Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

マスコミ批評

ハフィントンポストは本当に取材したのか?

 最初に記事を読んだ時に、「嘘くさいなぁ……」と思ったのは事実です。子供を持ち出すのは左派マスコミのいつもの手口ですから。実際には14歳の中学2年生の少女ではなく、大人が裏で糸を引いてるのではないか? そう思ったら、さっそく検証されて疑惑が持ち上がっているようです。インターネットの集合知って、本当にすごいですね。と言うか、毎日新聞や NHK が持ち出してきた貧困家庭とか、左派の手法が雑で詰めが甘いだけなのかもしれません。あくまでも疑惑であって、母親による自作自演だとは断言しませんけどね。
【東京新聞の望月衣塑子記者を助けたい。中2の女子生徒がたった1人で署名活動に取り組んだ理由とは】ハフィントンポスト 官房長官会見での質問をめぐって首相官邸側から問題視されている東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者を支援しようと、1人の女子中学生が立ち上がった。 望月記者の質問を制限しないよう官邸側に求めるインターネットの署名運動を2月に開始。活動を終えた2月28日までに、1万7000人を超える賛同者を集めた。 なぜ中学生は活動することを決意したのか。本人に聞いた。 
 自分も問題のアカウントを見てみましたが、確かにフォロワーが非常に偏っている印象。書いている内容も、とても中学生のものとは思えず、自分のようなオッサンとか見てもギョッとするような専門用語が文中に登場します。また彼女がリツイートや書き込みをしてる時間帯が、平日の授業中と思われるタイミングのことも、指摘されています。もちろんこれもたまたま学校休んだ時に書き込んだのかもしれません。チワワが同じであるとか、携帯電話の末尾番号を2桁が同じであるとか、それも偶然かもしれません。  書き込みの時間帯の偏りを分析したユーザーもいるようで、夕食の支度をしている時間帯に急に書き込みが減るという指摘も。母親と思われる人物の元記者という肩書きから、どのマスコミの人物かを特定しようという動きもあるようです。もし母親と思われる人物が元朝日新聞の記者であったり、ハフィントンポストの記者と面識がある人物だったとしたら、サンゴ落書き事件以来のスキャンダルになるかもしれませんね。もちろんそんなことはないと思いますが。ハフィントンポストは国民の知る権利に答えてほしいです、はい。
  • 2019.03.05 Tuesday
  • 18:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 18:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback