Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

Mac & iPad

iPad Pro 2018用USB-Cハブ

 iPad Proが昨年、USB-Cを採用して時代はいよいよUSB-Cに。今年のiPhoneでUSB-Cを採用すれば、Android陣営も一気にmicroUSBから乗り換えるでしょう。そうなれば、こういうUSB-C用のハブは、今後は需要がますます増えていくでしょう。でも、そもそもUSB-Cがもっと普及すれば、こういうハブ自体が不要になってしまう部分もあるんですけれどね。こういうハブはハブで、iPad ProでもMacでも使えるとなると、汎用性がもっと高まるとは思います。そして、USB-Cによる天下統一まで一気に驀進と。
【iPad Pro 2018に完全フィット。USB-Cハブ「HyperDrive」がキャンペーン開始】ギズモード・ジャパン  ライフハッカー[日本版]より転載: iPad Pro 2018モデルのサイズにピッタリ合わせた独自のジョイントを開発、USB-Cポートひとつでは不安定だった固定感をアップしています。(ジョイント分のカラーはイメージです。最終量産品ではジョイント部はブラックになります)iPad Proを買ったけど、USB-Cポートが1つしかなくてどうも不便だ…。今回はあなたに紹介したいプロダクトがあります。 海外のクラウドファンディングサービスkickstarter、Indiegogoにて約2億5千万円を集め、数々のグローバルメディアにも紹介された、iPad Pro 2018モデル専用 6in1 USB-C ハブ「HyperDrive(ハイパードライブ)」です。 
 しつこく書きますが、USBという規格自体は好きじゃ有りませんでした。給電能力が低く、外付けでHDDなどを動かすときには、別途アダプターが必要でしたし。起動ディスクとしても使えず、外付けのFireWireHDDからケーブル1本で起動できた手軽さに完敗。その点において、FireWireは実に優れた規格で、あの時点においては転送速度も充分で、優れていました。しかし、優れている方が生き残るわけではないのが世の常。Appleは次にThunderboltを高速転送規格として採用しましたが、こちらも目覚ましい普及はせず。  でも、ある意味でUSB-CはついにFireWireからのThunderboltとUSBが融合した訳で。今後に期待です。
  • 2019.04.21 Sunday
  • 18:32

-

スポンサーサイト

  • 2019.05.26 Sunday
  • 18:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback