Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

携帯電話・家電・カメラ

iPhoneのガラスメーカーが折りたたみスマホ用ガラスを開発中

 状況は着々と進んでいるようです。とはいえ、ゴリラガラスもAppleにだけ製品を提供しているわけではありませんから。新しい技術開発は、企業の生命線ですから。開発した技術は、Appleに独占提供する契約があるわけでもありませんし。Appleが本当にiPhoneに折りたたみ液晶ディスプレイを採用するかどうか、それは発表されるまで分かりません。Macのワンボタンマウスにこだわったように、iPhone でもストレートタイプにこだわるかもしれません。でもiPadには折りたたみディスプレイが採用される可能性が高そうです。
【折りたたみiPhoneでないかなー。「ゴリラガラス」のメーカー、折りたたみスマホ用ガラスを開発中】ギズモード・ジャパン ずれあのスマホにも…? 先日開催されたMWC 2019(モバイル・ワールド・コングレス)は、まさに折りたたみスマートフォン祭りでした。そして気になることに、「ゴリラガラス」でおなじみガラス製品メーカーのCorning(コーニング)が折りたたみスマホ用のガラス部品を開発しているというのです。 Corningでマネージャーを務めるJohn Bayne氏がWiredに語った内容によると、現在開発しているガラスは厚さが0.1mmしかなく、さらに3〜5mmの半径で折り曲げられるそう。また強度も向上しているとのことで、まさに折りたたみスマートフォンにピッタりなガラス部品となりそうです。 
 しかし記事を読むと、半径3ミリというのは、けっこうな厚さに思えてしまいます。もちろんこれは過渡的な技術であって、将来的にはピタッと折れるようになるのかもしれません。思うに、サムソンのような内折りタイプではなく、外折りタイプをHuaweiが選んだのは、そっちのほうが折り曲げの半径が大きく取れるからでしょう。HUAWEIのMate Xは折りたたんだ状態で20ミリ以上の厚さがありますから。それぐらいの厚さならば、劣化もあまり心配ないでしょう。折りたたみ液晶ディスプレイよりも、それをコーティングするガラスの方が、技術的には難しそうな気がします。  スティーブジョブズが初代 Macintosh を構想した時、彼の頭の中には iPad のようなパーソナルコンピューターの未来像が浮かんでいたのかもしれません。でもそれを実現するためには、液晶ディスプレイの薄型化や、リチウムイオンバッテリーの発達など、技術的な課題が追いついていませんでした。折りたたみ液晶ディスプレイもその意味では、ようやく技術が追いついたと言えます。個人的には、折りたたみ液晶ディスプレイでなくても、超細幅ベゼルの二画面スマートフォンでもいいんですけどね。
  • 2019.03.07 Thursday
  • 22:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 22:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback