Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.07.16 Thursday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

マスコミ批評

日韓対立:マスコミの誘導

 最初にAFP BBのニュースを見たとき、なんだかおかしいなと思ったんですよね。トランプ大統領が積極的に日韓の対立に、仲介役として乗り出すとか、考えられないというか。そしたら案の定、ブルームバーグが同じ記事を報じていたのですが、内容は真逆……とは言いませんが、ベクトルがかなり違う。文在寅大統領の懇願に、トランプ大統領がむしろ不快感というか、ウンザリしてるニュアンスで。外交辞令として、日韓両国から頼まれたら仲介せんでもない、ぐらいの言葉。日本が頼むことはないので、実質は拒絶かと。
【トランプ氏不満、時間取られたくない−文大統領が日韓への「関与」要請】ブルームバーグ  (ブルームバーグ): トランプ米大統領は韓国の文在寅大統領から、険悪化する日韓の紛争で仲裁に入ってほしいと頼まれたとして、自らの時間が取られることに不満を漏らした。 トランプ氏は19日、「『なんとたくさんの事に私は関わらなくてはならないのか、と私は言った」とホワイトハウスで記者団に話した。「北朝鮮問題に関わっているし、いろいろたくさんの問題に関わっている。韓国とは素晴らしい貿易協定をまとめたばかりだ。だが文氏は、貿易面で多くの摩擦が起きていると私に言ってくる」と語った。 日本による半導体材料の輸出規制に韓国が反発を強め、日韓の関係は一段と悪化している。 
 日韓基本条約の定めに従った手続きで、仲裁役の第三国として、アメリカを指定する可能性はありますが。その場合は、文在寅政権が頑なに拒否してる、交渉のテーブルに着くと言うこと。日韓基本条約を事実上の反故にしたい、李承晩大統領から朴正煕・全斗煥・盧泰愚大統領までの軍事独裁政権を全否定したい文在寅政権としては、交渉のテーブルについたら確実に、日韓基本条約の履行を迫られますから。だいたい、日韓基本条約はアメリカの意向。
【トランプ氏、日韓仲介の用意 「双方が求めるなら」  「文大統領から依頼された」】日経新聞  【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は19日、日本と韓国で高まっている緊張の緩和に向けた仲介を韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領から依頼されたことを明らかにした。トランプ氏は「もし彼らの双方が求めるなら、私は関与するだろう」と述べ、日本からの要請もあれば仲介に乗り出す用意がある姿勢を示した。ホワイトハウスで記者団の質問に答えた。 トランプ氏は「もし彼らが私を必要とするなら支援する用意がある。彼らがうまく解決することを願っている」とも語った。まずは日韓間で対立の解消をめざすのが望ましいとの考えをにじませた形だ。 トランプ氏によると、文氏から仲介を依頼された際に「どれくらい私が関わる必要があるのかと言った。北朝鮮もそうだし、私は(日韓が絡む)たくさんの様々なことに関わっている」などと応じたという。それでも文氏は日本政府による韓国への輸出規制の強化を念頭に「とりわけ貿易分野で多くの摩擦がある」とトランプ氏に説明し、協力を求めてきたという。 
 本来なら日本は、他の宗主国と同様に、韓国にインフラ整備代を請求し、大幅な黒字であったはず。それを、請求権を放棄させられ、それどころか独立祝い金として有償・無償・民間の借款で合計11億ドルを払い、鉄鋼や造船や自動車や精密機械など、技術供与もしたわけで。そこを反故にするのは、アメリカにとっても戦後秩序の破壊ですから。隠れ主体思想派と揶揄される文在寅政権は、虎の尾を踏んだ危険性があります。できれば、虎の尾を引きちぎるぐらいの成果を期待です。
  • 2019.07.20 Saturday
  • 21:10

-

スポンサーサイト

  • 2020.07.16 Thursday
  • 21:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback