Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

自然科学・蘊蓄

蝙蝠のような恐竜

 プテラノドンやランフォリンクス、ケツァルコアトルのような翼竜は、恐竜ではありません。コウモリのような皮膜の翼を持ちますが、羽毛は持っていません。爬虫類としては、恐竜と翼竜は三畳紀中期かそれ以前に分岐したと推定されています。逆に、鳥類は恐竜の子孫……というか、恐竜の中で鎖骨のある古いタイプが鳥類に進化したわけで。コウモリのような皮膜の翼を持つ恐竜ってのは鰭を持つペンギンみたいなもんですかね? 収斂進化の一種なんでしょうけれども、興味深いです。
【翼竜にあらず! 前代未聞の「空飛び恐竜」その名前はわずか1文字!】現代ビジネス  ノンフィクション作家、安田峰俊氏が「中国」「古生物」の2つのお題でサイエンスルポをやるという無茶ぶり連載「恐竜大陸をゆく」。今回は世界的大発見の内幕をガッツリ掘り下げました! いわゆる鳥類以外で、空を飛ぶ恐竜はいるのか──? 答えはおそらく「イエス」だが、質問を聞いてプテラノドンやケツァルコアトルスなどの翼竜の姿を思い浮かべた人は、残念ながら不正解である。 翼竜は恐竜と近縁な生き物だが、三畳紀に恐竜と共通の祖先から分かれて独自の進化を遂げた爬虫類であって、「恐竜」ではないためだ。 では、私が今回紹介する「空飛び恐竜」とは何者なのか? この恐竜の名前は、カタカナ表記ではなんと1文字。「イ」(もしくは「イー」)である。 
 翼竜や魚竜、首長竜も、昔は恐竜と思われていました。だから、ドラえもんの劇場版アニメ第一作『のび太の恐竜』では、首長竜のフタバスズキリュウが、恐竜として扱われていたわけで。なにしろ、ネス湖のネッシーも首長竜で恐竜の生き残りと言われていた時代ですから。プテラノドンは空飛ぶ恐竜として、アイドルでした。ケツァルコアトルには負けますが、7〜9メートルという翼開長は空の王者のイメージ。アホウドリの4メートルを大きく上回りますし。なにしろ怪獣ラドンのモデル。  しかし、右脳があったにが常識化しつつある恐竜の世界でも、こんな変わり種がいたとは。化石に残らなかっただけで、もっとユニークな恐竜もいたんでしょうね。コウモリとムササビのように、別の方向で進化した恐竜。夢が広がります。
  • 2019.04.06 Saturday
  • 20:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.05.26 Sunday
  • 20:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback