Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

思想評論の・ような物

名古屋地裁岡崎支部の判決への疑問

 このブログではたびたび、地方裁判所の裁判官の常識や良識に対して疑義を呈するエントリーを書いていますが。どうも日本の司法試験や、裁判官の登用の基準に関して、根本的に間違ってるのではないかという気がしてなりません。それは弁護士である福島瑞穂センセーの珍妙な言動を見ていても感じることですが。六法全書と判例の暗記にばかりかけた人間が裁判官になり、心理学や動物行動学についての知見が全くないような、司法試験合格マシンが裁判官になってるのではないかという危惧。
【娘と準強制性交、父親無罪 「抵抗不能」認定できず 地裁岡崎支部】毎日新聞   2017年に愛知県内で抵抗できない状態の実の娘(当時19歳)と性交したとして準強制性交等罪に問われた男性被告に、名古屋地裁岡崎支部が「被害者が抵抗不能な状態だったと認定することはできない」として無罪判決(求刑懲役10年)を言い渡していたことが4日、分かった。判決は3月26日付。 (中略)  鵜飼祐充裁判長は判決理由で性的虐待があったとした上で「性交は意に反するもので、抵抗する意志や意欲を奪われた状態だった」と認定した。  一方で被害者の置かれた状況や2人の関係から抵抗不能な状態だったかどうか検討。「以前に性交を拒んだ際受けた暴力は恐怖心を抱くようなものではなく、暴力を恐れ、拒めなかったとは認められない」と指摘した。 
 監禁事件などに関しても、逃げ出せるチャンスはあった「はず」だとか抵抗できた「はず」だとか、人間の心理状態や、異常な状態での心理について、無知すぎませんかね? ストックフォルム症候群とか、知らんはずはないでしょうに。参考人として心理学や精神医学の専門家を読んで意見を聞くチャンスはいくらでもあるでしょうに。だいたい、娘に手を出す時点でこの親は、人間として壊れた部分があるとしか言いようがありません。近親相姦のタブーは世界的に見られますが、文化とはいえ普遍性があるもの。  裁判官がこのような判決を出すのであれば、立法の府である国会が動いて、同意があろうがなかろうが、血縁関係にある人間への性的暴行は、こういった罪状でこれぐらいの刑罰を科すという、法律を作るのしかないのではないでしょうか?
  • 2019.04.05 Friday
  • 21:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 21:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback