★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< iPhone SE2はあるのか? | main | 今年のiPhoneは3モデル? >>
折りたたみスマホ:FlexPaiの可能性は無限大
0
     以前にも紹介しましたが、FlexPaiは広げた状態では縦横比が、iPad miniとほぼ同じ4対3の比率で7.9インチ。自分にとっては、Appleが2020年に折りたたみiPhoneを出すなら、こういう感じにしてほしうという、理想型に近いです。試作機はいろいろとまだ詰めが甘いところがあったようですが、ガジェットの祭典でもあるCES2019にRoyoleから出展されたようで。詳細な実機レポートがEngadget日本語版にアップされています。量産機ではないのですが、その魅力は充分に伝わります。iPhoneもこの方向でお願いします。
    【ディスプレイが折り曲げられるスマホ「FlexPai」の可能性は無限大:CES 2019】Engadget Japanese Royoleはフレキシブルディスプレイを採用し、本体をそのまま半分に折りたためることのできるスマートフォン「FlexPai」の実機をCES2019で展示しています。 同社はCES前夜イベント「Digital Experience」にも出展。タブレットとしてもスマートフォンとしても使える夢のようなデバイスを一目見ようと、多くの来場者がブースに押し寄せていました。 FlexPaiは画面を開くと約7.8インチのタブレットとなります。もちろん縦向きでも横向きでも利用可能です。 
     ただ、Appleが出した特許では、液晶は両方向に折り畳めるタイプのようです。なので、FlexPaiのように常に液晶面が外に向いているのではなく、内側に折りたたんでの液晶保護モードと、iPad miniサイズの全画面モードと、半分に折りたたんだスマートフォンモードとがありそう。自分としては、HUAWEIのMediaPad M5の使い勝手が非常に素晴らしいので、現状のiPhoneXS Maxが見開きになるぐらいの、まさにファブレットが理想ですが。縦横比が4対3なら、6インチぐらいのディスプレイでも充分ですけれどね。  いずれにしろ、今年は折りたたみスマートフォン元年に位置づけられるはず。折りたたみスマートフォンの先駆者であるSamsungや、丸められる有機ELディスプレイを発表したLG、技術的にいろいろと興味深いHUAWEIやASUSなぢなど、ガンガン参入してほしいです。
    【2019.01.12 Saturday 00:30】 author : 土岐正造
    | 携帯電話・家電・カメラ | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2019.03.26 Tuesday 00:30】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/25169
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム