★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< Apple A12X Bionicは何がすごいのか? | main | 文在寅大統領が年金制度改革案の全面的再検討指示 >>
iPS細胞をパーキンソン病患者に移植
0
     iPS細胞は、日本の医療の柱となる技術。もちろん、心臓や肝臓といった臓器の再生はまだまだ遠いですが、網膜などにはすでに臨床試験に入ったものもあり、いろいろな面で応用が利くぶん、多面的に研究が進んでいます。パーキンソン病でも研究が進んでおり、こういう形で臨床治療が始まってたんですね。神経細胞などをiPS細胞で作るのは、比較的容易な技術ですから、応用が早かった部分もあります。パーキンソン病の治療法は、ドーパミン治療や漢方薬による治療まで、数多くありますが、期待されます。
    【パーキンソン病患者にiPS移植…京大で世界初】読売新聞  京都大病院は9日、様々な細胞に変化する人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から神経細胞を作り、パーキンソン病にかかった50歳代の男性患者の脳に移植したと、記者会見で発表した。保険適用を目指した臨床試験(治験)計画の一環で、iPS細胞から作った神経細胞をパーキンソン病患者に移植した手術は、世界初となる。  京大の高橋淳教授(脳神経外科)らは、京大iPS細胞研究所が備蓄する健康な人のiPS細胞から、脳内の情報伝達物質ドーパミンを分泌する神経細胞を作製した。京大病院で10月、患者の脳の左側に約240万個の細胞を、特殊な注射針で移植した。約半年後に右側にも移植を行う。  京大病院によると、深刻な健康被害は出ていないという。他人の細胞を脳に移植するため、患者には今後、拒絶反応を抑える免疫抑制剤を1年間、投与する。陽電子放射断層撮影(PET)などで患者の脳の状態を確認し、2年かけて安全性と有効性を検証する。万が一、がんが発生した場合は、放射線治療や手術で除去するという。京大病院では2020年までに、50〜69歳の患者計7人に移植する計画だ。 
     パーキンソン病は、かのモハメド・アリが晩年は患ったことで、有名になりましたが。蝶のように舞い蜂のように刺すと、華麗なボクシングを見せたアリが、五輪の最終聖火ランナーとして震える手で現れたとき、世界は感動しましたが。ボブ・ディランの名曲がノーベル文学賞に該当するなら、アリにもノーベル平和賞の価値があったと、自分は思います。記事では国内で16万人の患者数とありますが、全世界では約1000万人という推計もあるようで。この実験が上手くいけば、全世界にとって福音となるでしょう。 臓器の再生は難しくても、細胞の生産はすでに成果をいくつも出し、輸血にも応用されつつありますから、こんな大学教授に何億もの科研費が……と首を捻るような事案が多いので、もうちょっと京都大学iPS細胞研究所に予算を回してあげてほしいです。
    【2018.11.09 Friday 18:00】 author : 土岐正造
    | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.11.22 Thursday 18:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24827
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム