★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< MacBook Airが6万3720円 | main | 折りたたみスマホ:FlexPaiの可能性は無限大 >>
iPhone SE2はあるのか?
0
     iPhoneSE 、Appleは後継機をどうするつもりなんでしょうねかねぇ……。Appleはどんどん大型化して、折りたたみ液晶の登場に合わせて、ファブレットの方に寄せていくのでしょうけれど、アジアを重視するなら小型のスマートフォンは需要があるはずです。小柄で手が小さなモンゴロイドには、4.0インチの筐体は手頃ですから。経済戦争でギクシャクしている中国はともかく、インドにはまだまだ廉価なiPhoneが必要。ハイ・ローミックス戦略としてもiPhoneSE2は必要だと思うのですが……さてさて。
    【やっぱり「iPhone SE」の完成度は高い!噂の「SE 2」は登場するのか?】@DIME 2018年に「iPhone新作発表ではiPhone SE 2が登場する」という噂を耳にした方もいるだろう。 しかし、実際には画面サイズの大きいiPhone XS/XS Max/XRの3機種が発表され、一部からは落胆の声も聞こえた。 「iPhoneの画面は大きい方が見やすい」と感じる人がいる一方で、「サイズ感はiPhone SEが一番」と感じている人もいる。(筆者も後者である) 2016年3月に発売されたiPhone SEは、iPhone XS/XS Max/XRの登場とともに、Appleの公式サイトから姿を消した。キャリアによってはまだ取り扱いがあるものの、iPhone SEは「幻の機種」になりつつある。 本記事では、隠れた人気を誇るiPhone SEの特徴と、今後iPhone SE 2の販売はあり得るのか、発売されるとしたらどのような内容になるのかを調べてみた。 
     iPhoneXRを推していくなら、iPhoneSE2を今年の早いタイミングで投入するのは愚策。iPhoneXRの売上を食っちゃいますからね。早くても秋口の投入でしょうか。ただ、iPhone5cのときの失敗をAppleが繰り返したとしたら、iPhoneXRの値下げを断行するか、iPhoneSE2の投入は必須。iPhone5sのデザインをこのまま踏襲して出し続ける可能性もありますが、魅力がないですね。もうひとつの選択肢としては、iPhoneSE2も投入しなければ、iPhoneXRの値下げもせず、高級路線を突っ走る。この可能性が一番高そうですが。  どうせならデザインも大幅刷新して、USB-CにノッチデザインにFace IDを採用して小型iPhoneとして出すか? それともRetinaディスプレイも辞めちゃって廉価に走るか? ブランドイメージ的に、それはないでしょうし。故スティーブ・ジョブズの跡を受け、ずっと経営的には安定していたティム・クックCEOですが。ここに来て初めてといえる苦境。ジョブズはクック氏に禅定するにあたって、ウォルト・ディズニーの影響が強すぎて迷走したディズニー社の失敗例を挙げて、自分の信念に従って会社運営をせよと諭したので。  苦境こそ人間の器量が問われるとき。ティム・クックCEOの舵取りに期待です。
    【2019.01.11 Friday 23:00】 author : 土岐正造
    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2019.03.26 Tuesday 23:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/25168
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム