Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

歴史雑学・蘊蓄

令和はチベット語で「希望」

 割と話題になっている記事ですが。新元号に安の字が使われると騒いでいたアベノセイダーズの皆さんですが、令和の令が命令の令だと、いちゃもんを付けていて滑稽。令の字は玲や鈴や齢などにも使われるように、好字の範疇。冷や澪や颪覆匹砲盪箸錣譟⇔疸とは宰相の意味だったりします。論語にも令尹子文という楚の国の名宰相が出てきます。日本語にはラ行の音が少なく、そのためゴジラやモスラやガメラはらの字で違和感を表しているのですが。外国語では良い意味になることが多そうな音であります。
【「令和」はチベット語で”希望”の意味? ダライ・ラマ日本事務所「とても良い言葉」】BuzzFeed 発表された新元号「令和」。実はこの「レイワ」はチベット語で「希望」の意味があるという。 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所のルントック代表は、BuzzFeed Newsの取材に対し「発音がとても近くて、びっくりしています」とコメントする。 「チベットでは、落ち込まないよう、希望を捨てないようにと、老若男女問わず日常でよく使います」 「とても良い言葉なんです。新しい元号が決まった日本でも、未来に向けた、たくさんの希望が生まれますように」 
  • 2019.04.03 Wednesday
  • 01:38

-

スポンサーサイト

  • 2019.05.26 Sunday
  • 01:38
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback