★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< くっつくiPad Pro | main | 植村隆元朝日新聞記者の請求棄却 >>
Appleの方向転換
0
     Appleはある時期から、ユーザーに機体内部をいじり辛いようにしていた節があります。昔日のパソコンは、RAMやHDDの換装はもちろん、ドーターカードの増設とか、イロイロといじれた部分がありました。そもそも、Appleの記念すべき最初のコンピュータ(ワンボードマイコン)であるApple 気蓮≪体がなく、自分で自作していた訳で。それがある時期から、ユーザーの自由度が下がったのも事実。でも、新型のMacBook AirとMac miniでは、風向きが変わってきました。
    【新MacBook Air、自分で交換できるパーツやバッテリーが結構あるよ】ギズモード・ジャパン 以前に比べればですけど…。 Apple(アップル)のコンピュータは使いたくないというWindowsユーザーの大きな不満のなかには、自分で中身をイジってアップグレードしたり、パーツの修理交換が自由にできないことをあげる人も少なくありません。自作PCだって普通にあるWindowsマシンであれば、サクッとメモリを増設したり、ドライブを交換するのも自由自在なモデルが多いですからね。 でも、どうやらそんな時代も、少しだけ変化しつつあるようです。このほどiFixitが公開した、2018年モデルの「MacBook Air」の分解レポートによりますと、内部にはモジュール構造のパーツが多く、ユーザーが交換してしまおうと思えば、できないことはないようです。たとえば、Thunderbolt 3ポートやTouch IDセンサーなどは、モジュール化されているため、この部分だけ取り外して交換するのは、それほど難しくはありません。また、なによりも内蔵バッテリーが接着シールで装着されているだけなので、こちらもユーザーが望めば自分で交換可能なんだとか! 
    Mac miniでもRAMの増設ができるようになったとのレポートが続々。少なくとも、特殊な工具を使っての作業がなくなるだけで、ずいぶんハードルは下がりますから。内蔵SSDとか、もっと手軽に換装できればありがたいですけどね。我が家のMacBook Air11インチとか、SSDがわずか128GBしかなくて、換装するにしても素人では簡単ではないので、専門の業者に頼むしかないですが。SSDの値段はどんどん下がって大容量化、960GBとかが秋葉館で入手できますし。 もう、今は構造が複雑化していますし、昔日のようなBTOは難しいですが、せめて内蔵ストレージとRAM、バッテリーの交換は自分でできるとありがたいですけどね。Apple純正品は高すぎるので。もっとも、今はGPUは外付けで高性能化できますし、Thunderbolt3がUSB‐Cと互換性ができて外付SSDで内蔵ストレージの不足は補えますから、RAMの換装ができるだけで充分っちゃあ充分なんですけれど。そういう意味では、今回の仕様変更はありがたいです。
    【2018.11.10 Saturday 12:00】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.11.22 Thursday 12:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24831
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム