたエンジニアで固めていましたし、MicrosoftもiPodとZuneはともかく、スマートフォンやタブレット型に対して、冷淡でしたし。
【Appleの音声アシスタント「Siri」開発責任者がMicrosoftのAI部門へ移籍】GIGAZINE  Appleの音声アシスタントである「Siri」開発部門のヴァイス・プレジデントだったWilliam Stasior氏がAppleを退社し、ライバル企業であるMicrosoftのAI部門に移籍したことが報じられています。 Apple’s Former Siri Boss Joins Microsoft AI Group ― The Information https://www.theinformation.com/articles/apples-former-siri-boss-joins-microsoft-ai-group Former Siri chief is leaving Apple to join Microsoft’s AI division - The Verge https://www.theverge.com/2019/8/19/20812981/apple-siri-bill-stasior-leaving-company-microsoft-joining-ai-cortana Stasior氏はマサチューセッツ工科大学でコンピューターサイエンスの博士号を取得した後、検索エンジン会社のAltaVistaで検索エンジンの開発や検索広告マーケティングを担当。そして2004年4月にAmazonが抱える検索エンジン会社のA9.comに移籍し、エンジニアリング担当ヴァイス・プレジデントを務め、2006年2月からはA9.comの社長を務めました。 
 ただ、人工知能はAppleやMicrosoftのみならず、GoogleもAmazonもFacebookも関心を寄せている、これからの産業で覇権を握るのに不可欠な分野。もちろん、IBMなどの老舗も莫大な研究開発費を投じていますしね。そうなると、優秀な人材は次々と高給でヘッドハンティングして、自社の部門を強化するのはアメリカでは当たり前。同時に、無能だと判断されたらその場でクビになることもあるわけで。昔日のAppleの社員などは、ジョブズとエレベーターで乗り合わせて質問に答えられず、即日クビになったそうですが。  有能な人間はガンガン上がっていき、ダメな人間はとこと後ていく競争社会。それが良いとは言いませんが、入社試験時は有能で、入社後は無能なのに高給を貰い続ける日本の年功序列社会は、崩れていくのでしょう。
  • 2019.08.21 Wednesday
  • 22:00

-

スポンサーサイト

  • 2020.07.16 Thursday
  • 22:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback