★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 紙感覚で描ける電子ペーパー | main | 戦後秩序に挑戦する韓国 >>
Microsoftも折り畳むスマートフォン参入?
0
     Microsoftが自社制作のSurfaceスマートフォンで参入のようです。これ、OSはどうなるのかな……と思ったのですが、どうやら小型の折り畳めるSurfaceシリーズとして発売されるようですね。つまりWindows 10 Mobileではなく、フルサイズのWindows10が搭載されるということでしょう。記事には言及はないですが。なのでSurfaceスマートフォンというよりも、Surfaceタブレットと呼ぶほうが正しく、スマートフォンで苦戦し続けてるMicrosoftの、苦肉の策としての存在っぽいです。
    【Microsoft、折りたためるSurfaceスマホを2019年に発売か】iPhone Mania SamsungやHuaweiを始めとして、スマートフォンに“折りたたみ”という新たな特性が採用されつつあります。通常のスマートフォンとしてだけでなく、ディスプレイの大きさを活かしてタブレットのようにも使える「折りたたみスマートフォン」市場に、Microsoftが参入を計画していることが分かりました。 ポケットサイズよりは若干大きい 先日発売された書籍「Beneath a Surface(Surfaceの真下で,Surfaceには“表面”の意味もある)」によると、Microsoftは現在「Andromeda」というコードネームで、2019年のリリースに向けて、折りたたみ可能なSurface端末を開発しているそうです。同書籍の著者であるブラッド・サムズ氏はブログで、2019年第4四半期(10〜12月)のリリースが予定されていると、より詳しい発売時期に言及しています。 また、この「Andromeda」と呼ばれる端末は、スマートフォンとタブレットの両方を想定した折りたたみデバイスとなっており、これまで確認された特許に基づけば、一般的なポケットに収まるデザインよりも若干大きいのが特徴とのことです。 
     Microsoftはスティーブ・バルマー前CEO時代に、スマートフォンの時代に対応できませんでした。残念ながらバルマー前CEOは、ディズニーのマイケル・アイズナーと並ぶ無能なトップとして、歴史に名前を残しそうですが。なにしろWindows Vistaへの移行失敗と、スマートフォンの時代の到来とパソコンの時代の黄昏、OSを売る時代の終焉をまったく読めなかったのですから。KINなどで何度かWindows Mobileのテコ入れを画策しましたが、上手く行かず。  WindowsMobileはついにシェア0%の事態に。タブレット型のKindleではまさに火を点けることに成功したAmazonも、スマートフォンでは思ったほどの成功に至らず、距離をおいています。けっきょく、Appleのマネをするという王道に回帰して、垂直統合的にSurfaceシリーズで自社製ハードウェアで息を吹き返しつつあるMicrosoftですが。スマートフォンへの野望はまだ捨てておらず、タブレット型からのアプローチで最接近を狙ってるようです。
    【2018.12.04 Tuesday 12:00】 author : 土岐正造
    | 携帯電話・家電・カメラ | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.12.19 Wednesday 12:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24960
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム