Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

落語・演芸・芸能

市原悦子さん死去

 ちょっとショックすぎて、昨日は言及するのができませんでした。自分にとって川内康範先生が立ち上げた『まんが日本昔ばなし』はとてつもない影響があった作品で、自分が編集者や作家として作話する立場になるとますます、その重要性が再発見できます。そして、声を担当された常田富士男さんと市原悦子さんのコンビは、二人で老人から子供まで幅広く演じて、その演技の深み地多様性を知らしめてくださいましたし、本当に自分にはかけがえのない財産です。女優としても、数々の代表作をお持ちでしたが。大河ドラマ『秀吉』での大政所役が印象深いです。
【市原悦子さん死去、82歳「家政婦は見た」など出演】日刊スポーツ TBS系で放送された「まんが日本昔ばなし」で20年間にわたり声優を務め、演技派女優として活躍した市原悦子(いちはら・えつこ)さんが12日午後1時31分に心不全のため都内の病院で亡くなった。82歳。昨年12月に盲腸となり、正月5日から入院していた。平成最後の年に、多くの人に愛され、親しまれた女優がまた1人、この世を去った。通夜は17日午後6時、葬儀は18日午前11時から、いずれも東京・青山葬儀所で営まれる。    ◇   ◇   ◇ 市原さんは16年11月に自己免疫性脊髄炎のため都内の病院に入院。以降、入退院を繰り返し、芸能活動もセーブしていた。 昨年12月初めに体調不良を訴えて、検査を受けたところ、盲腸と診断された。その時に、うみが出るなどの症状があったが、投薬治療などで回復し、12月30日に退院し、いったん自宅に戻った。大みそか、正月は自宅で過ごしたが、5日の夜中に再び苦しみだし、別の病院に入院した。7日までは事務所社長とも会話もできたが、徐々に反応もなくなり、意識が混濁。12日昼すぎに親族、友人らにみとられて息を引き取った。 
 自宅のテレビが十年以上前に壊れて、テレビの方はすっかりご無沙汰なので、家政婦シリーズはちゃんと見ていないんですよね。自分はやっぱり、日本昔ばなしでの少年も妖艶な美女も演じられるという意味で、市原悦子さんの真骨頂は声優だと思います。実際、彼女を尊敬し目標とする女優は多いです。富田靖子さんなども、挙げておられた記憶が。Amazonプライムビデオで日本昔ばなしが見れるときは、もうBGM代わりに流しっぱなしにして、小学生の頃の記憶を呼び戻して、あの頃は気づかなかったことに思いを馳せていました。  女優としての市原悦子さんは、若い頃から老け役が多く、コミカルな役もこなされていましたが。秀吉での生母である大政所役は、田舎の老女の雰囲気が素晴らしく、また歌って踊れてコミカルな市原悦子さんの強みを、存分に発揮していました。声優としては『太陽の王子ホルスの大冒険』のリバイバル上映を映画館で見る僥倖に恵まれ、若い頃から上手かったんだなぁと。去年からもう、昭和の大物がどんどん去っていって寂しいです。名女優・市原悦子さんのご冥福をお祈りします。合掌
  • 2019.01.15 Tuesday
  • 00:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.05.26 Sunday
  • 00:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback