Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

スポーツ・Hawks

福岡ソフトバンクホークス開幕3連勝

 開幕カードのエントリーを書き忘れてしまい、個人的には情けない限りなのですが。年度末はいろいろバタバタと忙しいのです。てな、言い訳はともかくとして。永遠のライバル・埼玉西武ライオンズ相手に我がホークス、開幕3連勝です! 試合内容も逆転が多く、しかも打撃の中心である柳田選手のホームランが2試合連続で炸裂。ルーキーの甲斐野選手や、期待のサブマリンの高橋礼選手など投手陣も活躍し、福岡ドームのファンにとってはかなり充実した試合内容だったのではないでしょうか?
【ソフトB柳田、2戦連発の逆転弾 “大好物”の初球見逃さず 守備も「プロ1のプレー」自賛】西日本新聞   ◆ソフトバンク3−1西武(31日・ヤフオクドーム)  2戦連発の逆転弾で、2年ぶりとなる開幕3連勝を呼び込んだ。1点を追う6回1死一塁。高々と舞い上がった柳田の打球は、左中間最深部のスタンドで弾んだ。高橋光の甘い147キロ直球を振り抜いた2号2ラン。貴重な一振りで、力投した高橋礼にプロ初勝利をプレゼントした。  「とにかく打てる球をかち上げようと思っていた。(高橋)礼もいいピッチングをしていたので、逆転できて良かった」  30日の逆転満塁弾と同じく初球を仕留めた。積極的なスイングの理由は「甘い球が来ることも多いし、ボールを見逃しすぎても駄目だなと思って」と明確だ。立花打撃コーチも「打席に入る前からしっかりバットを振る準備ができている」と集中力を評価する。  もともと初球は“大好物”だ。昨季は82打数31安打の打率3割7分8厘で、本塁打はカウント別で最多の11本だった。今季は2本塁打を含む5打数3安打、打率6割とさらに数字を向上させている。プロ通算でも初球の打率は4割6厘。本塁打も通算152本のうち、約3割の41本をこのカウントで放っている。 
気になる点といえば、守護神の森投手が3戦連続登板という点でしょうか。まだ開幕したばかりですから、疲労の蓄積を云々する段階ではないのですが。昨年はセーブ王のタイトルも獲得し、今年はサファテ選手とダブルストッパーが期待されます。ここ数年毎年50試合以上登板していますし、タフな選手なのは事実なのですが。先発投手がきちっと試合を作って、適度にセーブ機会があるような展開が理想と言えば理想。ただ今年も先発陣は、絶対的なエースが不在のまま、中継ぎ陣と押さえ陣に負担がかかりそうです。  とはいえ、新陳代謝の時期でもあります。若手選手がベテランの枠を追い落とし、主軸になっていくからこそのプロ野球。スタートダッシュした年は後半息切れするので、工藤監督には上手くやりくりして欲しいです。
  • 2019.04.01 Monday
  • 14:17

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 14:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback