Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

Mac & iPad

忘れられてる新型iPad Airの実力

 自分も新型iPad miniのことばかりエントリーにして、同時に発表された新型iPad Airについては、ほとんど言及していません。現実問題として自分は、10.5インチのiPad Proを所有していますし、初代iPad Airも実はまだ現役で使用しています。自分の購入意欲がiPad miniばかりに向いているせいもありますが、では新型iPad Airがダメな機種かと言うとそんなことはありません。むしろホームボタンがなくなりTouch IDを排除した最新型のiPad Proよりも、断然オススメする傑作機になっていると思います。
【新iPad Air実機インプレ&写真ギャラリー。十分に「プロ」な実力 (Engadget本家レビュー)】Engadget Japanese  アップルが発売した新iPad Air (2019)の実機写真ギャラリーと、米国版記者による試用インプレをお伝えします。 (中略) 評者は米国版のモバイル番長としておなじみのクリスV。新 iPad Air を一日強使った時点での評価は、 ・無印 iPad と、iPad Proのあいだの広い価格差・機能差を埋める「十分にプロ」なモデル。 ・大多数の人にとってベストな製品になりそう。 
 我が家の10.5インチiPad Proは、CPUにApple A10Xを搭載していますが、新型iPad Air はApple A12Xの最新型を搭載しています。内蔵ストレージこそ256GB と、差がありますが。最新型の、ホームボタンもTouch ID もないiPad Proは、1TBを内蔵する機種もありますから、差は大きいです。USB Type−Cも採用していませんからね。しかしそこを割り引いても、ホームボタンとTouch ID のある新型iPad Airは、中級機種としては高いバランスを達成しています。  iPad Proが折りたたみ液晶ディスプレイを採用するかどうか、それは分かりません。もし採用してきたとしたら、かなり強気の価格設定になるでしょう。しかしハードウェア的にも、ソフトウェア的にもまだいろいろな問題が発生するであろう新機種よりも、実績のあるパーツや使い勝手の良いシステムを採用した新型iPad Airは、これから5年ぐらいは使える優良機種。これでスペック的に十分な人はiPad Proを買う必要はないですし、不満が出たら数年後に折りたたみ液晶を採用してるであろうiPad Proを購入すれば良いでしょう。
  • 2019.03.22 Friday
  • 22:30

-

スポンサーサイト

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 22:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback