★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 流行語大賞 | main | 日産が韓国離れ >>
MSがChromeOS対抗のWindows Lite開発?
0
     Microsoftが、北米でのシェアをガンガン上げているGoogleのChromeOSに対抗して、軽量のOSを開発中との噂。MacOSとiOSのように、2つのOS路線に転換ですか。でも、ChromeOSはさらにスマートフォンやタブレット型向けのAndroidプラットフォームがあるんですが。Windows大きくて重すぎ問題ですね。これを折りたたみSurfaceに搭載するとのことですが、要するにこれはWindows Mobileのリベンジマッチ……ですかね?
    【Microsoft、Chrome OS対抗の新OS「Windows Lite」を開発中か】 MicrosoftがChrome OS対抗の新OS、「Windows Lite」を開発しているとの噂が出てきました。 教育機関で使われるOSとして、世界市場では6割以上のシェアを誇るWindowsですが、米国でのシェアは2割ほど。米国ではChorome OSが6割を占め、大きく水を開けられています。米国市場だけのこととはいえ、世界市場でもChrome OSのシェアは徐々に増加しており、この状況に危機感を抱いているのかもしれません(世界市場ではChrome OSのシェアは1割弱。いずれもFuturesource Consulting調べ)。 Microsoftの最新情報に詳しいブラッド・サムス氏によると、MicrosoftはChrome OS対抗の「Windows Lite」あるいは単に「Lite」と呼ばれる新しいWindowsのバージョンを開発中とのことです。その痕跡はWindowsの最新ビルドのソースコードにも見て取れるとのことです。 
     どうせWindows Lite、目玉機能は「なんとMicrosoft Officeが動きます!」しかないんでしょうけれど。でもそれではChromebookの人気には、対抗できないでしょうし、真の狙いがスマートフォン分野での逆襲にしても、Microsoftの戦略が見えません。スマートフォン用に機能を限定しても、Windowsユーザーはタブレット型にすることはあっても、スマートフォンでどこまで使うか。そこに出てきた折りたたみ液晶に、Microsoftは可能性を見た、と。  Microsoftの引き算は下手くそなので、軽くて速くてOfficeしか使えないOSにならないと良いのですが……。
    【2018.12.05 Wednesday 12:00】 author : 土岐正造
    | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.12.19 Wednesday 12:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24966
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム