Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

自然科学・蘊蓄

九州大学が微生物で金を浸出

 微生物を使った貴金属の回収は、昔から話題にはなりますが、実用化の目処となると、難しいようで。金の場合、戦国時代に伝わった水銀アマルガム法によって、それまでの灰吹法よりも金の回収率が劇的に増えたのですが、微生物を使った金の回収は、この水銀アマルガム技術の水銀を、微生物に変えたイメージでしょうか? こういう話題先行の技術は立ち消えることが多いのですが、これが企業との共同研究が多い九州大学となると、話題先行の出資詐欺とは異なり、かなり可能性のある技術……という気がします。
【微生物により金鉱石から金を浸出、九州大学が成功】大学ジャーナル  九州大学の菅井裕一准教授らの研究チームは、日本国内の天然ガス田の微生物を用いて金鉱石から金を浸出することに成功した。これまで用いられている有害なシアン化合物・水銀・王水などと異なり人体や環境への影響が小さい方法で、鉱石を採掘せずに金を回収する方法の開発につながるという。  日本は水溶性天然ガスが豊富で、これは「かん水」と呼ばれる塩水にメタンが溶解した状態で地下に存在する。このかん水には海水の約2,000倍のヨウ素がヨウ化物イオンとして溶解しており、ヨウ化物イオンを酸化してヨウ素を作り出す「ヨウ化物イオン酸化細菌」が生息している。一方、ヨウ素とヨウ化物イオンの混合液は金を溶かすことが知られている。  研究チームは同細菌を用いた金鉱石からの金の浸出を着想。かん水から分離した8種のヨウ化物イオン酸化細菌株にヨウ化物イオンと栄養源を与え、金鉱石(金品位0.26wt%、培地中の鉱石量3.3w/v%)とともに30℃で30日培養した。その結果、同細菌がヨウ化物イオンの一部をヨウ素に酸化し、ヨウ化物イオンとヨウ素から三ヨウ化物イオンが生成して、鉱石中の金がジヨード金酸イオンとなって溶け出した。このうち3種の菌株については、同鉱石に含まれる全ての金を浸出させ、さらに最も優れた菌株を用いて5日間で全ての金を同鉱石から浸出させることに成功した。 
 言うまでもなく、九州は鹿児島に菱刈金山があり、火山が多い九州は金鉱脈が昔からある土地柄です。陸地のみならず、宝島の海底には希少金属の鉱床が確認されており、今後はそういった海底資源の研究は必須。もちろん、大学があまり実利を追ってもしょうがないのですが、農業県が多い九州では、鹿児島大学などバイオテクノロジーの研究も盛んですから、こういう研究を九州の雄である九州大学がリードするのは、他の大学にも好影響。象牙の塔に籠もってばかりでも、英国病と同じで、日本にはマイナスになりますから。  微生物を使った方法論は、バイオテクノロジーが得意な日本人に合っていますし、そのための優良な菌の発見と分離、育成とかは酒の麹菌の分離などと、本質は似ています。そういう、地道な作業を日本人は得意としていますから、いろいろと期待したいです。
  • 2019.04.04 Thursday
  • 20:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 20:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback