★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< プロの漫画家はiPad Proだけで食べていけそうだ | main | iPad Proのドッキング地獄 >>
AppleがHuaweiに抜かれ3位転落
0
     スマートフォンの出荷台数だけを比較すれば、そうなってしまいますね。ただ、HUAWEIが怖いのは、Appleのような垂直統合を志向している点。Kirin980はApple A12 Bionicにはまだ及びませんが、なかなかの高性能。実際、タブレット型のMediaPad M5には一世代前のKirin960が搭載されていますが、実に心地良いレスポンスです。コンシューマー向けの廉価な機種から、ハイエンド機まで幅広くカバーする状況は、高級機種路線のAppleにも、コンシューマー向けからミドル層を狙うサムスンにも脅威でしょう。
    【Apple、タブレット市場では首位維持もスマホ市場ではHuaweiに抜かれ3位に】iPhone Mania 2018年第3四半期(7−9月)の世界タブレット市場において、Appleがシェア26.6%で首位を維持したことがわかりました。しかしスマートフォン市場ではHuaweiに抜かれ3位となっています。 AppleのiPadは首位を維持 調査会社IDCが発表した調査データによると、第3四半期における世界全体でのタブレット出荷台数は3,640万台で、前年同期比で8.6%の減少となりました。 第3四半期におけるAppleのタブレット(iPad)出荷台数は970万台で、前年同期比で6.1%減となりながらも、首位の座を維持しました。2位のSamsungの出荷台数は530万台なので、その差は2倍近くとなっています。 
     今回の結果から言えることは、Appleはファブレット志向を強めたほうが良い、と言うことでしょう。実際、タブレット型不調の時代に、iPadはけっこう好調ですし。それこそ、先に紹介した折り畳み液晶のスマートフォンFlexPaiのような、iPad miniを半分に折り畳んだようなファブレットiPhoneを世に問うたら、iPadユーザーを取り込めるでしょう。それこそ、三つ折りや四つ折りのiPhoneで、iPadと統合しちゃえば、独特のポジションができそう。小型スマートフォンは、Apple Watchに統合する形で。 iPhoneはドンドン大型化していますが、iPadを吸収できれば、iPhoneSEのような小型iPhoneの需要がまた増えるかもしれませんし。そこの需要を読まないと、iPhoneユーザーとiPadユーザーで共食いを始めますから。
    【2018.11.06 Tuesday 23:00】 author : 土岐正造
    | 携帯電話・家電・カメラ | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.11.22 Thursday 23:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24815
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム