Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

スポーツ・野球

新潟高野連が投球制限導入へ

 こんなの、地方組織が独自にやるのではなく、高野連が30年前に自主的に制定すべきルールでしょうに。もっと言えば、高体連とは別の組織を、自分達の銭儲けのためにでっち上げた、強い影響力を持つ朝日新聞と毎日新聞が、その強い影響力を行使すれば、簡単に解決する問題です。投球制限したら地方の公立高校が勝てなくなる? なるほど、連投連投で将来は銀行員の何倍も稼げるかもしれない高校生の、未来や人生をあなたのひと夏の娯楽のために潰してもいっこうに構わないと、そう仰るんですね?
【新潟高野連が投手の球数制限導入】ロイター  新潟県高野連が来年の春季新潟大会で投手の球数制限を導入することが22日、分かった。故障予防や選手の出場機会増などが目的で、投球数が100球に達した投手はそれ以降の回では投球できない。各都道府県高野連が管轄する公式戦で初めての取り組み。  高校野球界では投球過多による酷使が問題視されてきた。日本高野連は選手の負担軽減などを目的として、延長十三回開始のタイブレークを今春の選抜大会から実施。新潟県高野連による球数制限導入は、さらに踏み込んだ対策となる。新潟県高野連の理事会と評議員会で既に承認され、今後は決定事項として日本高野連に伝える。 
 トミー・ジョン手術を開発し、スポーツ医学の権威でもあったフランク・ジョーブ博士も生前、荒木大輔投手や水野雄仁投手、桑田真澄投手らの肘を診断して、甲子園大会を強く批判されていたとか。当たり前です。韓国ですら、球数制限を厳密に課して、連投を制限してるのに。日本のデタラメさは際立っています。なるほど、若手官僚や識者がどんなに反対しても、日米開戦に驀進していった戦前の大本営と国民と、何も変わりません。というか、朝日新聞と高野連こそ、戦前の悪癖が色濃く残っていませんか?  私立高校ばかりになるというなら、そもそも私立高校の何が悪いのか、ということ。
  • 2018.12.23 Sunday
  • 20:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 20:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback