★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< AppleがHuaweiに抜かれ3位転落 | main | ポピュリズムと韓国 >>
iPad Proのドッキング地獄
0
     さっそく出ましたね、新型iPad Pro用多機能ドッキングハブ。USB-Cを搭載していますが、まだまだ旧来の端子の製品は多いですから、こういう機器で変換してやる必要がありますから。HDMI出力にAppleが廃止したオーディオジャック、データのやり取りに必要なSDカードリーダーとmicroSDカードリーダー、まだまだ主流のUSB-A、そしてこのハブで端子が塞がったUSB-Cと、実に多種多様。ただ、全部を差すととても不格好になって、エレガントじゃないですね。
    【iPad Proよ、やはりお前もドッキング地獄なのかい?】ギズモード・ジャパン 地獄と見るか、天国と見るかはできること次第…かな? HyperJuiceでお馴染みのアクセサリーメーカーHYPERが、新型iPad Pro用のUSB-C多機能ハブを発表。iPad Proに4K HDMI出力、オーディオジャック、SDカードリーダー、microSDカードリーダー、USB-A、USB-C(USB-PD対応)と、実に多彩なものをプスプスと挿せちゃうハブです。 なんか、MacBookが辿った道をiPadが再び通ることになるのか…。と思うと感慨深いものがありますね(手元のUSB-Cハブを見つめながら)。 
    将来的には、HDMIとUSB−AはUSB−Cに吸収されるのでしょうし、イヤホンジャックも、ワイヤレスが主流になれば、不要になるでしょう。こういうのは過渡期のことなんですが、この過渡期が下手すると10年は続きますから。例えばAppleはサッサとフロッピーディスクドライブを廃止しましたが、Windowsではその後もなかなか廃止できずにズルズルと延命しました。このハブの中では特にUSB-Aは、しぶとく残りそうです。USB-C最大の敵はUSB-Aという皮肉……。 HDMIにUSB−A、さらにThunderbolt3も統合して、この手の接続端子は全部、USB-Cに統合されればいいんですが。DVDの規格が乱立した結果、マルチドライブが登場してユーザーがいちいち対応してるか否かを確認する必要がなくなったように。このエントリーを執筆しているMediaPad M5はUSB-C端子ですが、microUSBと違って差し込む向きを気にしなくていいだけで、とても心理的負担が減ります。大容量転送能力に給電能力も高く、理想的な端子ですし。 あとは、データをUSB-Cで接続した外付けの記憶装置に保存できれば、ベストなんですけどね。
    【2018.11.07 Wednesday 12:00】 author : 土岐正造
    | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.11.22 Thursday 12:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24816
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム