Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

政治批評

韓国国会議長が特使派遣を検討

 息をするようにウソをついた文喜相国会議長が、日本に特使を派遣予定って……。日本の国会議員は絶対に窓口になってはダメですし、そこで窓口になるような議員は次の選挙で落選させるぐらいの、国民の意思表示が必要でしょう。日韓友好、大いに結構ですが、そのためにはウソをついたことに対する謝罪と撤回を、キッチリ出させることでしょう。いちおう保守派であった朴槿恵政権では、対話の窓口は開かれていると、外交プロコトルに沿った発言をしていた政府も、文在寅政権には普通の国の対応をすべき。
【あの“妄言”韓国議長が日本に降伏!? 今さら「特使派遣」を検討、G20前に日韓関係「破綻危機」に焦りか】ZAKZAK   「天皇陛下への謝罪要求」という常軌を逸した発言をした韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長が、日本に特使を派遣する意向を示している。安倍晋三首相が、大阪で6月に開催されるG20(20カ国・地域)首脳会議の際、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との首脳会談を見送る検討をするなど、「日韓関係は破綻危機」にあり、韓国側も焦っているようだ。ただ、暴言を吐いた張本人は来日せず、真摯(しんし)な謝罪かどうかもハッキリしない。韓国政府は、いわゆる「元徴用工」の異常判決や、海上自衛隊哨戒機への火器管制用レーダー照射など、数々の問題を放置している。日本は粛々と、韓国に謝罪と適切な対応を要求すべきだ。 (中略)  韓国に精通するジャーナリストの室谷克実氏は「G20で日韓首脳会談が開かれないことをめぐって、自分の発言も理由の一端であることが分かって焦ったのではないか。ただ、日韓関係のためではなく、文大統領との関係を考えてのことだろう。そもそも、特使候補として適当な人材も見当たらない。『日韓関係修復のため、努力したんだ』ということを見せたい、小狡さから出てきたのだろう」と解説する。  麗澤大学の西岡力客員教授も「文議長が弁明をしようとしているとしか思えず、日本の国会議員は仲介するようなことをしてはならない。文議長が発言を取り消して謝罪をするまで、日本は『立法府として交流はできない』という姿勢を貫くべきだ」と話した。 
 嘘つき国会議長は、ブルームバーグにインタビューの音源をバラされ、そのウソを謝罪するどころか、居直ってウソを重ねているわけで。嘘つきは許さない、という態度を示す。ソコが大事だったりします。どうやら、保身のために特使だのなんだのと言ってるので、安倍総理ではないけれど「陛下への謝罪と撤回が一丁目一番地」というのは動かさない方が良いでしょうね。
  • 2019.04.21 Sunday
  • 20:49

-

スポンサーサイト

  • 2019.09.17 Tuesday
  • 20:49
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback