Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

思想評論の・ような物

次のファシズムは反ファシズムを名乗って現れる

 杉田水脈議員の応援演説に対して、集団で罵声を浴びせて、演説を妨害とのこと。しかも、自発的に集まったとは言えないようです。これは公職選挙法違反の可能性が高いですね。動画でデータが残ってるので、選挙終了後に妨害行為や、一種の無届けデモということで、逮捕になるかもしれないでしょう。安倍総理の演説でも似たような徒党を組んだ連中による妨害がありましたが、自分の気に入らない候補者や、その応援演説を潰すって、やってることはもろにナチスの親衛隊や突撃隊ですね。
【杉田水脈議員の応援演説に集団80人が「帰れ!!」恫喝 「男性に顔面10センチまで近づかれ罵声、怖かった」】ZAKZAK   統一地方選後半戦で、“選挙妨害”騒動が発生した。東京・杉並区議選で、自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が応援演説に入った際、大声で罵声を浴びせ、恫喝(どうかつ)するような集団に詰め寄られたのだ。杉田氏や候補者の声はかき消された。一連の行為は、ビデオにも撮影されており、捜査当局は重大関心を寄せている。  16日夜、JR高円寺駅前が騒然となった。関係者によると、杉田氏が到着すると、「生産性で人を測るな」といったボードを掲げた70〜80人の集団が「辞めろ!」「帰れ!」などと大声で騒ぎ、一部が杉田氏に向かって突進したという。  警戒していた背広姿の警察官(数十人)が一斉に「警視庁」の腕章を付け、規制線を張った。中にはビンを投げつけようとした者まで現れ、警察官に連行されたという。 
杉田水脈議員の言動は、薄っぺらで危うい部分があるのは事実ですが、だからといって民主主義の根幹である言論の自由を、こういう声の暴力(罵声を浴びせるだけなので言葉の暴力ですらない)で潰すのは、ならず者のやること。案の定、いつものカウンター勢が関わっていたようですが、しかし80人ほどとは、動員力も落ちたモノです。逆に言えば、動員力が落ちたからセクト化し、先鋭化してるとも言えます。こうやって、逮捕覚悟で世間にアピールし、内部の崩壊を外的に向けているということ。 こういう行動の問題点については、原田実先生の指摘が簡潔で的確でした。  やはり、大学院生リンチ事件が彼らにとっての連合赤軍の山岳ベース事件(総括リンチ殺人事件)だったんですねぇ。
  • 2019.04.20 Saturday
  • 19:02

-

スポンサーサイト

  • 2019.05.26 Sunday
  • 19:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback