★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< AppleがAirPodsに生体センサー埋め込み? | main | Surface Goは本物でiPad Proは偽物? >>
MediaPad M5の絶妙感
0
     確かに、HUAWEIのMediaPad M5は、絶妙なサイズだとは思います。個人的には7.9インチで縦横比が4対3のiPad miniやASUSのZenPad3も良いとは思いますが、11インチになってしまったiPad Proとかに比較して、8インチ前後のタブレット型は非常に使い勝手の良いサイズなのは、自分も実感しています。大型タブレットは片手で操作というには大きすぎますし。6インチとかのタブレット型もあればさらに良いのですが、このサイズはちょっと軽視されつつあります。
    【この絶妙サイズ感。「HUAWEI MediaPad M5」は選ばない理由がないタブレット】ギズモード・ジャパン 僕たちに親しい「8.4インチ」。その使い勝手は? モバイルガジェットの中で、スマートフォンより多くの情報を扱え、ノートPCより機動力のあるタブレット。なかでも8インチクラスのタブレットは一定のニーズもあり、根強いファンが多いシリーズです。 その中で注目したいのが、HUAWEIの8.4インチサイズタブレット「HUAWEI MediaPad M5」。 今回はこの、肌身離さず持ち歩ける「手の延長」としての性格が強いデバイスを、仕事で常にデジタル情報に関わるビジネスパーソンの目から、チェックしてもらいました。 
     軽視される理由は明白で、AmazonのKindleFire HD8が強すぎて、他社の差別化が難しいのでしょう。自分も、HD8は電子書籍リーダーとして重宝していますし、SNSやらちょっとした使用にはすごく便利。お値段は、赤字じゃないかというぐらいお得ですから、普通の人は3万円台の高性能タブレット型には、なかなか手を出さないですよね。自分がそうでしたし。でも、実際に使ってみると、実に絶妙な大きさと使い勝手、他のことへの使い勝手も素晴らしく快適。今年購入した製品ではトップ。  iPhoneXS Maxのホームボタンのないインターフェイスに慣れないためもあって、疑似iPad miniとして使えて、この点では縦横比が同じZenPad3 8.0よりも良かったかもと思えます。疑似iPad miniと書きましたが、Google日本語入力が使えるぶん、MediaPad M5のほうがむしろiPad mini以上でしょう。おかげで、Mac miniの使用頻度もiPad Proの使用頻度も減るほどに。不満があるとすれば、Android版のTwitter公式アプリのインターフェイスが、iOS版より柔軟性がなくて微妙に使いづらいところですかね。
    【2018.12.05 Wednesday 23:00】 author : 土岐正造
    | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.12.19 Wednesday 23:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24970
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム