Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

Mac & iPad

Mac Proとネジと物作り

 なんか、こういう記事を読むと、アメリカの物づくりがガッタガタになっているかの証明ですね。ネジづくりでアメリカ国内では一定のクオリティのものが生産できず、中国製に頼らないと、Mac Proが完成できないという喜悲劇。たしかに効率だけを考えるなら、人件費や材料費の安い外国に生産を任せるのは常道。ウォルマートはそうやって、莫大な儲けを出しました。ーでも、製造業って雇用を生むんですよね。企業は儲かっても、その金が一部の上層階級だけで還流していては、格差が生まれて、それは大衆の怨恨を生みます。
【Mac Proの発売遅れ、原因は「アメリカ製ネジ」だった】ギズモード・ジャパン やはり中国製が安心か…。 テック業界をも賑わす最近のアメリカと中国による貿易戦争ですが、製造業者の目線に立つと、また異なった風景が見えてきます。ニューヨーク・タイムズの報道によると、2013年モデルの「Mac Pro」はアメリカ製ネジの供給不足でリリースが遅れたというのです。 アメリカでのパーツ製造にまつわる不安 報道のストーリーによれば、Apple(アップル)でCEOを務めるティム・クック氏は、2012年後半にコンピューターのアメリカでの製造を示唆します。しかし実際の販売は、アメリカの業者から十分な数のカスタムメイドのスクリュー(ねじ)を調達できなかったことから、延期されることになりました。 
 今年はMac Pro復活が予告されています。2013年に登場した円筒形のデザインという、見た目は優れたデザインですが、形や置き場所の問題や、モジュール構造の問題もあって、ついに生産中止になって、今年の刷新が予告され、その間をiMac Proが埋めていたのですが。コンパクトさと、Thunderboltによる拡張性は保証されていて、今でも一定の人気はあるのですが。昔のMacのように、グラフィックボードの追加や交換ができるぐらい、拡張性を充実させてほしいですけどね。フラッグシップ機、モンスターマシンであってほしいです。  もっとも、今の時代はMac miniどころか、MacBook Airでも充分な処理能力なんですが。
  • 2019.01.29 Tuesday
  • 22:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.05.26 Sunday
  • 22:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback