★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 爆弾小僧 | main | 中国の本音が漏洩 >>
iFixitからMac mini2018のメモリアップグレードキット発売
0
     友人が住宅用のメインマシンとして、新型Mac miniを購入しましたが、すこぶる好調のようです。彼はもともと、PowerMacG5やMac Proを愛用してきた人間ですが、Macに関してはもう、Mac miniでもかなりの重い作業をこなせるので、こちらで充分という判断に至ったそうですが。RAMは32GBではなく16GBに抑えて購入したそうで、新型はRAMの交換が比較的楽という情報が出ていたので、割高のAppleのRAMより交換前提だったようで、思惑的中……と。
    【Mac mini(2018)のメモリアップグレードキットがiFixitから。自分で交換するぶん公式より割安に】Engadget Japanese 今年11月に発売されたMac mini(2018)は前モデルと違い、購入後にメモリ(RAM)の交換が可能なのは既報のとおりです。 その具体的な手順を公開したiFixitが、ユーザー自らが大容量メモリへと交換できるアップグレードキットの販売を開始しました。16GB/32GB/64GBと容量が異なる3タイプのメモリが用意され、Apple公式ストアのCTOで同容量のメモリを選択するよりもお得な価格となっています。 Apple製品が発売されるやいなや即バラバラにする分解レポートでおなじみのiFixitですが「本業は修理業者」を再確認できるニュースでもあります。 アップグレードキットには、Mac mini(2018)に使用されているのと同じ種類のDDR4 SO-DIMM(2666MHz)と、交換に必要なすべてのツールが含まれています。 
     我が家のMac miniはRAMは16GBですが、動作は快適。古いMacBook Proとかのように4GBや8GBだと、やや心もとないですが。さらに32GBもあればPhotoshopのブラシやCLIP STUDIO PAINTの書き出しなど、かなりの重い作業でも安心でしょう。64GBもあれば、旧型のMac Pro以上の体感速度を発揮しそうな。もともとMacOSは大量のRAMでぶん回すタイプのOSで、RAMが多ければ多いほど、力を発揮するタイプでしたから。  その点では、iOSは他社のスマートフォンよりも少ないRAMでも動きが快適ですから、親子関係にあるOSとはいえ、何らかの工夫が施されているのでしょう。しかし、RAMだけで64GBって……。初代iBookは内蔵HDDでも3GBでしたが、あの頃は無限の容量に思えたのですが。今はノート型でも1TBを超える内蔵ストレージで、RAMの搭載量も64GBまで増えて、隔世の感です。iPad ProがMac並みの処理能力を得た現代、Macの在り方も変わっていくのは必然でしょう。
    【2018.12.08 Saturday 12:00】 author : 土岐正造
    | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.12.19 Wednesday 12:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24983
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム