Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

事件・事故・話題

藤田淑子さん死去

 今年は声優界に訃報が多くて、やっぱり自分たちがガキの頃に影響を受けた作品の声優さんたちは、鬼籍に入られる年齢なんだなと。でも、藤田淑子さんはベテランですが、それは子役時代からのキャリアゆえ。人生100年時代も語られだした近年、68歳は若いです。最初の『トムとジェリー』はTBSで1964年の放送。このとき、藤田淑子さんは14歳。自分が生まれる前ですから、半世紀以上のキャリア。とにかく、幅の広い声優であり、それぞれの年代で代表作が違いますね。自分の世代だと、一休さんのイメージが強いです。
【アニメ「一休さん」などの声優 藤田淑子さんが死去】NHKニュース 人気アニメ「一休さん」の主人公一休や、「キテレツ大百科」のキテレツなど、多くのキャラクターの声で親しまれた声優の藤田淑子さんが28日、乳がんのため亡くなりました。68歳でした。 これは、藤田淑子さんが所属する事務所がホームページで発表しました。 藤田さんは中国東北部の大連で生まれ、劇団に参加したあと、声優の道を歩みます。中でも、昭和50年代に一世をふうびした民放の人気テレビアニメ「一休さん」では、主人公の一休の声を担当しました。 
 一休さんや堀口元気、キテレツなどの少年役から、キャッツ・アイの来生泪や美味しんぼの唐山領子、コブラのキャサリンのような色っぽい美女役、月影千草のような貫禄のある老女役まで、自由自在という印象です。同一人物でここまで広い人は珍しいのでは? 世代によってはドラゴンクエストのダイ、デジモンの八神太一のイメージでしょうか。洋画ではソンドラ・ロックも持ち役でしたね。一休さんではエンディング曲も歌われていて、俳優や歌手としての活動も多彩でした。乳がんで闘病されていたようで、訃報にびっくり。  最近の声優はアニメに特化しすぎて、洋画の吹き替えがイマイチと、ささきいさおさんも指摘されていましたが。それはすごく感じます。藤田さんのように、声優も役者も歌手もやる、幅広さが声優にも深みを与えると、個人的には思うのですが。平成最後の師走に、ベテラン声優の訃報はショックです。でも、その声は永遠。藤田淑子さんのご冥福をお祈りします。合掌
  • 2018.12.29 Saturday
  • 21:09

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 21:09
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback