Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

iPhone & Apple Watch

Apple Watchの心電図機能が欧州などで提供開始

  日本では、いったいいつになるんですかね? 個人的には、高血圧と糖尿病の家計なので、Apple Watchで心拍数に加えて血圧と血糖値をリアルタイム測定できると、ありがたいですけれども。そうなったら、Apple Watchも購入なんですが。何度も書いていますが、自分は腕時計は苦手なタイプなので、Apple Watchにはまだまだ食指が動きません。もちろん、もちろん、バッテリーの問題とかあるのが大きいのですが……。友人達が便利に使っているのを見ると、良い製品だとは思うのですが。
【人命救助につながるApple Watchの心電図アプリがヨーロッパや香港でも提供開始される】GIGAZINE  2018年12月7日にリリースされたApple Watch向けOSの「watchOS 5.1.2」では、Apple Watch Series 4で「心電図(ECG)アプリ」が利用可能となりました。リリース当初はアメリカ国内でのみ提供されていた心電図アプリですが、2019年3月27日の「watchOS 5.2」アップデートにより、ヨーロッパや香港においてもApple Watch Series 4の心電図アプリが利用可能になったと発表されました。 ECG app and irregular rhythm notification on Apple Watch available today across Europe and Hong Kong - Apple https://www.apple.com/newsroom/2019/03/ecg-app-and-irregular-rhythm-notification-on-apple-watch-available-today-across-europe-and-hong-kong/ 
 AppleがApple Watchで健康管理の発想に至ったのは、たぶんスティーブ・ジョブズの健康問題からでしょう。彼の存在があって、幹部はソコに想いを致し、既にあったであろう腕時計型の製品の意味づけに、健康管理のツールという部分を置いたのでしょう。もちろん、iPhoneの機能分散や機能代替の意味づけは、最初からあったでしょうけれども。結果的に、Apple Watchには特別な付加価値がついたと思いますし、大成功。後は、ハードウェアの成熟と、新しいテクノロジーの出現次第かと。
  • 2019.03.28 Thursday
  • 22:14

-

スポンサーサイト

  • 2019.05.26 Sunday
  • 22:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback