Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

iPhone & Apple Watch

次期iPhoneは背面パネルとカメラが一体化

 今年のiPhoneに関しては、目玉機能がイマイチよく分からない部分はあります。折りたたみ液晶ディスプレイも採用されないし、第5世代通信にも対応しないし、時前に漏れ伝わってくるのは、カメラ機能のアップだけ。カメラ好きとしてはそれでも十分なんですけれど、できればレンズ部分がはみ出すデザイン自体は変えられないものか。Apple の美学をもってしても、レンズ部分の出っ張りは必要な構造。いっそのこと筐体の厚みを増すことで、対応してほしいぐらいですけれどね。そのぶんバッテリーも増量で。
【今年発売の「iPhone XI」は背面パネルとカメラが一体化する?】iPhone Mania  リーク情報で知られるOnLeaksとインドのCashKaroが協力し、今年秋の発売が見込まれるiPhoneの3Dレンダリング画像を作成、新たな情報と合わせて公開しています。 背面パネルとカメラが一体化? OnLeaksらによると、2019年秋発売となる5.8インチの「iPhone XI(仮称)」のサイズは143.9×71.4×7.8ミリで、現行のiPhone XS(143.6×70.9×7.7ミリ)よりもわずかに大きくなります。またノッチの厚みとベゼルの幅が、若干狭まるようです。 
 一体型成型自体は、今日のも上がって良いことなんですけれどね。ただ、むき身の状態でiPhoneをテーブルなどに置いた時、カメラ部分の出っ張りのせいでガタガタするのは、あんまりありがたくないです。これはiPadの方もそうなんですが。自分はiPhoneもiPadも、分厚いカバーを付けてガチガチに固めるタイプなので、さほど気になりませんが。カバーをつけない状態での使用を推奨しているジョナサン・アイブとAppleのデザイン班からすれば、何とかならないものかと思ってしまいます。  いっそのことカメラレンズの出っ張りと同じ出っ張りを右側の方にもつけて、バランスをとってはどうかと思ったりします。右側の出っ張りの方は、昔のiPod touchのストラップホルダーのような機能を持たせて、アクセントにしてもいいと思うんですけどね。Appleがストラップホルダーに消極的な理由が自分にはよく分かりません。というか第5世代のiPod touchはデザインや筐体の薄さも含めて、iPhone系デザインの究極系のような気がします。あれに通話機能を持たせて、iPhone SEの後継機にしたらいいのに。
  • 2019.04.26 Friday
  • 17:01

-

スポンサーサイト

  • 2019.10.24 Thursday
  • 17:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback