Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

映画・書評・音楽

書評:韓国「反日フェイク」の病理学

 崔碩栄氏の新刊『韓国「反日フェイク」の病理学』が小学館新書より発売中です。 ソウルで生まれ育って、日本にやってきたニューカマーの在日コリアンである崔碩栄氏は、辛淑玉女史ら、在日の2世や3世のオールドカマーとは違って、視点がとてもニュートラルです。朝鮮語もしゃべれず、アイデンティティーが脆弱なオールドカマーに比較して、ネイティブで朝鮮語を操り、でも日本語も驚くほど堪能なため、「韓国の書店に反日本はない」などのデタラメも、韓国人のほぼ全員が読む教科書が反日本であると、証拠付きでサクッと切って捨てる痛快さがあります。
崔碩栄『韓国「反日フェイク」の病理学』小学館新書  韓国の「反日」は嘘と捏造で作られている。 韓国艦艇による自衛隊機へのレーダー照射事件や、韓国最高裁による日本企業への徴用工賠償命令など、韓国で再び反日ムードが高まっています。 韓国のマスコミや教育現場で拡散されている「日本批判」の数々。 しかし、本書の著者、韓国人作家の崔碩栄氏は、「韓国の反日報道や教科書の歴史記述には、驚くような捏造がまかり通っている」と指摘します。 例えば、韓国の公共放送が「独島(竹島)を奪おうとした日本軍」との字幕とともに放送した写真。崔氏の調査により、これはノルマンディー上陸作戦の写真と日章旗の写真、竹島の写真を合成したものだということがわかりました。 さらに、韓国が「朝鮮人強制連行」の悲劇のシンボルとして繰り返し使用する落書き。朝鮮人徴用工が筑豊炭田の宿舎の壁に「お母さんに会いたい、お腹が減った」と書いたというものですが、これも、北朝鮮系の組織が製作した映画の演出として書かれた「フェイク」であることがわかりました。 崔氏はさらに、韓国の「反日」が意図的に作られた背景を明らかにしていきます。その背後に浮かび上がる北朝鮮の影――。まるで、良質のミステリーのように韓国の反日の裏側を鮮やかに暴いていく衝撃の書です。   
 久しぶりの新刊は、韓国の報道、日本で言えば朝日新聞や読売新聞時当たる大手全国紙のデタラメぶりや、NHKにあたる全国放送の検証能力の低さなど、証拠付きでこれまた列挙する丁寧さ。しかし、ただの列挙やデータベース化に留まらず、その背後にチラつく従北左派の、巨大で根深い人脈にも言及していく。朝鮮語の一時ソースに当たれる強みもあって、その説得力の強靱さは圧倒的。逆に言えば、韓国在住の日本人記者、青木理氏らの取材力の無さや、偏向した報道ぶりが、間接的に顕わになる。  光州事件とタクシードライバーという、映画にもなった点と線についても言及し、映画を褒めるだけの荻上チキ氏らとの能力の違いを見せつける崔碩栄氏だが、これほど韓国の歴代政権やマスコミ、ななんずく文在寅政権にとって都合の悪い事実を書くことで、成犬に睨まれて言論の自由を束縛される事態に陥らないか、そこが心配になるほど。残念ながら、韓国は産経新聞ソウル支局長への出国禁止など、人治主義国家である。もちろん、そんな事態に陥ったら、 青木理氏も荻上チキ氏も、韓国批判を打ち上げるだろうけれど。  自分は、シンシアリー氏はネイティブの韓国人ではないという疑念から言及を避けているが、崔碩栄氏の書くものには、かなりの信頼を持って拝読している。   
  • 2019.04.10 Wednesday
  • 01:30

-

スポンサーサイト

  • 2019.05.26 Sunday
  • 01:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback