Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.07.16 Thursday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Apple

iOS 12.1.4リリース

 アップデートしたら機能が使えなくなったとか、バッテリーの減りが早くなったとか、どうにも評判が悪いiOS12.1ですが。気がつくと12.1.4で細かいバグ取りが続きます。どうにも、近年のAppleはこういう問題が続きますね。自分も、12.1.3まではアップデートを控えていたのですが、アップデートした途端にまたアップデートですから、ウザいことこの上なし。まぁ、安全のためには仕方がないですが、自分の場合はFaceTime、ほとんど使用しないんですよねぇ。
【アップルFaceTimeの不具合を修正する「iOS 12.1.4」をリリース】  アップルは2月8日、FaceTimeで映像や音声が相手に勝手に送られてしまう不具合を修正したファームウェア「iOS 12.1.4」をリリースした。  このバグは、発信者が特定の手順でFaceTimeのグループ通話をすると不具合が発生するというもの。14歳の少年が発見し、1月29日からFaceTimeのグループ通話機能を停止した。iOS 12.1.4をインストールすることで、グループ通話を正常に利用できるようになるという。なお、米The Vergeによると、アップルは今回の不具合を発見した少年に奨励金を支払う予定としている。 
 今回のバグ、盗聴にも使えてしまうということで、Appleとしてはかなり深刻な問題。で、今回は報奨金が払われるそうですが、本来はもらえない立場らしいですが、ことの重大性に鑑みて、ということらしいです。報奨金の額は秘密らしいですが、1万ドルとかということはないでしょう。100万ドルということもないでしょうから、10万ドルぐらいが妥当なんですかね。このバグが放置されて、アップルが訴訟で被る可能性を考えれば、それぐらいはポンと払ってほしいですが。  というか、自分が発見者なら、それぐらいは欲しいです。
  • 2019.02.10 Sunday
  • 12:00

-

スポンサーサイト

  • 2020.07.16 Thursday
  • 12:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback